日本とアメリカのディズニーランドの違いってなに?

ミッキー

日本とアメリカのディズニーランドの違いって気になりますよね。

それぞれの文化の違う国ですから何らかの違いがあるかもしれませんよね。

そこで今回は日本とアメリカのディズニーランドの違いを見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

日本の東京ディズニーランドの違いを比較

世界には、東京を含む現在、計6カ所にディズニーランドがあります。

しかし、同じパークというのは2つとありません。

同じ「ディズニーランド」といっても各国共通のアトラクションや、その国独自のアトラクションなど、それぞれ少しずつ異なるつくりになっています。

それでは、アメリカと日本のディズニーランドの違いを比較してみましょう。

アメリカにはディズニーランドは2カ所あります。
カリフォルニアのディズニーランド・リゾートとフロリダのディズニー・ワールド・リゾートです。

カリフォルニアのディズニーランドは東京ディズニーリゾートと広さは同等ですが、フロリダ州のウォルトディズニーワールドリゾートには、4つの公園と2つのウォーターパークがあり、東京の山手線の内側が二つ分丸ごと入るくらいの広さです。

それではアメリカの2つのディズニーランドを見ていきましょう。

フロリダの「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」

お城

「東京ディズニーランド」は、日本のテーマパークの入場者数ランキングで常に1位ですが、世界ランキングでも1位のアメリカのフロリダにある「ウォルトディズニーワールドリゾート」に続いて2位にランクしています。

フロリダのウォルトディズニーワールドは、桁外れの大きさで一つの街になっています。

4つのテーマパークに分かれ、「ダウンタウンディズニー」というショッピングがメインの街があり、バスで行くことができようになっています。

直行便がなく、遠いので、日本人も少なく、英語だらけで知らないアトラクションもたくさんありますが、雰囲気だけで楽しむことができます。

規模がケタ違い

アメリカのディズニーランドと日本のディズニーランドの最大の違いは、敷地面積です。

東京ディズニーランドは、ディズニーシーと合わせても東京ドームに換算すると21個分程度の大きさですが、米国のディズニーランドはなんと東京ドーム2500個分という桁違いの規模です。

この広大な敷地に様々な施設を備えており、「1週間では遊び尽くすことができない」と言われる程、内容の濃いテーマパークになっています。

また、ディズニーリゾートの近くにある都市はウォルト・ディズニー社が造った街で、有名な建築家が設計した建物とごみ一つない環境づくりを徹底し、街全体が非常に美しく、ディズニーランドの延長のように感じられます。

一度フロリダの「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」行くと「やみつき」になると思いますよ。それほど最高です。

カリフォルニアの「ディズニーランド・リゾート」

パレード

東京ディズニーランドに比べて、カリフォルニアの「ディズニーランド・リゾート」のショーは火薬の量が多く華やかに見えることもありますが、基本的には大きな違いはありません。

日本にあったりなかったりする物もありますが、開園からもう60年も経つので、日本よりも古い施設が多いです。

日本とカリフォルニアで最も大きく違うのは、キャストとゲスト大らかですね。
悪く言えば「大雑把」と言ってしまえばそれまでですが、キャストがガムを噛みながら椅子で足を組んでオペレーションしていたりします。

また、「パレードの最前列はここです」って案内されて座ってたのに、「ごめん!間違いです!もっと下がって!」みたいなことも普通にあります。

パレードで子供たちが楽しくなって最前列の線を少し超えてもゲストもキャストも、誰も文句や注意する人はいません。

危険なことがない限り楽しむことが優先でゆったりとした感じです。

また、高齢者のキャストも多く、勤務中でも、足が悪いのでその人だけの椅子が用意されており、車椅子に乗ったダンサーがいるなど、日本より自由度の高い感じです。

日本の場合、キャストがしっかりマニュアルに沿ってる感じがありますが、日本とおもてなしの方向性が違いを感じますが、これは好みの問題になります。

日本のキャストのおもてなし精神は本家よりすごい

日本のディズニーに慣れていると、アメリカのキャストさんは大雑把に見えるらしいです。

自分から聞かないとキャストさんは答えてくれないみたいです。

敷地の大きさには絶対に勝てない日本のディズニーランドですが、これだけは負けてないと言えることは、「キャストの質」です。

日本のディズニーランドのキャストは、「おもてなし」の心を大切にし、常に相手の立場に立って、ゲストのために積極的に動くことを実践しています。

また、ここが「夢の国」であることを絶対に崩しません。日本とアメリカのどちらのディズニーランドも行ったことがある人なら、このおもてなしの心を誰もが感じると思います。

お土産の違い

まず、アメリカにはお土産という文化がないので、自分のために何かを買うような感じです。

したがって、人にプレゼントしやすい物が売られているのは日本、自分用のものが販売されているのがフロリダの「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」です。

よく売れているのはキッチン用品、衣類、人形、お菓子、子供用のおもちゃや、レゴ、バスタオルなどです。
お土産に手頃なストラップやキーホルダーなど、ほとんど置いていません。

ということで、お土産は日本が種類も豊富でお土産も充実しているかのように感じるでしょう。

日本のように小分けできるようなお菓子はなく、そのような細かい配慮は日本特有の文化かもしれませんね。

一緒に読まれている人気記事
ディズニーに5月に行くなら服装は!?気温と天気はどうなの!?

まとめ

いかがだったでしょうか。
日本とアメリカのディズニーランドの違いについてざっくりですが解説してみました。

アメリカまで行かないといけないので簡単ではではありませんが、一生に一度位は機会を設けて、是非アメリカのディズニーランドへ行って楽しんでみると良いでしょう。

「そういうことだったのか」と違いを体で体感することができますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする