布団のダニを除去したい!簡単に駆除できる効果的な方法!

ダニのイメージ一年を通してアレルギーに悩んでいる方はたくさんいます。
ハウスダストやダニが原因によるもので、その中でもダニが原因となっているものがダニアレルギーです。
ハウスダストと違い、生きてますから常に移動しており退治し難くくなっています。

布団のダニ退治は一度やってしまえばOKというものではなく、年間を通して定期的に行なう必要があります。
ですから、長期的に続けるには、お金をかけずに簡単にできることがポイントです。

そこで今回は、簡単にできる布団のダニの除去の方法について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一般的な方法である布団干しについて

布団干し一般的にどの家庭でも行われている方法が布団干しです。
その目的はそれぞれの家庭によって少し違うと思います。

布団は寝ている間に汗を吸い取ってくれます。
その汗などの水分を乾かしたい方、日に当ててふわふわにしたい方、ダニ退治を目的にしている方などがいると思います。

乾かしたり、ふわふわにしたい目的ならOKだと思います。
ですが、ダニ退治を目的としている場合はちょっと注意です。

なぜなら、布団干しではダニはほとんど死滅しません。
日にあたっている面は50℃くらいまで温度上昇しますが、ダニは温度の低い反対側に逃げてしまいほとんど効果がないと言われています。

布団干しは乾燥目的の気休め程度にとらえておきましょう。

夏場に使える必殺技

炎天下の自動車

そこで使えるダニ退治の必殺技を紹介します。

ダニが死滅すると言われる50~60℃を長時間維持できる方法として、夏場の自動車内があります。

夏場の自動車内の温度はかなり高温になり、50~70℃位まで上昇します。
ダッシュボードや窓際については70℃にまで達します。

この自然のエネルギーを使わない手はありません。
この方法なら50~70℃位を維持できます。

やり方としては、布団を車内に入れて、ハンドル、ダッシュボードの上に布団の先端を持って行き、フロントシートのヘッドレストに乗っけて、リヤシートか、届くのであればリヤシートのヘッドレストへ架けます。

この方法であれば、ベランダに干すようにひっくり返す必要もありません。
1~2時間も車内に放置すれば布団の内部まで高温になりダニは死滅してしまいます。

簡単にできて、しかも無料でできるので電気代もかからず、一番お勧めの方法です。

予算が許すなら試したいもの

布団乾燥機

布団乾燥機布団乾燥機が活躍するのは、雨の日や湿度の高い日だけではありません。
布団乾燥機ならいつでも布団をふわふわに乾燥させることができます。

また、最近では日本にもどんどんと流れてきているPM2.5も体内に入ると非常に危険な物質として知られています。
これらの汚染物質は外干した布団や洗濯物に付着して家の中に侵入します。

外出時にマスクをする場合は、幾らか防げますが、家の中ではマスクはしないですよね。
ですから、外干しは控えて布団乾燥機を使用することを強くお勧めします。

本題に入りますが、布団には多くのダニが潜んでいるといわれています。
ですが、汚染物質の懸念や日に当ててもほとんど効果がない日干しに変わって対策できるのが布団乾燥機です。

布団乾燥機を購入する場合には、ダニ対策機能が付いているもの強くお勧めします。
ダニは、通常50〜60度程度の温度が60分程度続くと死滅するといわれます。

ですから、布団乾燥機のダニ対策機能では、約60度位の温風が出るものが多く、そこで1時間以上乾燥させておくと、布団の中のダニも死滅するという訳です。

しかし、布団乾燥機の60度の熱が直接届かない布団の隅に逃げるダニもいるので、ダニ対策としては、たたみ方を変えるなどして、しばらくの間続けることをお勧めします。

また、ダニは湿度が高いと繁殖し易いですから、夏などは特に慎重に行う必要があります。

布団乾燥機についているダニ防止機能で、生きているダニに関しては高温で死滅させられますが、アレルギーの源としてのダニの被害は、ダニの死がいやフンも含まれます。

この布団乾燥機のダニ対策機能でダニを死滅させるだけでは、ダニのアレルギーにはあまり効果がありません。

この機能を使用して、ダニを死滅させた後、掃除機で死がいフンを取っておくことが大切です。 家電量販店やネットで、布団のダニを吸い取ってくれる専用ノズルが販売されています。

布団乾燥機のダニ対策機能で死滅したダニや、弱ったダニなら簡単に吸い取れます。
ノズルだけを購入すればよいので、負担も大きくないと思います。

ダニ対策には布団乾燥機、掃除機の両方の使用をお勧めします。
効果が倍増するアイテム
↓↓↓
布団用Smart-Style UV除菌クリーナーヘッド

防ダニ寝具

ダニ対策として寝具に防ダニ加工されているものがあるのを知っていますか?
「ヤマセイ」という会社が販売している寝具で、防ダニの特許を持っています。

布団からダニアレルゲンを出さない新しい布団です。
既に10年以上の実績があり、7万世帯ものユーザーをもっています。
「ヤマセイ」の布団はダニだけでなく、カビなどにも効果があります。

防ダニ加工の寝具は、いろいろな種類をリリースしており、布団、枕など、寝具に関連するもの全てをカバーしています。

その商品名は「ダニゼロック」といいます。綿100%布団、薬品などを使用せず、安全性・利便性を最優先に考慮した製品です。2年間使用しても、完全にダニが発生しないばかりか、ホコリも75%減少させる実績があります。

布団、枕のセットで使用すれば、ダニ対策は完璧にちかいものとなるでしょう。
ダニゼロックは1988年に開発され、生きているダニ以外にも、ダニの死がいやフンなどのアレルゲンを遮断する優れた布団です。

和敷用のセットが5万円代~あるので予算が許せる人は検討しても良いでしょう。
からだにやさしい防ダニ寝具専門店ヤマセイ

ダニ退治のまとめ

布団ダニ退治の方法として、夏場の車内を利用する方法や、布団乾燥機を使う方法を提案してきましたが、それだけでは完璧ではありません。
最終的な仕上げとして掃除機でダニの死がいやフンを吸い取る必要があります。

通常の掃除機のノズルでは衛生的にも良くないので、布団専用のノズルを使用します。
安いものですと1,000円~から購入できるので、気軽に試すことができます。

日差しの強い夏場は車内で対策し、日差しの弱い冬場は布団乾燥機を使い分けると良いでしょう。
いずれの方法も、試したあとは掃除機で吸い取ることは必須ですので必ず行いましょう。

これらの対策を1~2周間に一回程度行えば、ダニは目に見えて激減しますよ。