結婚話が進まない!言い出せない男性心理と話の切り出し方は!?

新郎新婦

付き合っていてそろそろ結婚…と考えているあなた。

でも、男性の方からはなかなかプロポーズしてくれなくて、ヤキモキしていませんか?

そもそも、男性は家庭を持って落ち着きたい・子どもは何人欲しい等と言う現実的なことからはできれば逃げたい、いつまでも恋人同士の間柄でいたいと考えているようですね。

また、いざ結婚となると、プロポーズや親への挨拶、結婚式を挙げるまでのプロセスが重くのしかかっているのかもしれません。

おまけにここ数年、どんどん遅れている結婚時期や一生独身で良いと考えている人たちが増えているので、あなたの彼がどういう考えを持っているのか、それとなく探る必要がありますね。

そうは言っても女性から結婚話を切り出すのはちょっと…と思っていませんか?

ホントに彼と結婚したいのなら…結婚話を進めたいのなら、男性から言ってくれるのをただ待っているだけではダメですよ!

男性心理を知って、あなたが結婚に導きましょう!

今回は、結婚話が切り出せない男性心理と話の切り出し方について説明いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結婚話を進めない男性の心理って!?待ってるだけじゃ進まない!

ウエディングケーキ

先にも書きましたが、そもそも男性の多くが彼女は欲しい。でも、結婚は…というような責任を持つことを嫌がる傾向にありますよね。

しかし、中には早く結婚したいけど、言い出すきっかけや勇気がなくて言えずにいる男性もいます。

あなたの彼が前者ならば、あなたがグイグイ結婚まで引っ張って行くしかありません。

あなたの彼が後者ならば、それはあなたにも原因があります。それとなくきっかけを作ってあげればいいのです。

あなたの彼は、どちらのタイプですか?あなたはそれをちゃんと知っていますか?

結婚話の前向きになる切り出し方!未来に進もう!

チャペル

とりあえず、前者のタイプの場合は、結婚する気になるのを待つか、諦めるかですから、今回はアドバイスもできません。

あなたの彼が後者のタイプの場合だと信じているなら、結婚話をあなたから切り出して一歩前に進みましょう。

プロポーズの言葉やシチュエーションには目をつぶって、あなたの未来の幸せのために努力しましょう!

あなたの彼が言い出すきっかけや勇気がなくて言えないのであれば、あなたの誕生日やバレンタインデー・クリスマス・〇〇記念日を活用しましょう!

みんな不意打ちには弱いものです。あと何回一緒に祝ってくれる?などと聞いてみると、結婚する気があればその答えは明らかです。

彼もきっかけを探してくれていたのなら、その日のうちに話はスムーズに進むに違いありません。

そうなれば、あとはあなたの出番です。なるべく彼が結婚は面倒だと感じさせないように、あなたがフォローしましょう。

結婚話のスムーズな進め方!男性にも協力してもらおう!

結婚リング

まずは、両家にそれぞれが挨拶しなければなりませんね。よくドラマで見かける「お嬢さんと結婚させてください。」というフレーズは親世代ならほとんど経験があると思うので、あなたのご両親が
彼のことをよほど嫌いでない限り、難なく終えることができるでしょう。

あなたが彼のご両親に挨拶に行く時も、結婚してくれるだけでうれしいものです。

よほど格式高い家柄でもない限りは、ニコニコしているだけで、無事に終えてしまいます。

両家の挨拶というのもあります。どちらかの家でというよりは、ホテルやレストランなどの個室で食事を一緒にすることが多いです。

ここまでで、両家の親が何も言わなければ、結婚話は8割がた進めたと言っていいでしょう。

あとは、結納はどうするか?挙式や入籍の時期、新婚旅行、新居など次から次へとベルトコンベアーに載ったように、しなければならないことがやってきます。

「2人で楽しみながら準備してください。挙式の時のケーキ入刀が初めての共同作業です。」
と司会がよく言いますが、挙式の前から新郎新婦になる2人は協力しあって、その日を迎えるための準備をするのです。

入籍だけで良い。という2人でも、その日は記念すべき1日なので、心に残る日にしてください。

一緒に読まれている人気記事
結婚式の父親挨拶に使える例文集!感動を届けよう!
結婚式の出席をキャンセル!?お詫びと理由を伝えたい!
結婚式のご祝儀って金額はいくらぐらい!?友達の場合は相場は!?
厄年に結婚は大丈夫なの!?厄落としになるって本当!?
行きたくない結婚式の断り方!言い訳に使える例文集!

まとめ

新郎新婦2

結婚というのは、一生の中でも自分で決めて人生を変える最大の選択です。できれば失敗はしたくないですね。

結婚しないという選択もありますが、私は聞かれたら一度は経験してみたらといいます。

失敗を怖がって尻込みするより、やってみてダメだったらそのとき考えればいいです。

それは、あなただけではなく、彼にも同じことを言いたいです。
独身の時とは全く違うことばかりですが、未来の幸せを考えて決めたことです。

人生を楽しむために今こそ一歩踏み出して幸せをつかみましょう!

あなたと、彼の結婚がうまくいきますようにお祈りしています。