もはや常識!?知っておきたい花見のシートの大きさの目安をズバリ!

花見のシート

もうすぐ4月。お花見シーズンですね。
きっとたくさんの男性方が幹事を任され慌てふためいていることでしょう。

お花見には欠かせないブルーシート。
食べ物や飲み物、荷物を置くなど座る以外にも使う必要があるので一人当たりどのくらいのスペースがあれば楽に座れて楽しめるのか?

そもそもシートってどこで用意するの?

そうやってドギマギしているそこのあなた!

今回、大人数での花見で使うシートの大きさの目安をズバリ紹介します。

スポンサーリンク

これで完璧!花見のシートの人数による使い分け方を解説します!

キレイな桜

花見のシートの大きさ、悩みますよね。
一人あたりどのくらいの広さが必要なのか。

会社の人たちや友人で集まり大人数(10人程度)で宴会をするとすれば、荷物や料理なども多くなるので一人1.5畳ほどあれば楽に座れそうですよね。

たたみ1畳の大きさは、だいたい182㎝×91㎝と言われています。
この大きさを基準としてブルーシートを選んでみましょう。

1.8×1.8m → 約2畳
3.6×2.7m → 約6畳
3.6×3.6m → 約8畳
3.6×5.4m → 約12畳
4.5×5.4m → 約15畳
5.4×7.2m → 約24畳

10人程度の宴会であれば、3.6×5.4mのサイズのブルーシートがよさそうですね。

花見のシートと一緒におススメしたいクッション5選まとめて紹介!

キレイな花

よし、ブルーシートは準備できた!
でも、ちょっと待ってください!

ブルーシートって、100均でも購入できますが、基本的に薄いものです。
厚いものとなるとそれなりにお値段も高くつきます・・・。

まだ夜になると寒さもあり、いくらシートを敷いていてもコンクリートや芝生の上にシート一枚で座るとお腰も痛くなりますよね。

そんな時のおススメクッションをまとめて紹介します!

1.エアークッション

中に空気の入った座布団サイズのクッションです。
薄さも2センチ程度で持ち運びも楽ちん!
100均でも手に入れることができますよ。

2.ロールクッション

こちらは、先ほどのクッションより少し長めのタイプですが持ち手がついていたり丸めて収納も可能なのでアウトドアでもよく使われています。

3.ザブポン

こちらは、膨らませて使うタイプのクッションです。
重量わずか50gで100㎏まで耐荷重があります。
小さく折りたためるので数も多く持っていくことができますよね。

4.インフレータブルエアクッション

エアークッションがバルブを回すだけで自動で膨らむタイプです。
硬さの調節もできるので、二つ折りにして枕にもすることができます。

5.エアーパッド入り携帯クッション

エアーパッド入りで体圧を分散してくれる携帯クッションです。

これらを準備しておけば、女子社員も大喜び間違いなし!

花見のシートはレンタルもアリ!使えるレンタル商品リンク集

お花見のシートって、使ったはいいけど片付けてどこに保管するの?
って考えることもありますよね。
特に大人数の宴会だとそうです。

年に一、二回使用するためだけに高いビニールシートを買うのも悩みますよね。

今は大変便利な世の中になったもので、お花見用のテーブルやランタン、テントまで、レンタルでなんでも借りれるんですよ。

以下にURLを貼っておきますので、参考にどうぞ♪

①http://event21.co.jp/hanami.htm
②https://event.kasite.net/kstsys/cart/Detail.do?code=event00060&category=045106
③http://www.eventcom.jp/hanami.html

一緒に読まれている人気記事
花見にはこれ!必須アイテムは外せない!
レジャーシート!外でも飛ばない方法は何が有効なの!?
場所取りシートの固定方法!飛ばないように押さえたい!
これで子供にもわかりやすく伝わる!花見団子の由来説明の手引き
そもそも花見の風習って何?昔ながらの日本の文化」「ぜひ知っておきたい!花見が盛り上がる便利なグッズ大公開!
これで女子力UP!お花見のお弁当2人分パーフェクトレシピ大公開!
花見でやることを事前に知っておけば急な幹事も怖くない!
花見で楽しむ飲み物といえば!?定番は!?どう冷やしたらいいの!?

まとめ

シートについて説明する女性

  • 大人数(10名程度)であれば、3.6×5.4mのサイズのブルーシートがベスト!
  • ブルーシートの保管や片付けに悩んだら・・・レンタルだって可能!
  • ワンランクアップを目指すなら、クッションを用意するのがベスト!

私の職場の花見では、子連れで来られる方も多かったので
少し広めのサイズのブルーシートを選択しましたよ。

また、まだハイハイもしないような赤ちゃんがいる場合は
寝かせる場所にも困りますが、
エアークッション一つあるだけでとても助かりました。

これで宴会幹事を任されたあなたもみんなの満足を得られること間違いなし!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする