彼女ができない悩み!自分を分析して理由と原因を把握すればOK♪

カップル

あなたに彼女ができないのはなぜでしょう?

それはあなたがどのタイプに当てはまるかで解決方法も変わってくるのです。

これまで女性と接する機会がなかった方や、過去に出ないで大失敗したことがトラウマとなって彼女ができないという方もいるでしょう。

そこで今回は、「彼女ができない悩み」について、自分の性格を分析して原因と特徴を把握して素敵な彼女ができる方法について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたにはなぜ彼女ができないのでしょう?

  • 男友達は多いけどなぜか女子には嫌われる
  • 女性とデートしても何も発展もなく関係が終わった
  • 女性と話すのが苦手で、女友達が少ない
  • 自分に自身が持てない

せっかくデートまでこぎつけても彼女として付き合うまで進展しない言う形は意外にも多いものです。

彼女ができない男性の特徴

彼女ができないと言う男性には共通の特徴があります。

その代表的な特徴として相手に合わせすぎると言う共通点があります。

彼女からどこへ行きたい?と言われても、どこでもいいよ!と言ってませんか?

相手の意見を尊重するのは大切ですが、相手に合わせてばかりいると彼女はできません。

なぜなら、ほとんどの女性と言うものは男性にデートしてもらいたいのです。

ですから相手に合わせてばかりいる男性には男としての魅力を感じないのです。

彼女ができないのは高望みのせいかも

相手を高望みするのも彼女ができない原因の1つと言われています。

例えば、よくある光景として、婚活パーティーなどで、ほとんどの男性は1番キレイな女性に目を向けます。

それとは逆に女性の場合は対象がばらける場合が多いのです。

それはなぜでしょう?

女性の方が男性より現実的な考えを持っているからです。

女性の場合は、相手の容姿が良すぎると、自分のレベルではちょっと無理かな?か釣り合いが取れてないかな?ということを感じ取れます。

しかし男性の場合は、自分の理想を求めるあまり、キレイな女性に集中してしまうのです。

キレイな彼女ができる事は嬉しいことですが、果たしてそれが自分に釣り合ってるかどうかが大切です。

高望みせずに自分と同等レベルの魅力の女性と付き合うことを第一に考えましょう。

自分中心的な思考

こういったタイプの男性は彼女ができない理由をすぐに探したがあります。

また、このようなタイプは1人で思いこむことが多く、好きな人ができるとその人への思いが強くなり、ある日突然告白してしまうのです。

しかし、女性側からすれば大した話もしたこともない人から突然告白されても困ってしまうのです。

こういったタイプは自分中心に考えてしまう傾向があるため、相手の気持ちは寝ろ次になり突然告白したりするのです。

こんなタイミングで告白してしまっては、成功する可能性は限りなくゼロに近いでしょう。

積極性は大切ですが、顧客するタイミングは大切です。速すぎても、遅すぎてもダメなのです。

大切なのは告白するタイミングを見極めて、ここぞと思った時に告白するのです。

彼女ができない男性の話し方

たとえイケメンだったとしても話してみてつまらなければ恋愛関係には発展しません。

彼女ができない男性にはこういったタイプが意外と多いものです。

自分に自信がある人ほど、どうしても自分のことばかりを話してしまいがちになります。

この場合、あなたの興味がある話だったとしても彼女がそのことを好きかどうかはわかりません。

特に全く知らない分野の話であれば「早く話が終わってくれないかな!」と思ってるかもしれませんよ。

彼女があなたの話の話題に興味があるかどうかはそのリアクションで見極められます。

「へぇー」とか「そうなんだ」と言うような反応ばかりだったらあなたの話に興味がない可能性があります。

10代と20代では情況が大きく違う

10代の場合は、行動や考えを改めるだけでいくらでも修正できます。

ですから、彼女ができないと悩んでいても考え方を変えることですぐに状況が変えられます。

10代というのは色々な出会いがある時期です。

特に学生の時期と言うのは彼女を作る上でもたくさんのチャンスがあります。

ですが、この機会をうまく生かせないと、社会人になってからも女性にモテなくなる可能性があります。

さらに、20代になって彼女がいない人はこれまで女性に告白したしたことがないと言う方も多いのです。

女性に告白すると言うのは、とても勇気が要ることで、簡単ではありません。

結果的にフラれたとしても、時間とともにその傷は癒えるのです。

そしてその経験が勇気となって次の機会に役立つのです。

何も行動しなければいつまでたってもモテないままです。

彼女を作るためのアクションを起こす

彼女がいない時期が長くなると、「このままずっと彼女ができないのでは!」と不安になることでしょう。

彼女を作る上で大切な事は冷静な状況判断です。

相手の年齢や状況など、自分の性格などをよく照らし合わせて対策しなければなりません。

また、その時期の年齢にもよりますが、その女性と結婚したいのか、それとも使いたいだけなのかによっても相手の選び方は変わってきます。

ただ、1つ言える事はアクションを起こしてみることです。

それによって自分の自信に確信が持てるようになるのです。

自分から動いて出会いのチャンスを作る

SNS普段の生活の中において、異性となかなか出会う機会がないと言う人は多いでしょう。

出会う機会がなければ彼女を作る機会も大のです。

学生の頃とは違って社会人にもなるとなかなか出会いのチャンスはありません。

そのため自分から積極的に行動して出会いのチャンスをつかむ必要があります。

最近は、SNSをやっている人も多くそれをきっかけにして彼女を作ったって言う人も多くいます。

また、直接顔が見えないと不安と言う形は婚活パーティーなどもお勧めです。

他にも、趣味やサークルなど、社会人を対象とした集いの場と言うものは意外にも結構あるものです。

待っているだけでは出会いのチャンスはなかなかつかめません。

そのためには自分から行動して動いてみることが大切です。

彼女として付き合う前のデートの重要性

映画館

女性をデートに誘って、そこから恋愛に発展しないと言う方も少なくありません。

例えば付き合い始めの頃のデートなら、あなたならどこにしますか?

よく行くデートの場所として映画館があります。

しかし映画館と言うのは彼女として付き合う前のデートには向きません。

なぜなら映画を見ている間は2人とも黙っているからです。

せっかく二人っきりでいるのに話す機会を自ら逃してしまっているのです。

しかもデートの後に彼女の頭の中に残っているのは映画の内容の事ばかりです。

これでは一緒に映画を見たとしても、あなたのことを好きになるはずがありません。

付き合う前のデートと言うものは、彼女との関係を進展させるための大切な時間です。

そのためにもこの時期のデートと言うのはとても大切な意味を持つのです。

ですから、デートを単なる目的にしてはいけないのです。

「どこで告白すべきか」は、さほど問題ではない

告白も彼女を作る上では大切なことです。

その場所やシチュエーションは大切な要素の1つであるのは間違いありませんが、それが成功のカギでは無いのです。

問えば、絶対に付き合うことが無理だと思う異性がいたとします。

その人と食事に行って、おいしい料理を食べながらいい雰囲気になったとします。

そんなロマンチックな状況の中で相手から告白されたらあなたはその相手と付き合えますか?

100%付き合わないでしょう!

告白されるシチュエーションがいくら良い雰囲気だったとしても、実際には相手によって付き合うかどうかが決まるのです。

ですから、状況をよく見極めることも大切なのです。

「いい人」で終わらないためには一歩踏み込むこと!

いい人だけど彼女ができないと言う事はたくさんいると思います。

でもどうしていい人のままで終わってしまうのでしょうか?

それはリスクを恐れすぎているからかもしれませんよ。

「いい人」と言われる人は、相手の気分を伺い、それにあわせて振る舞っている人が多いです。

相手の気分が悪くならないように無難な会話を続け、相手の深いところまで踏み込もうとはしません。

そのため、なかなか男女の深い会話になりにくいのです。

「いい人」でいる事は悪い事ではありません。

しかし、ある程度陸リスクを犯してでも、相手に一歩踏み込まなければ、いつまでたっても2人の関係は進展しないのです。

だからといって急に態度を変えれば相手に違和感が伝わってしまいます。

上手にコミュニケーションをとりながら、少しずつ会話をステップアップさせて行きましょう。

そうすれば必ず次のステップへ発展できるはずです。

いい人止まりで終わるという方は、ちょっと勇気を出すことで新たな変化が生まれますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在、気になる相手がいないと言う方は、その相手を見つける努力をしましょう。

また、デートまでこぎつけた彼女がいる方は、少し勇気を出していっぽ踏み込んだ付き合いをしてみてはいかがでしょうか。

きっと彼女と呼べる関係に発展できると思いますよ。