ピアノの処分費用の相場は?無料で処分できる方法があるの知っていますか?

ピアノ

あなたの家には使用していないピアノが置いてありませんか?

または、ピアノが壊れてしまって、どうすればよいのかわからずに、家の中に放置したままという人もいるかもしれません。

このように、使われなくなったピアノはどのように処理すればよいのでしょうか。

そこで今回は、使わなくなったピアノの処分費用を無料にできる方法について解説します。

スポンサーリンク

一番おすすめの処分方法

古いピアノ

大切に使ってきたピアノは簡単には捨てられませんよね。
買取業者に買い取ってもらえれば、ピアノが再生されて新しいオーナーの元で活躍することができます。

傷んでいるものはリペアされて、しっかりと調律も行われ美しいピアノに生まれ変わればエコにもなります。

買取り業者に査定してもらう

ピアノ買取業者に査定してもらい、場合によっては高値で買い取ってもれえる場合もあります。

全国には数多くのピアノ買取業者がいます。ということは、それだけ需要があるという事にもなります。
最近のインターネットの普及により、ネット上で一括査定が行えるサイトの数も増えてきました。

たとえ査定額がつかなくても、無料で引き取ってもらえる場合もあるので、試してみる価値は十分にあります。

ただし注意があります。買取業者によっては、査定に来たときに、出張費や引き取り費用を請求してくる場合もあるのです。
全て無料で見てもらえるのか事前に確認しておかないとトラブルの原因になります。

ピアノ売却の流れ

まず、売却するピアノの情報を事前に確認しておきます。

ピアノ買い取りの際に必要な情報はするたびに聞く情報は「製造メーカー」「製造番号」「ペダルの本数」の3つです。
ほかに設置場所を聞いてくる場合もありますが、それは買取業者によって異なります。

最近ではほとんどの業者がインターネットのWEBサイトから依頼できるようになっています。
また、少しでも高く買い取ってもらいたい場合は1社の業者だけでなく、複数の会社に頼んだほうがいいでしょう。
ピアノ査定を複数の業者に一括して依頼できる便利なサイトも増えてきています。

ピアノの査定金額には幅があり、会社によってかかる経費も違ってきます。

どこに売るかが決まると契約書を交わして、後日専門業者がピアノを引き取りにきます

引き取りの際は、すべての専門のスタッフが行なうため、運ぶのを手伝う必要はありません。

ピアノの販売が完了すると、お金は事前に指定した口座に振り込まれるのが一般的です。
業者によっては、その場で現金で支払ってくれるところもあります。

ピアノを売る前に

基本的なことですが、買取業者に来てもらう前に、ピアノはキレイにしておきましょう。
しっかりと清掃し、ほこりなどははらっておきます。
ホコリだらけのピアノだと、買取業者に悪い印象を与えてしまいます。

また、付属品がある場合も準備しておきましょう。
買い取られたピアノは、そのままリサイクルされる場合が多く、ピアノの椅子や、トップカバー、鍵盤の上に乗せておく布なども揃えておきましょう。

買取業者にも断られた場合は市区町村に当たってみる

ピアノが買い取ってもらえないと、お金を支払って、引き取ってもらいます。
要らないものにお金が掛かるのが嫌で家にそのまま置いているという人もいるでしょう。

とにかく無料で処分したいときには市区町村などに無料で引き取ってもらえるか聞いてみましょう。
まだ十分に使用可能な場合、無料で引き取ってもらえる場合もあります。

まとめ

グランドピアノ

ピアノの査定は買取業者に電話で申し込むこともできますし、インターネットから簡単に申し込むことも可能です。

また、今すぐにピアノを処分しようと考えていない人でも、将来を考えて相場を知って、最もよい時期を知っておきたい人にもお勧めです。

どのくらいの年代のものなら買取可能なのか、メンテナンスをどのようにしていけばいいのかアドバイスしてもらえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする