睡眠の質を向上させてくれるグッズをご紹介!

質の高い睡眠

あなたはよく眠れていますか?

十分睡眠時間をとっているのに、なんか疲れが取れない、体がだるい、という方はいませんか?

実は、人は眠り始めの3時間で、疲労の8割が改善すると言われています。

そのため、どんなに長く眠ってもこの3時間の眠りの質が良くないと、疲れは十分に取れないんですね。

それでは、眠りの質を上げるにはどんなグッズが良いでしょうか?

今回は、睡眠の質を向上させてくれるグッズと、良質な睡眠の重要性についてお話したいと思います!

睡眠の質を上げてくれる寝具はどこが違うの?

睡眠グッズ

睡眠の質を上げるには、寝具を体に合ったものにすることが大事です。

直接体を支えるマットレスと、枕について見ていきましょう。

《マットレス》

(1)マットレスの役割→腰の負担軽減&寝返りの補助

人の体は、横になると真っ平らではなくデコボコしていますよね。

そのため、横になると頭・肩・腰・足に体圧(体重の重さ)がかかります。

特に、体の中心部分にある腰には半分近く負荷がかかるので、いかに体圧を分散させるかが大切になります。

マットレスは、適度な柔らかさと固さにより、人の体に順応してくれるので、体圧を軽減してくれます。

それなら、体によりフィットしてくれるやわらかめのマットレスが良いかというと、そうでもないんです。

あまりにやわらかいマットレスだと、体が沈んでしまいますから、寝返りをしにくくなってしまいます。

人は寝返りをすることで、血液やリンパを循環させています。寝たきりの方が床ずれをしてしまうのと同じ原理ですね。

そのため、寝返りがしにくいマットレスだと、血液やリンパが滞り、夜中に何度か起きてしまったり朝目覚めても疲れが取れない感じがしてしまうんです。

(2)体に合ったマットレスの見つけ方

マットレスの種類で、ポケットコイルって聞いたことありませんか?
「コイル」とは「バネ」のことで、主に2種類あります。

ポケットコイル

バネが一つずつ円筒形の袋に入れられ、敷き詰められています。

バネの一つ一つが独立しているので、体を点で支えてくれるので、体の動きや重さにフィットしてくれます。

ちょっとした体の動きにもフィットしてくれるので、体重が軽めの人にオススメです。

ボンネルコイル

らせん状に繋がったバネが、全面に敷かれています。

ポケットコイルと比べて、全面で体を支えるので少し硬めに感じます。

硬めで体が沈みにくいので、体重が重めの人も寝返りしやすくオススメです。

それぞれをぜひ店頭で、どちらが心地よいのか、実際に寝転がってみて下さいね。

お店で普段の枕と同じ高さにしてもらい、楽な服装で行くといいですよ。

《枕》

(1)枕の重要性

合わない枕を使っていると、どんな弊害があるでしょうか?

高さが合わない枕だと、寝返りするたびに首や肩の筋肉を使いすぎるため、首や肩凝りの原因になります。

そして、脳に血液が循環しにくくなり、起床後の頭痛の原因にもなります。

さらに、枕が高すぎると喉が押さえ込まれる形になりますので、いびきの原因にも繋がります。

逆に低すぎる枕を使っていると、今度は脳に血液が回りすぎて、鬱血やむくみの原因になります。

理想の高さは、横向きに寝て首の骨・頚椎が真っ直ぐになっている状態になれる枕です。

(2)自分に合った枕の素材を見つけよう

今では枕の素材は10種類以上あるんです。

値段は高ければ良いというわけではないので、それぞれの特徴を把握して、自分に合った枕を探してみましょう。

素材 硬さ フィット感 通気性 洗濯
高反発ウレタン 柔〜普 △〜○
低反発ウレタン ×
ラテックス ×
高反発ファイバー 普〜硬
ポリエチレンパイプ
そば殻 ×
羽毛(ダウン80%以上)

羽毛(フェザー80%以上)

極小ビーズ 普〜硬 ×

参考:安眠枕とマッチング!枕の素材13種類を徹底比較

この表を見ると、枕の硬さだけでなく、通気性の違いや洗濯が出来るかどうかなども着目点になりますね。

人気があるのは、フィット感に優れる低反発ウレタンで柔らかめタイプの枕ですが、昔ながらのそば殻も根強く人気があります。

どちらも、自分が寝返りがうちやすいか、そして頚椎が真っ直ぐになっているかを注目していろいろ試してみて下さいね。

睡眠の質が向上するサプリ人気ランキング!

眠剤

睡眠の質を上げるのサプリがあるのをご存知ですか?
どうしても睡眠薬とは違うの…?と不安に思う方もいますよね。

睡眠薬は即効性がありますが、サプリは「栄養補助食品」なので、即効性はありません。

飲み続けることで少しずつ体質を改善し、良質な睡眠ができる体質に変えていく、ということです。

そのため、飲み続けても副作用の心配もありません。

睡眠の質を高めるサプリは、主に以下の成分が含まれています。

  • グリシン…脳の体内時計や睡眠リズムを調整する→朝スッキリ目覚められる
  • GABA…副交感神経を活性化するので、リラックス効果がある
  • ビタミンB1、6、12…精神の安定、疲労回復効果。また、睡眠ホルモン「メロトニン」の生成を助ける
  • L-テアニン…テアニンは緑茶に含まれる成分で、これもリラックス効果があります。

次に、睡眠サプリのオススメランキングをご紹介します!

1位→ 潤水ハーブ (初回30日分¥1,980)
自然な眠りに効果的なアミノ酸・クワンソウ配合により、朝の目覚め&不眠解消効果バツグン。

2位→ピースナイト

これは、あのキッコーマンが開発したサプリで、更年期の女性に人気があるようです。

ストレス解消効果の高いGABAやテアニンが含まれています。

3位→北の大地の夢しずく

アスパラガスから抽出した休息サポート成分、GABAやビタミンB群が多く含まれています。

実際に不眠症だった北の大地のしずくスタッフが開発に携わったそうですよ。

4位→ネムリス【初回980円】
(初回30日分¥4,900 ※お試し10日分¥1,890)
こちらも女性人気が高く、口コミ評価も高いようです。安定のクワンソウ、GABA、テアニンも含まれています。
睡眠健康指導士と共同制作している点も注目ですよ。

睡眠の質の良い悪いで体に及ぼす影響とは!

睡眠の悩み

睡眠の質が悪かったり、睡眠時間が少ない場合、体にどんな影響が出るのでしょうか?

実は、睡眠不足が慢性化すると自律神経の不調&生活習慣病&高血圧・心筋梗塞・脳梗塞などにかかる可能性も高まるんです。

順を追って見ていきましょう。

慢性的な睡眠不足

  • 日中の眠気、注意散漫、集中力・判断力・記憶力の低下
  • ホルモン分泌・自律神経機能の異常

  • 食欲を抑えるホルモンのレプチンが減少
  • 食欲を増進させるホルモンのグレリンが増加

食欲が増して、食べ過ぎる!

  • 生活習慣病
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞…

など様々な病気になりやすくなる

↓さらに…

こうして肥満になった方は、睡眠時無呼吸症候群・不眠症にもなりやすく、余計に十分に眠れない体になることも。

確かに、私も前日に十分に睡眠が取れなかった時は、日中の眠気に加えて、食欲が爆発していた気がします。

眠いと体も疲れやすく、イライラしやすいから食欲が増すのかと思っていましたが、ホルモン分泌の関係なんですね。

こうして見ると、慢性的な睡眠不足はじわじわと体と精神をむしばんでいく事がわかりますよね。

一緒に読まれている人気記事
睡眠時間の理想は大人でどのくらい必要?
睡眠時間が3時間?体は大丈夫!?眠くない?

まとめ

眠れない女性

いかがでしたでしょうか?

良い睡眠が取れるようになると、1日の始めもシャキッと気持ち良く過ごせますよね。

ランキングや人気の商品も参考にはなりますが、あなたに合ったものとは別だったりするので、ぜひ自分の目で見て、いろいろ吟味してみて下さいね!