LED照明の寿命は何年?交換は何年で?何万時間持つの?

白熱電球と蛍光灯とLED電球

企業などのオフィスでは、朝から夜まで営業時間中は常に照明をつけています。
その結果、オフィスで使用している機器の中でも、照明が消費する電力は大きな割合を占めています。

3.11以降、省電力化への取り組みがどんどん進んでいます。
オフィスや工場などの企業の照明の入換えによって省電力化に向かってます。

また、企業のみならず一般家庭でもLED化の波が押し寄せています。

ここでは、LED照明の寿命は何年?交換は何年で?など、従来の照明との違いを解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

電気代を節約しようとお考えですか?

  • LEDは高いけど本当にお得なの?
  • どの位節約になるの?
  • LEDのランニングコストはどの位?

省エネ対策にLED

地球温暖化対策として、LED照明への切り替えが多くなってきています
それは、現在の白熱電球や蛍光灯に比べて省エネになるからです。

LEDの省エネ効果は異常に大きく、蛍光灯の約50%以上の消費電力の削減が可能と言われています。

照明は家庭のみならず企業や駅、街の至る所で使われています。
そして、それなら照明というものは、夜通し点灯している場合が多いのです

それをLED照明に交換するだけで消費電力が半分になるのですから、国を挙げてLED化を進めるのも当然のことです。

ですから、これからの照明というものは、LEDが主流になることはほぼ間違いないでしょう。

もちろん、費用もかかることですから、一気に照明が切り替わることがありません。
白熱電球や性蛍光灯の寿命がきたものから徐々に交換していくことになるでしょう

照明をLED化するメリット

住宅に使用されている照明のほとんどは、白熱電球か蛍光灯でしょう。

家庭内における照明器具のエネルギーの使用料の割合の多さは意外と多いものです。

そのため、住宅メカなどは照明器具のLED化を積極的に進め始めたのです。

企業としての利益追求の目的もありますが、省エネ効果が期待できますから悪いことではありませんよね。

LEDは、初期導入の費用は多少コストがかかりますが、電気代の節約と長寿命化による交換費用のコストを抑えられますので長期的には割安になるのです。

国策としてのLED照明化

人間の生命活動における証明にかかるエネルギーの消費量はすべてのエネルギーの20~30%もあるという調査結果もあります。

つまり、照明関連の消費を抑えることができれば、大きな省エネ効果が得られるということになります。

これまでの照明器具としてよく使われているのは白熱電球と蛍光灯です。

照明器具というのは、単なる明るく照らす目的以外にも、その光の強弱や照らし方によって人々のメンタル面にも大きな影響与えています。

単なる明るさよりもその明るさの強弱による微妙な色合いが重要視されているのです。

蛍光灯の場合、白熱電球に比べて消費電力が格段に少なくなります。

その蛍光灯の消費電力の少なさも手伝って、白熱電球の形をした蛍光灯が普及しています。

価格もだいぶ下がってきており、今では一般家庭でも普及してきています。

さらに、LED照明の場合、蛍光灯に比べて省エネ効果が上回ります。

LED照明にはコスト的な問題がまだ残されていますが、国を挙げてLED照明の普及が進められていますので、これからの照明の主流になるのは間違いありません。

LEDと蛍光灯

現在の照明の主流は蛍光灯がまだまだ圧倒的です。

LEDを除けば、白熱電球より蛍光灯のほうが省エネ効果も高く、長持ちするからです。

今後は、地球温暖化対策として今よりもさらに削減していく必要があります。

そのため、蛍光灯よりもさらに省エネ効果の高いLED照明が注目されているのです。

LEDの場合、同じ明るさで比較した場合、蛍光灯の半分以下の消費電力で済みます。

さらに、蛍光灯と違って寿命も格段に長くなっています。

製品の単価としては蛍光灯よりも高くつきますが、電気代や交換費用を考えてみると価格差はそんなにありません。

そのため、蛍光灯の寿命が来て交換する場合には、LEDに交換する人が増えているのです。

LED電球は低消費電力

電球の交換

LED電球の優位性を考えると、これから照明器具を新しく購入しようと検討しているなら、LED電球を購入すべきでしょう。

形状に関しても、白熱電球と同様のサイズが用意されているので、交換も簡単です。

4WのLED電球の場合、40Wの白熱電球とほぼ同等の明るさを発揮しており、それでいて、電気代は10分の1以下しか掛かりません。

実際に、長時間点灯した場合を比較しても、
白熱電球よりも安上がりになる計算結果も公表されています。

街灯の点灯時間は、とても長く、LEDに交換した場合、電球の交換頻度も少なくて済み、メンテナンスの手間を軽減できます。

特に場所に取り付けた電球であるならば、交換の手間が少なくて済むならとても楽ですね。

このような、LEDのメリットが多くの人に広まった結果、最近の新築住宅では、LED照明を取り付ける住宅が増えてきています。

LEDの寿命

LEDのメリットは、省エネという以外にも、長寿命と言うメリットもあります。

白熱電球の場合、フィラメントが切れてしまうと、まったく点灯しなくなります。

それに対し、LEDの場合、まったく点灯しなくなるのではなく、明るさが落ちると言う症状になります。

日本照明機器工業会によると、明るさが元の70%に落ちたら寿命がきたということになります。

LEDの普及が進んでくると、LEDの寿命やLED照明の品質も気になるところです。

一般的に、LEDの寿命は4万時間、約10年と言われています。

このように考えると、10年も交換する必要がないということは、実用上の寿命は考えなくてよいのではないでしょうか。

まとめ

ざっくりとLEDの基礎知識的な事を解説してきましたが、LEDの大きなメリットを感じて頂けたのではないでしょうか。

今後は、LEDのコストダウンも普及と共に進むでしょうから、これまで以上にLEDの普及が進むことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする