頼む前に知りたい!浴衣のクリーニングの日数はどれくらいかかる

浴衣

いよいよ暑くなってきて、浴衣を着るシーズンが到来しましたね。

夏祭りや花火大会など、昨年着た浴衣をそろそろ出そうかな、と思っている方もいるのではないでしょうか?

でもいざ浴衣を出してみると、無かったはずのシミが…!となったり変なニオイがする…という場合、クリーニングに出せば、どのくらいで戻ってくるのか?と気になりますよね。

浴衣のクリーニングは、平均的には1週間~1ヶ月かかるのですが、中には宅配クリーニングでは5日間ほど、全国クリーニングチェーン店では3日間ほどなようです。

浴衣のクリーニングの日数について詳しく説明しますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もし浴衣をクリーニングに出したら仕上がりまでに何日かかるの!?

浴衣をクリーニング出す

全国クリーニングチェーン店だと、洋服で即日仕上げがあったり、翌日お渡しOKというところも多いですよね。

でも浴衣は、洋服と違い生地がデリケートなので、そうはいきません。

以下でお店ごとに見ていきましょう。

ネクシー(宅配クリーニング)

日数は、最短で3日間、通常で5~10日間で受け取りからお渡しまで済ませられるようです。

利用料金が\3,500以上になると、送料もかからないので、他にクリーニングしたい服があれば一緒に送ってもいいですね。

ネクシー

リネット(宅配クリーニング)

最短のプレミアム会員だと5日間、通常会員でも7日間で受け取りが出来るようです。

こちらは、初回利用の方は送料無料だったり30%オフで利用出来たりするので、初めて宅配クリーニングを利用する方にもオススメです。

リネット

白洋舎(全国チェーン店)

日数は、浴衣は何日間かかると明記はしていません。
ただ、シミなど特にトラブルが無ければ、最短で3日間ほどで戻ってくる場合もあるようです。

また、白洋舎は創業明治39年ということもあり、着物の洗浄の知識も経験も長けています。

そのため、着物の洗い張りや仕立てなども取り扱っているので、大事な浴衣はきものクリーニング「きもの和洗(やわらぎ)」というコースで申し込んでみてもいいですね。

白洋舎

お急ぎのアナタ必見!浴衣のクリーニング超特急仕上げならこのお店!

浴衣のクリーニング

これまでを見ると、最短でも3日間ほどはかかるようですね。
でも、どうしても明日明後日の花火大会や夏祭りに間に合わせたい!という方もいますよね…

次の日に受け取りが出来るお店は、なかなかありませんが、次に紹介するお店は翌日仕上げも受け付けているようです。
ホームページ→トーア復元研究所(https://laundry-490.business.site/)
ブログ→トーア復元研究所アメーバブログ(https://ameblo.jp/929-si-wataru/entry-12279634897.html)

紹介するのは、都内に3店舗( 東大島・船堀・新小岩)を構える、トーア復元研究所というところです。

ここは電話をして宅配便で送れば、超特急で期日までに仕上げてくれる「浴衣の超特急仕上げ」をやっているそうです。

今年はこの浴衣の超特急仕上げに関して記述がないのでわかりませんが、浴衣をくまなくチェックしてくれてシミ抜きもやってくれるみたいですよ。

気になる方は、連絡してみて下さいね。

浴衣をクリーニングに出す時の大事なチェックポイントとは!?

浴衣2

ちなみに、街のどのクリーニング店でも、たいがい浴衣は扱っているかもしれませんが、安ければいいというわけではないんです。

洋服をクリーニングに出すと、ドライクリーニングされるのですが、それは浴衣には向きません。

ドライクリーニングとは、油(石油のようなもの)で洗うので、油性の皮脂汚れや化粧品等の汚れには向きます。

しかし、汗や食べ物などの水溶性の汚れは油では落ちないんです。
それをよく知らないクリーニング店に出してしまうと、時間が経った後にシミになってしまうことがあるんです。

せっかくわざわざクリーニングに出したのに、シミが出来てしまったら嫌ですよね。

そのため、浴衣は汗抜きを必ずしてくれるところでクリーニングを出しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
浴衣のクリーニングは、宅配クリーニングがお手軽でオススメです。

楽天などのサイトでも、和装専門店が行なっている浴衣クリーニングがたくさんあり、また送料もかからないところもあったりと、お得に利用出来るところが増えています。

ぜひクリーニングの受け取り可能期間・仕上がりなど優先順位をつけて、それに合ったお店を探してみて下さいね!