家に現れるアリ!効果的な駆除方法と侵入防止策とは!?

アリ2

暖かくなってくると、気付かないうちに家の中に侵入するアリ。

特にキッチンによく侵入してきて、砂糖の袋の中に大軍でいることがあります。
払いのけようとすると咬むこともあるので、注意が必要です。

私の家は幸いマンションな為、アリの被害はありませんが、祖母の家には出るので大変な思いをしていました。

そんな厄介なアリを自分で駆除することは可能なのでしょうか。

今回は、家に侵入するアリの駆除方法や侵入防止策について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家に現れるアリ!侵入防止には何が効く!?

アリ3

アリを家の中に侵入させない方法はいくつかあります。

まず、有名なのがミント水です。

ミントはアリの嫌がる香りがすると言われており、侵入経路に吹きかけることで、アリが家の中に入って来なくなる効果があります。

他にもゴキブリや蚊にも有効な方法なので、覚えておくと良いでしょう。

ただ、この方法は比較的小さなアリに対して効果的で、山などで見る大きいサイズのアリには効果が薄いようです。

大きいサイズのアリにも効果のある方法は、なんと輪ゴムです。

アリはゴムの臭いが苦手な為、食べ物の入っている入れ物に輪ゴムをかけることで、アリが寄り付かなくなります。

他にもアリの通り道をアルコールで拭いたり、ベビーパウダーを塗布するなど、調べてみると侵入防止策はたくさんあるようです。

そのくらいアリは私たちの身近な存在でもある、ということですよね。

また、アリの侵入を未然に防ぐために、侵入口を塞いでしまうという方法やエサとなる食べ物を置いたり、散らかしたりしないという方法も大切かと思います。

家に現れるアリの種類とその生態

ミントスプレー

家の中でよく見るアリの中に、イエヒメアリと呼ばれるアリがいます。
このアリは2mmほどの大きさで、茶色がかっているのが特徴です。

家に落ちている食べ物を好んで侵入してきます。
虫の死骸などもエサにし、自分たちの巣まで運んでいきます。

また、衣服を咬んで穴をあけてしまうこともあり、刺されると腫れてしまう人も居るほどです。

壁の奥や隙間に巣を作って棲みつくことも特徴のひとつで、巣の中には何万匹ものアリがいるため、完全に駆除するのが難しい種類のアリでもあります。

また、トビイロシワアリも家に侵入してくるアリです。
このアリは3mmほどの大きさで、つやのある黒色をした体が特徴です。

イエヒメアリ同様雑食性のアリなので、どんな食べ物でも見つけて食べます。

公園や草地を巣にすることが多いので、家の壁の中に棲みつくことはありません。
そのため、イエヒメアリより駆除しやすい種類ともいわれています。

このアリは咬みますが、刺すことはありません。
咬まれた部分が腫れるということも少ないようです。

知っておきたい!家にアリが現れる原因!

アリ

アリが侵入してくる最大の原因は、食べ物があることです。

食べ物を置きっぱなしにしていると、アリはその匂いをかぎ分けて家の中に
入ってきます。

特に果物の甘い香りに敏感で、そのままにしておくと群がってしまうほどです。
夏場はなるべく果物は冷蔵庫で保存すると良いでしょう。

また、アリは食べ物を求めて侵入してくる以前に、家に棲みついていることがあります。

イエヒメアリのように家の壁の奥に巣を作っている場合もあれば、お庭の木の亀裂の中に作ることもあります。

家の中に植物を置いている場合、その中にいることもあるので注意してください。

エサを与えることで、アリはどんどん増殖していきます。
巣を見つけたら、すぐに除去しないと大変なことになり得るので、なるべく早く対処しましょう。

対処方法は先ほどお伝えしたものの他に、市販の殺虫剤などもあります。

ミント水などで対処できない場合は、スプレータイプの殺虫剤でアリの巣穴に吹きかけてみてください。

まとめ

ケーキ

いかがだったでしょうか?

今回はアリの侵入防止策や侵入の原因についてお伝えしました。

アリは甘い香りに誘われて家の中にやって来ます。
夏場は特に食べ物の匂いが強くなるので、注意してください。

また、侵入してきたアリにはミント水や輪ゴムなどが有効になります。

これらの方法は薬品を使用しないので、家にも優しいので試してみてください。