スニーカーのコーデ!色に合わせて服を決める定番ポイント!

二足のスニーカー

スニーカーと言えば、靴の中でも多くの方が愛用している、カジュアルなシューズです。

そんなスニーカーですから、年齢を問わず多くの方が一足は持ってるのではないでしょうか。

また、デザインや色もいろいろありますので、それがファッションコーディネートの主役にもなります。

そこで今回は、スニーカーのコーデの色に合わせて服の決め方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

白いスニーカー

スニーカーのコーデ

白のスニーカーいえば定番のカラーですが、普段のファッションに活用していますか?

それとも、何にでも合うからと、コーデも考えずに、適当に合わせていませんか?

白のスニーカーは、どのような服にも合いますので、使いまわしが効く、とても便利なアイテムです。

また、デニムとの相性も良く、チノパンやスカート、ワンピースにも良く合います。

パンツの色ですが、ベージュ系や、黒、ブルー等、なんでも合わせられるところが、白いスニーカーのメリットです。

さらに、赤やピンク、黄色のチノパンでも難なく合わすことができますが、個性的な色のパンツの場合、トップスも白にするなど、色がケンカしないようにすることがポイントです。

黒いスニーカー

白のスニーカーは、どんな服にもあわせやすいですが、同様に黒もコーディネートがしやすい色です。

黒のスニーカーと言えば、落ち着いた年齢の大人が似合うと思います。
カジュアルでありながら、シックなコーディネートも楽しめます。

ただ、コーディネートのポイントとして、黒ばかりと合わせてしまうと、全体的に暗くなってしまうため、黒いスニーカーと合わせるトップスは白や明るいベージュなどの色バランスに気をつけるようにします

例えば、女性の場合なら白のワンピースに黒の模様が入っているものは、黒スニーカーと合わせるとすっきりとして、色のバランスもバッチリです。

ネイビー色のスニーカー

ネイビーは、一見簡単そうな色ですが、ちょっと組み合わせにコツが要ります。
無難にあわせたいのなら、淡い色のチノパンです。

春や夏などは、白系のワンピースに合わせてもきれいにコーデできますし、ネイビーは「海」というイメージがあり、季節的にもバッチリな組み合わせです。

また、多くの方が、ネイビーのスニーカーと合わせて着ているものが、ジーンズです。

色も同系色だから、ジーンズとネイビー色のスニーカーは、上手くコーディネートできていると思っている方が多いでしょう。

しかし、まったく同じ色や、同じ明るさ同士だとダサさが抜けません。

例えば、ジーンズと合わせたいのなら、濃い色のジーンズには、ブルーのスニーカー、薄い色のジーンズにはやや濃いネイビー、と言ったコーデがポイントですよ。

赤のスニーカー

赤のスニーカーの場合、これだけ見ると、どうしても派手な印象があります。

ですが、服装がシンプルであれば、以外にも目立だたずに、ワンポイントなおしゃれになります。

例えば、トップやボトムは、同系色で合わせて、シックにまとめれば、赤のスニーカーはおしゃれなワンポイントになるでしょう。

グレーやベージュなど、服の色を落ち着いた色で統一し、鮮やかな部分はスニーカーだけ、というワンポイントとして使います。

ボトムのジーンズもビンテージ風の色合いのものですと、赤のスニーカーがかっこよく決まります。

トップスは、ホワイト系や、グレー系、ベージュ系がおすすめです。
シャツやTシャツ、または重ね着なども似合いますよ。

デニム生地のスニーカー

デニム素材のものは、シックで気取らないカジュアルなおしゃれが楽しめます。

デニムのスニーカーは、他のスニーカーのように、カジュアルになりすぎないので、ジャケットなど大人の服装でも、上手にコーデ可能です。

ジャケットや、ブルゾンを羽織るときは、深いグリーンや、アースカラーなど、ダーク系の色がぴったり似合います。

そして、ボトムは濃い色のデニムを選びます。

デニム生地のスニーカーは、ベージュや、ブラウンのパンツとも相性が良く、落ち着いた色のボトムであっても、デニムスニーカーのブルーが映えるでしょう。

もちろん、ジーンズに合わせやすいスニーカーですが、色合いがかぶらないように、コーデすることが、ポイントです。

まとめ

スニーカーとジーンズ

実際、自分のスニーカーに合う服をコーデしようとするとバランスが悪かったり、太って見えたり、足が短く見えてしまう場合もあります。

何も考えずに、服やスニーカーを適当にコーデすると、ダサくなってしまいます。

本来なら、体型に関係なくかっこよく履きこなせるスニーカーなので、洋服との組み合わせや相性などのコツをつかめば思い通りにコーデできますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする