化粧筆の洗い方はこれでいいの?洗剤やシャンプーを使う!?

化粧筆4

日頃からファッションやメイクに気を遣っている人なら、誰でも1度は悩むのが化粧筆の洗い方ではないでしょうか。

特に敏感肌さんは、肌に直接触れるものなのでいつも清潔にしておきたいと思っているはずです。

たしかに化粧筆は清潔にしておかないと、すぐに雑菌が繁殖してしまい、吹き出物などのお肌トラブルを引き起こしてしまいます。

では、どのように洗ってあげるのが良いのでしょうか?

今回は化粧筆のお手入れの仕方についてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

化粧筆の洗い方と覚えたい正しい手入れの方法

化粧筆

ファンデーションに使用する化粧筆は毎日のお手入れと週に1度のお手入れの2通りがあります。

毎日のお手入れとして、化粧筆を使用したあとすぐにティッシュの上でくるくると筆先を拭き取ります。

こうすることで、化粧筆に残った粉や余分な皮脂などが落ち、キレイな状態を保つことが可能になるのです。

また、専用のケースなどに入れておく際には、化粧筆の広がりを防止するために、毛先を整えてから収納しましょう。

いつもと同じ化粧筆を使用しているのに化粧のノリが悪かったり、汚れが目立つ時が化粧筆を洗うタイミングになります。

毎日使用していれば、だいたい1週間に1度このような状態になるのではないでしょうか。

週に1度のお手入れ方法は、まずぬるま湯と洗剤を50:1の割合で混ぜます。

その後、化粧筆をなるべく金属の部分がぬるま湯に漬からないように軽く振り洗いしてください。

振り洗いが終わったら、毛先を軽く押さえるようにして洗います。
ここまで済んだら、泡が立たなくなるまでよくすすいでください。

最後に乾いたタオルなどで包むように水気を取ったら、お手入れの完了です。

化粧筆の洗い方と選びたい洗剤は!?

化粧筆2

先ほどはファンデーション用の化粧筆のお手入れ方法についてお伝えしましたので、その他の化粧筆のお手入れ方法についても紹介します。

まずリップブラシは、基本的に使用後に毎回化粧筆の根本から毛先に向かってティッシュなどで拭ってあげれば大丈夫です。
週に1回の特別なお手入れは不要になります。

チークやシャドウ用のブラシは、ファンデーション用の化粧筆と同じように、使用後にティッシュの上でくるくると毛先についた余分なメイクや皮脂を取ってあげてください。

また、時々毛先を整えるためにクシを入れてあげると良いでしょう。

週に1回の特別なお手入れの際に使用するものは、できれば化粧筆を洗う専用のクリーナーが好ましいです。

例えば中性洗剤は、皮脂汚れなどを落とす力が強くすぐにキレイにすることが可能ですが、化粧筆が傷むのも早くなります。

そのため、早い期間で化粧筆がパサパサと硬くなってしまうので、敏感肌の人には特に良くないでしょう。

化粧筆の洗い方は?シャンプーを使ってもいいの!?

化粧筆3

化粧筆専用のクリーナーが手元にない場合、中性洗剤を使用するよりもシャンプーを使用してお手入れをすると良いでしょう。

専用のクリーナーには劣りますが洗浄力も強いですし、中性洗剤よりもパサパサ感が気にならないと思います。

シャンプーを使用して化粧筆をお手入れする方法は、まず洗面器の6分目ほどお湯を張ってください。

その後、張ったお湯の中にシャンプーを1プッシュ分入れよく溶かし、その中で化粧筆を手のひらでくるくると回すようし洗います。

最後に十分すすぎ洗いをしたら化粧筆のお手入れは終了になります。

また、化粧筆の先がパサついてきたと思ったら、シャンプーで洗った後にリンスで整えてあげると良いでしょう。

方法は、シャンプーと同様にお湯の中にリンスを1プッシュ分入れよく溶かした後に、筆を馴染ませてあげてください。

この時、特に念入りにすすぎ洗いをしないと、お肌とトラブルに繋がるので注意が必要になります。

十分にすすいだ後に乾いたタオルなどで押さえるように水気を取り除き、その後日陰で干したら完了です。

このようにひと手間かけてあげることで、いつも清潔でふわふわな状態をキープすることが出来ます。

まとめ

化粧筆専用のクリーナー

化粧筆はお肌に直接触れるものなので、敏感肌さんは特に念入りにお手入れをしてあげる必要があります。

化粧をする時に毎回簡単なお手入れをしてあげるだけで、化粧のノリもびっくりするほど良くなるので、ぜひ試してみてください。

さらに、週に1回の特別なお手入れでは、化粧筆に溜まった皮脂や余分なメイクも取り除くことが出来るので、必ず行うと良いでしょう。