着痩せコーデ!40代女性の鉄板は細く見せることがポイント!

コーデに悩む女性

いくつになっても、おしゃれは楽しいですよね。

しかし、若い頃に比べて40代にもなれば、どうしても体型も衰えてきます。
すると、自分の体型を隠すような服を着るようになってしまう人も多いのが現実です。

そこで今回は、40代女性の着痩せコーデで細く見せるための方法を紹介します。

スポンサーリンク

着痩せするコーデをマスターして痩せて見られたいですよね?

  • 二の腕のあたりをとくに細く見せたい
  • 足や腕は細いのに太って見える
  • 着太りでお尻が大きく見えて恥ずかしい

とても太っている訳じゃないのに服を着ると太って見えるのは嫌ですよね!

あなたが太って見えるのはコーデの仕方を間違っているからかもしれませんよ!

40代にもなると体型の衰えが現れ始めます。
そのことを意識せずに20代~30代のようなコーデをしていませんか?

また、体型を隠すような服を着ていては太って見える状態から抜け出せませんよ!
あなたの体型を活かしたコーデを少しだけ意識するだけでも見た目の印象は大分変わってきますよ。

着痩せコーデをマスターするメリット

  • 周りから若く見られる
  • 少し若目の服にも挑戦できるようになる
  • パートナー(夫、恋人)に喜ばれる

細く見せるための着痩せのテクニック

黒を上手に使う

黒い服は締まって細く見えます。
黒は輪郭がはっきりしているので、体のラインを引き締めて見せてくれます

しかし、全身黒でまとめてしまってはいけません。
ポイントとして別の色を入れたり、黒であっても女性らしさを引き出し、かわいくまとめることが大切です。

次に黒、青、濃紺などの寒色は痩せて見える効果がああリ、引き締まって見える効果が期待できます。
でも、インナーが黒で、アウターに白のような膨張色だと逆に着太りして見える可能性がありますので注意をして下さい。

引き締まっている部分をあえて見せる

体の引き締まっているカ所を敢えて見せるようにするテクニックです。
「首元」「足首」「手首」を見せるようにすると、痩せて見えるように着こなせます。

レディース服を選ぶ際には、これらの部分を隠さずに見せるような服を選ぶようにしましょう。

例えば首元にハイネックのような詰まっているものを着ると太って見えます。
さらに、手首や足首を隠しているだけでなんだか寸胴型に見え、ぼってりした印象を与えます。

首元はオフタートルやVネックの服を着れば、痩せて見えますし、7分丈のトップスを着て、手首を見せるだけでも大分変わってきます。
さらに、クロップドパンツのように足首を見せるようにすれば、より細く見えるようになります。

足首を見せている時には、少しヒールのある靴を履くことで、より細く見えるようになると思いますよ。

肌の見せ方に気をつける

ちょっと考え方を変えてみて、今持っている服を活かして肌の見せ方を変えるだけでも着やせ効果が期待出来るんですよ。

よく言われているのは、首元や足首、手首を見せることで全体のバランスを出して切した印象を与えるというテクニックもありますが、これは体型によっては逆効果になる可能性もあるため注意が必要なんです。

体の割に手足が大きいという方の場合、関節も大きいという特徴があり、この関節部分を見せないようにすることで着痩せ効果があります。

薄着になる季節には難しいですが、手首や足首を隠すことで関節が目立たなくなって全体的なバランスが取れてスッキリ見えるようになります。

隠しすぎない事

自分の体型にコンプレックスがある場合、この部分を隠してしまう方をよく見かけます。

お腹が気になるからといってチュニックを着てみたり、上半身が気になるからといって、大きめのTシャツを着てみたりしていないですか?
このようなレディース服はデザイン的にも可愛いのですが、かえって太って見える場合が多いんです。

あもちろん、ぴったりしすぎてしまうと逆にお肉が目立ってしまいますが、程よくジャストフィットしたサイズを選べば問題ありません。

また、上半身を軽く見せたいならもう下半身をタイトにまとめ、逆に上半身をタイトにまとめたいなら下半身を軽めに見せるなどして体型に合わせたスタイリングが有効です。

コンプレックスがあるからといって、その部分を隠しすぎずにメリハリを持たせることによって着痩せしてみせるように工夫することが大切なのです。

薄着時期の色合い

痩せて見える服のカラーは、明るめの膨張色より暗めの寒色系の服を着たほうが着やせ効果があります。

ですが、薄着の季節には明るめの服を着ることが多いし、黒系はちょっと重すぎますよね。

そんな時こそ、組み合わせを考えることで着痩せ効果を狙えます

上半身引き締めて見せたいのであれば、上半身に寒色系にして、下半身は明るい色にする。
逆に下半身の引き締めたいのであれば、その逆のコーディネートにすれば着やせ効果が演出できます。

また、暗い色を選んだ方が着痩せできるからと言って、黒を単純に選んでしまうのは避けましょう。

痩せて見えるコーデをしようと思って、全体的に黒や紺色などの寒色でまとめるのではなく、爽やかに軽さを出すような明るい色も取り入れていくことが薄着の季節の着痩せテクニックのポイントです。

痩せて見える服を選ぶポイント

チュニック痩せて見える服を選ぶ場合、コンプレックスを隠そうと大きめの服を選ぶより体のサイズにピッタリの服を選んだほうが痩せて見えます。

また、服の素材として、軽めの生地、例えばサテンやオーガンジー等のフワッとした素材であれば痩せて見える服として最適です。

次に、痩せて見える服の形として、ウエストのラインが見えるもの、手首や首元が見えるようなタイプ、スカートなら太ももが隠れるフレアースカートのようなタイプを選ぶようにします。

特に、太っているというコンプレックスを気にして、大きめの、ゆったりした服を選ぶ人もいますが、これはかえって逆効果で太って見えてしまいます。

ウエスト部分については少しでも細くくびれている方が痩せて見えると思いますので、そうしたものは積極的に選ぶようにしましょう。
特にチュニックなどは太って見やすいので、着痩せを考えながら注意しましょう。

一緒に読まれている人気記事
街コンの服装で女性に着て欲しいコーデの鉄板はコレよっ!
合コンの服装で失敗しない女性の定番コーディネート!
婚活パーティーの服装!女性のコーデの鉄板はコレで決まり!
結婚式のお呼ばれドレス!30代・40代女性の定番コーデ♪
30代後半女性の婚活!結婚するなら一番若い今が始めどきです♪

まとめ

横縞の服着痩せている人や、着太りする人がいるのではなく、身につける服のコーデによってそのように見えるのです。
自分の体型と向き合って、一つひとつ気になった服を試着して自分の着痩せコーデを見つけましょう。

そして、更衣室の中では、客観的に自分の体型を見られないため、試着の際は必ず更衣室から出て離れた距離から鏡を見ましょう。

最後に、着痩せコーデの大切なポイントは、自分の体型に合った服装をすることです。
それができていないと、たとえ細い人でも太って見えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする