知らないと大変!花見の場所取りで絶対やってはいけない非常識

花見の場所取り

お花見の季節。
会社でのお花見というと、若手社員が場所取りをするイメージがありますね。

最近は非常識な場所取りをするとすぐにネットで拡散されて大手企業が謝罪するなんていうこともあります。

自分がした場所取りで、上司や会社に迷惑をかけてしまうかも…

そうならないために、どうしたらいいのでしょうか。

そこで今回はお花見の場所取りの非常識について解説してみます。

ネットで炎上した例としては…

  • 何日間にも及ぶ場所取り
  • 公園内の8割にも及ぶ場所を取る

などがあります。

常識の範囲で場所取りをして、お花見を楽しみたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もはや鉄則!?事前に知っておこう花見の場所取りトラブル回避術

花見の場所取り2

会社や仲間内で花見。
場所取りの担当になったら、トラブルにはならないようにいい場所を取りたいですよね。

その為にはどうしたらいいでしょうか?

まずは、必要以上に場所を取らないこと。
みんなが花見を楽しみにしている季節です。

いい場所をたくさん取りたくなりますが必要以上に取ってしまうと、他の人が花見をするスペースがなくなってしまいます。

多くの場所を取っていて、ネットでも炎上した例があります。

花見スポットによっては、立ち入り禁止時間などのルールがある場合があるようです。
公園等の施設のルールには従いましょう。

夜間に立ち入り禁止のルールがあることを知らずに、徹夜で場所取りをしてしまう例などがあるようですので、気をつけましょう。

また、ビニールシート等を置いたまま、いくら名前等を記入していても誰もその場にいない場合には撤去されてしまうケースがあります。

なるべく誰か1人はその場に残るようにしましょう。

学びましょう!花見の場所取り緊急マナー!

花見

いざ場所取り!
ただいい場所を取ればいい…というわけにはいきません。
マナーを守って場所取りをしましょう。

場所取りは事前の下見が大切です。
まずは下見をして、何箇所か候補をあげておきましょう。

いざ場所を取るとなるとブルーシートなどを利用すると思いますが、春先は風が強いこともあるので、飛んでいかないように重りを用意するのを忘れないようにしましょう。

また、お花見をする公園等の独自のルールがあると思うのでそれを守ることは最低限のマナーです。
ルール違反にならないよう、しっかり確認しましょう。

基本的には誰か一人がその場に残るべきですが、トイレへ立つなど離れる場合があると思いますので、名前や会社名を書いた紙なども用意しましょう。

こちらも飛ばされないよう注意しましょう。

人数に見合った場所を取ることもマナーの1つと言えます。

少人数なのに広く場所を取ると他の方の迷惑になりますので気をつけましょうね。

これで確実に取れる!花見の場所取りで適切な時間とコツ!

会社のお花見で場所が取れないと同僚からの冷たい視線が…
気になりますよね。

一体何時に行けば確実に場所が取れるのか?
悩ましいところです。

基本的には、早い時間に行くのがいいのですが公園等によって夜間は立ち入り禁止の場合もあります。

その施設ごとのルールに従って、一番早く入れる時間に行くのがいいでしょう。

夜間に入れない場合、前日の夕方から場所を取るなんていうこともあるとは思いますが、その場合まだ他の方がお花見をしていることもあります。

そういう場合は、思い切って終わったらこの場所を譲って下さい!と声をかけてしまうという方法もありますよ。

最近では場所取りを代行してくれるサービスもあるようですが、当然費用が発生しますので、利用できる場合は検討してもいいかもしれませんね。

一緒に読まれている人気記事
もはや常識!?知っておきたい花見のシートの大きさの目安をズバリ!
レジャーシート!外でも飛ばない方法は何が有効なの!?
場所取りシートの固定方法!飛ばないように押さえたい!
これで子供にもわかりやすく伝わる!花見団子の由来説明の手引き
そもそも花見の風習って何?昔ながらの日本の文化
ぜひ知っておきたい!花見が盛り上がる便利なグッズ大公開!
これで女子力UP!お花見のお弁当2人分パーフェクトレシピ大公開!
アナタだけにこっそり教えます!お花見のお弁当の定番イマドキ事情
厳選!お花見の季節に喜ばれるお弁当子供向けアイデアレシピ
えっ!?知らないの!?花見の持ち寄りで買うのに適したモノって!?
今すぐお取り寄せ可能!この春お花見弁当はデパートに要注目!
超簡単!お花見の持ち寄りにピッタリのおつまみレシピまとめ
花見でやることを事前に知っておけば急な幹事も怖くない!
花見で楽しむ飲み物といえば!?定番は!?どう冷やしたらいいの!?

まとめ

花見2

年に一度のお花見シーズン。
なんとか失敗せずに、楽しく終わりたいものですね。

ルールやマナーを守って、気持ちよくお花見するためにも場所取りは大切です。

そう言うとプレッシャーに感じるかもしれませんが、基本的にはワイワイ楽しく終われば問題ないですよ!

マナー違反をして炎上することさえなければ楽しく終われると思いますので、乗り越えましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
行楽旅行
フォローする
ライフスタイルハック