古峯神社の御朱印は3ヶ月待ち?2年待ちの噂も!?御朱印の図柄は選べないの!?

古峯神社

古峯神社ってご存知ですか?

栃木県鹿沼市の古峯神社(ふるみねじんじゃ)では、人気の御朱印が授かれるそうです。
それは天狗の絵を描いた御朱印で図柄は約30種。

それぞれの書き手さんにより図柄が異なるため、授かれる御朱印は当日の出社状況次第という事らしいのです!

さらに、人気の天狗の御朱印は3ヶ月待つ必要があるとの事!

そこで今回は、古峯神社の御朱印は3ヶ月待ちとか2年待ちの噂について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

古峯神社の御朱印は3ヶ月待ちは本当?

古峯神社の天狗

古峯神社の御朱印は書き手さんをご指名できるみたいで、図柄によっては早くて20~40分程度のようです。

しかし。テレビで紹介され3ヶ月待ちだった人気の御朱印はさらに延びて1年~2年待ちになる場合もあるんです!

驚きですよね!3ヶ月でも待ちくたびれるのに、1年や2年だと完全に忘れちゃいます♪

という事で、3ヶ月待ちの噂は本当で、人気の図柄は最大1年~2年は待つことになりそうです。

また、そんなに待てない!という方は印刷された図柄から好みのものを選んで、御朱印を授かることもできます。

古峯神社の御朱印の授かり方

古峯神社の御朱印2

手書きの御朱印の授かり方

本殿に入ると、奥に授与所があり、その先に御朱印をいただける場所がありますが、そこに御朱印の種類と番号が書かれているぱねるがあり、その中から、授かりたい御朱印を選びます。

御朱印は選べる?

しかし、実際には自由に選べるわけではなく、参拝客の数によってはお任せになったり、その御朱印の書き手さんが不在の場合はその御朱印は授かることができません。

印刷の御朱印の授かり方

手書きにこだわらないというなら、印刷の御朱印は直ぐに授かる事ができます。

しかも、全種類揃っているんですよ!
直ぐにでも全種類授かりたいという方は印刷という選択肢もアリです♪

御朱印の初穂料は、手書き、印刷ともに\500です。

古峯神社は宿泊もできる!

古峯神社2

古峯神社は宿泊することも可能です。

宿泊は、参籠(さんろう)と呼ばれており、朝一の御祈祷の後に、神饌料理が頂けます。

宿泊は350名まで可能で、部屋のタイプは二種類あり、一般部屋が6,480円、個室部屋 7,560円(1泊2食付、税込)となっています。

宿泊のお得情報として、御朱印の待ち時間を気にしなくて良いことです。
ゆっくり過ごしながら御朱印を授かることができます。

古峯神社とは?

古峯神社の御朱印

古峯神社は防火の神として信仰されていて、総本宮は,栃木県鹿沼市古峯ケ原に鎮座する古峯神社です。

言い伝えによると、日本武尊の神徳を慕う藤原隼人なる人物が京都から古峯ケ原に移って日本武尊の神霊を祀ったのが古峯神社の起源という。

古峯神社のアクセス

電車のアクセス:JR日光線 鹿沼駅からバスで60分
バスでのアクセス:東武日光線 新鹿沼駅からバスで50分
車でのアクセス:東北自動車道「鹿沼IC」より約50分
駐車可能台数:300台
駐車料金:無料

古峯神社社務所
〒322-0101
栃木県鹿沼市草久3027
電話 0289-74-2111
FAX 0289-74-2539
URL http://www.furumine-jinjya.jp/

まとめ

今回は、栃木県鹿沼市草牛にある古峯神社の御朱印に関してお伝えしました。

御朱印を授かる場合、数十分~数時間は待つようなので、時間にゆとりを持って望みましょう。

さらに、人気の御朱印の場合だと、数年待つ覚悟が必要のようですね!
運良く当日に授かれたらラッキー!という気持ちで参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行栃木
フォローする
ライフスタイルハック