ビデオカメラの三脚の選び方!初心者向けのおすすめの基準を解説♪

三脚を構える男性

ビデオカメラの三脚の選び方で迷っていませんか?

始めてビデオの三脚の購入を検討している方の多くは自分の子供の運動会や演奏会の録画を考えているからではないでしょうか?

実際、イベントなどをビデオカメラで録画することは少なくないようです。
最近では、スマートフォンの性能が向上し、ビデオカメラの代わりに使用している人が多くなってきています。

ですが録画品質と安全性に関しては、ビデオカメラの方がはるかに上であることは間違いありません。
しっかりと三脚を立て、ブレのないキレイなビデオを録画しましょう。

そこで今回は、初心者の方がビデオカメラの三脚の選び方について解説してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビデオカメラの三脚の選び方

ビデオカメラの三脚といっても通常のカメラの三脚と比べてみても形状もほぼ一緒でどちらも取り付け可能なんです。

また選び方のポイントの1つとして三脚の重量があります。三脚の高さに比例して重量が重くなります。

ビデオカメラの三脚は一定の強度を保つ必要があります。

なぜなら、ブレのない安定的な映像を撮る必要があるからです。

一般的に、価格に応じて重量は軽くなる傾向にありますが、これは全てには当てはまりません。

価格の高い三脚には軽くても強度を保てる新素材が使われているのです。

また、ビデオカメラの使い方を知っている方は多いと思いますが、そこに取り付ける三脚の正しい使い方は意外と理解されていません。

もちろん、取り付け方やねじの回し方はわかっています。

三脚を使う上で重要なのは、重要なのは被写体の動きにに合わせて三脚をどう操作するかです。

三脚の正しい使い方が理解できればそれに従って欲しい選び方もわかってきます。

例えば、三脚の上にビデオカメラを乗せて、動きの少ない演奏会などとは違い、運動会には動きが必要です。

ビデオカメラには動きが大切なのです。

次はその動きについて解説します。

通常のカメラの三脚との違い

三脚を構える女性

あまり聞き慣れない言葉ですが、ビデオカメラと三脚をつなぐ部分のことを雲台と言います。

この雲台は、規格で寸法が決められていて、取り付けに関しては問題ないのです。

それでは違いはどこにあるでしょう?

わかりやすく言えば、ビデオカメラと通常のカメラの使い方の違いを考えれば三脚の選び方はおのずと分かってきます。

運動会等ビデオ撮影する場合どのように撮影しますか?

例えばかけっこの場合だとどうでしょう?

後からゴールまで走っている子供をビデオカメラで追いかけながら撮影しますよね。

つまり、三脚に取り付けた状態のままビデオカメラを動かしながら撮影するのです。

これに対して通常のカメラは一瞬のシャッターチャンスが重要です。

しっかりと手で支えておけばいいだけなのです。

ビデオカメラ用の雲台にはレバーがついており、レバーを動かすことでカメラの動きをコントロールできるのです。

ビデオカメラ用の雲台がついている三脚であれば、手ぶれのないスムーズな動きができるのです。

三脚を購入する時にはその違いを十分チェックしましょう。

そのスムーズな動きの違いに驚かれるでしょう。

ビデオカメラの三脚の価格

ビデオカメラで手持ち録画

プロが使う業務用三脚であれば、10万円を超える製品がたくさんあります。

一般的な家庭用のビデオカメラで、子どもの活躍を撮るのであれば、このような高級品は必要ありません。

もっと安価なファミリー向けの三脚で十分です。

1万円未満の商品がたくさんあります。

価格帯もかなり幅広く、千円台から1万円まで幅広く種類も豊富です。

ただ、どの三脚を選べばいいかと言う点が重要です。

選び方の基本は自分が持っているビデオカメラに取り付けられるかと言う点です。

しかし、ほとんどの場合は問題ありません。接続部分にある雲台が規格品だからです。

そうなれば、選び方は雲台の形状と価格、サイズです。

まず1番大切な事は雲台がビデオカメラで対応していることです。

スムーズな映像を収めたいなら、問題の形状は最も重要なポイントです。

ビデオカメラに対応しているかしっかり確認しましょう。

次にサイズは自分の身長を考えればいいでしょう。

身長が低いお母さんが使う三脚にはどのメーカーでも十分ですが、身長が高いお父さんの場合、高さのある三脚を使えば、中腰にならずに済むので楽に撮影できるでしょう。

価格については、1万円前後のものであればビデオカメラに対応した雲台がついている三脚を選ぶことができるでしょう。

ビデオカメラの三脚をつかうメリット

三脚のビデオカメラを操作する子供

まず第一にブレのないスムーズな映像が撮れます。

録画は素人ですから、三脚がないと後で見づらい映像になってしまいます。

ブレずに撮れることはビデオカメラの録画にとって重要なポイントなのです。

次に、三脚を使えば長時間録画をしていても疲れません。

録画時間が長くなる程、動かずにじっと撮り続けることは三脚なしではとても大変です。

女性なら腕が疲れて途中で止めてしまうかもしれませんが、三脚を使えば楽に撮れます。

さらに、三脚を使えば自分も加わって録画できることが最大のメリットでしょう。

家族全員がそろって撮られた映像を家族揃って観るのはとても楽しみですよね♪

まとめ

ビデオカメラの三脚の選び方について解説してきましたが、重要なポイントを理解できましたか?

三脚選びで押さえておくべきポイントはブレずにキレイな映像を残すことです。

そのためにはビデオカメラ用の雲台が付いている三脚を選ぶことに尽きます。

三脚はどれも同じに見えるかもしれませんが、目的に応じて少しずつ違っているんですよ。

ベルボン ビデオカメラ用三脚 ウルトラ457ビデオ Velbon