頭が良くなる方法!小学生から考える力を身につける♪

子供のイメージ

スポンサーリンク

頭が良いとは?

小学生になると、「頭がいい」と言われる生徒が何人か出てきます。
小学校レベルでの頭がいいとは、「学校のテストでよい点をとる」、「先生の質問によく答えている」というレベルで判断されるのではないでしょうか。

頭の良くなるにはテストで良い点がとれるように勉強することです。
当然、勉強すると良い点数がとれるでしょう。

勉強には良い勉強方法と悪い勉強方法があります。
悪い勉強法をすると頭が悪くなっています。

なぜ勉強をするのか、それはテストなど、目に見える数値として評価されるためです。
その結果、テストで良い点数をとる勉強方法になってしまうのです。
しかし、これでは本当に頭いいとは言えないと思います。

ボキャブラリーを豊富にする

「頭がいい」というのは、「考える力」があることです。
そしてその思考力を生み出すものが「ボキャブラリーの豊富さ」です。思考力のもととなる生きたボキャブラリーは読書をすることによって得ることができます。
つまり小学生の頭を良くする方法は「読書」をすることです。

読書が有効

勉強する子供学校では、1人1人の生徒に対し、個別に教えてくれるわけではありません。
いっせいに同じ内容の授業が行われます。

したがって、個々の生徒に合わせた指導をすることができません。
学校に行ったとしても、テストで良い点数をとるための知識をただ詰め込むだけの勉強になります。
このような教育は、子供たちの本来持ち合わせているの能力、思考力、創造力などを育てることはできません。

では、どのような教育が子供に良いのでしょう?
それは「家庭学習」です。小学生にとって家庭学習をすることが、頭が良くなる方法の近道です。

小学生、中学生にとって重要な教科として挙げるなら「国語」です。
国語は、思考力、理解力、表現力、創造性を育てることができます。
この国語力がある子供は上記の力がついているので大人になっても頭がいいのです。

家庭学習でどのように国語の勉強をするかというと「読書」をさせます。
国語では漢字をたくさん習っており、小学生の間に1000字近い漢字を学んでいきます。
学校ではひたすら書くことで覚えていきます。

ですが、漢字は読むことから始めるのが効果的で、読むことができれば書くことも早くなります。多くの本を読んで単語、漢字に触れ、自然に読む力がつきます。

効果的な読書方法として、毎日決められた時間にお気に入りの本を10分間読む方法です。
毎日読むページ数を決めて読むのもいいかもしれません。

ただ、思いつきで読むのは効果がありません。毎日続けることが重要です。
次第に読む力がついて、書く力も自然についてくると思います。

親の接し方は大切

小学生においては、親が子供に大きな影響を与えます。
家庭学習においても、親の接し方によって大きく左右されます。

家庭学習をすることは頭が良くなる方法の1つですが、小学生に自主的に勉強させようとしても、なかなかうまくはいきません。
どのように親が導くかが重要で、叱りつけて勉強させても決して頭が良くなる方法ではありません。

効果的な方法としては褒めてのばしてあげるのです。
子供の勉強について努力したことを認め、そしてしっかりと褒めてあげることが重要です。

例えば、子供が音読をしていたとします。
読み終わった後に、「読み間違っていた」、「しっかり読みなさい」など、つい注意してしまってはいないでしょうか。これでは子供のやる気を奪ってしまいます。

がんばっても注目されるだけ、という認識を持つことになります。
重要なことは、やる気を持って自分で学びたいと思わせることです。

頭のよくなる方法は勉強することですが、たまにするのではなく、毎日の習慣として勉強するようになるのが頭の良くなる近道です。

小学生のでは「注意」よりは「褒める」、苦手な音読でも褒めればよくなっていきます。
良い点を見つけてどんどん褒めてあげてください。

整理整頓は大切

基本的なことですが、「整理」をすることは非常に大切なことです。
頭の良くなる方法に直接つながるわけではありませんが、整理整頓して、結果として身の回りが片付けば、勉強もはかどります。

子供の机の上はキレイに整理されていますか?
教科書、ノート、鉛筆、消しゴム、定規、おもちゃなどに埋もれてないですか?
小学生に整理整頓してくださいと言ってもやり方をよく知らないかもしれません。

子供と一緒に片付けてみましょう。
沢山散らかっている場合、子供に分類させることから始め、よく使うものと、使わないものに分類させます。そして、それぞれの置く場所を決めさせるのです。

「片付けなさい」と怒鳴りつけても小学生の子供には上手くできないと思います。
せいぜい、みかけだけをきれいにある程度まとめるくらいがやっとだと思います。

「よく使うものと使わないものに分けて」と言えば簡単にできると思います。
そして、あまり使わないものの中から処分していいものと、そうでないものを選ばせましょう。

教科書、ノートなどは取りやすい場所、あまり使わない本は端っこへ。
鉛筆、消しゴムなど、頻繁に使用する筆記用具は、引き出しの上の方に分類しておけば、一目でどこに何があるかどうか簡単に確認できます。

場所が決まっていれば、使った後も元の場所に自分で片付けられるようになると思います

ゲームで脳を活性化(パズル、囲碁)

囲碁をする子供「パズル」も頭が良くなる方法として知られています。
パズルを解こうとすると脳がはたらくのです。

容易に解けるよりも、ある程度考え抜いて解けるレベルのものが、考えている間に脳が使われ、頭が良くなる方法として効果が高いのです。

ですが、あまりに難解なパズルだと、やる気を失ってあきらめてしまう場合があります。
したがって、ある程度のレベルを確認することが重要です。

難しかった問題を解くときと同様に喜びも大きく、それだけ脳に神経刺激物質のドーパミンがたくさん出て、脳にも良い影響を及ぼします。

頭を使って考え、根気強く取り組み続けることで探究心が育ちます。

他にも、パズル以外にも囲碁も頭の良くなる方法として有効です。

囲碁は、頭の良くなる方法として見直され、子供もゲーム感覚で楽しむことができ、小学生でも囲碁をする子が増えています。

囲碁を通して、ものの見方や考え方を学ぶことができます。
特に囲碁は右脳に有効に働き、「集中力」を高める効果が期待できます。

右脳を鍛える

頭の良くなる方法の基本として、記憶力をよくする必要があります。
集中して記憶すれば、多くのことを学ぶことができます。

頭があまりよくないと思う人の多くは、記憶力は悪いのだと思います。
記憶力を向上が、頭が良くなる方法の近道です。
そして右脳をトレーニングすれば記憶力が向上します。

右脳を鍛える方法として、運動、音楽鑑賞、楽器演奏、絵を観たり描いたり、日常の中ですることが多くあります。小学生のうちから、こういったものに触れ、右脳を強化すれば、記憶力を高める効果が期待できます。

最近は簡単にできる脳のトレーニング方法として「ゲーム」を活用する方法があります。
インターネットで検索すると、脳のトレーニングゲームがいくつも出てきます。

1つのゲームは簡単で数分で終わるので、小学生が飽きずに挑戦できると思います。
また、長時間トレーニングする必要もなく、勉強がおろそかになる心配もありません。

予習と復習をしっかり行う

当然のことながら、勉強をすることは頭が良くなる方法の基本です。
重要なことはその中身で、集中力や効率的に勉強したかです。

頭が良くなるには、授業中にしっかりと勉強し、家庭学習を継続することです。
授業中に先生の話を理解しやすくする効果的な方法は予習です、勉強したことを正しく理解するために効果的な方法が復習です。

予習方法

短い時間で効率的に行い、時間をかけないこと。
予習して疑問に思ったことや分からないことは授業中に解決する。

復習方法

授業中に習ったことを勉強する。
1時間勉強すると仮定すると、そのうち20分は予習、残りの40分の復習時間に充てる。

その日に習ったことはその日で覚えることが重要です。
テスト前に覚えようとしても無理、毎日の積み重ねが実力になる。

短時間で効率的に勉強するにはポイントを絞ることが重要です。
小学生のうちはよく遊んで、よく食べ、よく眠り、短い時間に集中して勉強するのがいいと思います。

英語や外国語を勉強する

英語の勉強をする子供

英語教室に通うことも頭の良くなる方法の1つだと思います。
日本語と英語の2つの言語を話すことは、脳の働きにプラスになることは間違いありません。

また、英語を音読することで、脳の働きが活性化します。
ですから、小学校のうちから英語の勉強を始めると、脳が多くの働き、頭が良くなることにつながります。

最近では未就学の時期から英語を習わせる親御さんも多いです。
頭を良くするには、脳の神経細胞の働きが活発になることが重要で、その神経細胞と脳をつなぐ部分は多い方がしっかりと結びつきます。この接続部分は0歳から3歳までがもっとも多く作られます。

英語は習っていて損はありません。
英語は聞いたり話せたりした方が得ですし、授業や将来の就職にも有利です。英語を習って脳が活発に働き、頭が良くなれば一石二鳥です。

食生活について

よく噛むこと

子供の食事風景

食べ物を「よく噛む」ことが頭が良くなる方法と言われています。昔からよく噛んで食べる方が良いと知られています。よく噛むことで脳に適度な刺激を与えることができるためです。

小学生の場合、顎の発達にも関係しているので重要です。
よく噛むことで消化吸収が良くなり、脳の働きにも良い影響を与えます。

しかし、ただ噛めば良いというわけではありません。
ゆっくり何度も噛むことにより、脳に刺激が伝わり記憶力が良くなります。
早食いのように噛む回数が少なければ大きな効果を得ることができません。

また、柔らかすぎたり、硬すぎるものも逆効果です。
適度な硬さ、適度な歯ごたえのある食べ物をよく噛んで食べることで頭が良くなる方法につながります。
こういったものを積極的に食事に導入し、子供に与えましょう。

頭が良くなるべ物

私たち人間が生きていく上で大切な「食事」。特に小学生は、体が発達する重要な時期でもあります。
健康な身体づくりのために食事はしっかりと親が管理していきます。

ここでは頭の良くなる方法として有効な「食べ物」をざっくりと紹介します。

イワシ

集中力、記憶力を高める効果があります。DHA、EPAと呼ばれる不飽和脂肪酸や、カルシウムも豊富なので骨を丈夫にすることができます。

小麦胚芽

記憶力を高める物質の基になる成分であるアセチルコリンの元となるコリンがたくさん含まれています。

ダークチョコレート

脳血流を促進する効果があります。
ミルクチョコレートより、頭が良くなる方法としては、ダークチョコレートをお勧めします。

アボカド

一価不飽和脂肪酸を多く含み、脳の血流を促進する効果があります。

ほうれん草

グルタチオンという抗酸化物質が、認知機能低下を防止する効果があります。

クルミ

脳の血流を促進し、脳に酸素を効率的に運ぶ働きがあり、記憶力や学習能力を向上させる効果が期待できます。

ニンニク

血栓を抑制し、血流を促進するはたらきがあり、脳の血流をよくして頭が良くなると言われています。

睡眠は重要なファクター

寝床につく男の子十分な睡眠をとること重要なことです。
勉強や読書は何時間もやれば良いというわけではありません。

短い時間にいかに集中して勉強することができるかがポイントです。
効率的に集中し、必要な部分を勉強して、十分な睡眠をとることが最も頭が良くなる方法です。

特に小学生は身体を育てる重要な時期でもあります。
睡眠中に体が成長することはもちろん、記憶力は眠っている間に脳に定着するためです。

暗記物は寝る直前の勉強がよく覚えられているとよく聞きます。
勉強して身につけた内容を寝ている間に脳で整理して記憶として定着させるためです。

どんなに勉強しても、質の高い睡眠でなければ記憶力はよくありません。
質の高い睡眠がとれるような環境作りが大切です。

授業を受ける姿勢

勉強に励む子供小学生の場合、学校での授業の受け方次第で学力に大きな影響を与えます。

授業中、先生の説明をただ聞いている小学生が多いかと思います。
これは勉強ではなく、ただ授業を受けているだけです。

ただ、受け身で聞いているだけでなく、自分で問題を解くことが大切で、先生の解説が終わったら自分でも解いてみるのです。この時の疑問は、すぐに先生に質問をします。

そして授業料を受け取る前に重要なことがあります。
それは予習をすることです。小学生のうちから予習を習慣化しておきます。

頭のよくなる方法として、授業を受ける前に自分が理解したこと、分からないことを分けることがポイントです。
知らないところにはマークしておいて、自分で調べて理解したらチェックをつける。
それでもわからないときは、授業中に先生がその部分を説明する時に集中して聞くようにします。

こうすることで授業中に先生が話していることが理解しやすくなります。

まとめ

小学生の子供の頭が良くなる方法として、環境による影響が大きいことがわかります。
現役東大生に小学生の頃、家のどこで勉強をしていたかを聞いたところ、そのほとんどが「リビング」と回答したそうです。

勉強部屋ではなく、リビングルーム、キッチンなど家族の集まる場所で勉強をしていたそうです。
小学生の子供はまだ集中力が足りないので、一人で勉強部屋にこもった所で思うように勉強ははかどりません。

リビングや台所で勉強をする場合、親が子供の勉強の様子を伺えます。
子供から見ても、勉強を親に見てもらえ、勉強していることを褒めて貰えればやる気も出ます。
家族がふれあえる場所で勉強することが、頭が良くなる方法として最初に整えるべき環境だと思います。

自分の勉強部屋からリビングや台所に数日ごとに場所を変えるだけでも気晴らしになって集中力が向上します。小学校は短時間でいかに集中して勉強するかがポイントです。

冒頭でも触れましたが、小学生のうちは塾に通うよりも家庭学習が大切です。
親が目を配りながら、子供の勉強を見守れる環境作りをすると良いと思います。

例えば、毎日父親が読む新聞に子供が興味を持ったとします。
一緒に新聞を見て、その内容について話をしたり、コミュニケーションを取れば、子供は自然に社会、歴史などに関心を持つことになります。

子供がピアノを弾いていたら、横で聞いてあげること、弾き方を聞いてみるなど、親が子供に関心を示すことが大切です。
子供に興味を持ってもらいたいことがあれば、親もそれに興味を持つようにすれば、子供は多くのものにに興味を持っていくのです。そして、結果的に頭が良くなる方法に繋がっていくのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする