幼児体型の治し方!ポッコリお腹を改善して女性らしいスタイルになる方法♪

幼児体型を気にする女性

幼児体型で悩んでいませんか?

  • 下っ腹がポッコリ出て気になります。
  • 体型がまるでキューピーみたいです。
  • 胸よりお腹が出てる体型がコンプレックスです。

幼児体型で悩んでる方の多くはこのような悩みを抱えているようです。体型の悩みは年頃の女性にとっては非常に深刻です。

ポッコリお腹を改善して女性らしいスタイルになれたら嬉しいと思いませんか?

そこで今回は、幼児体型の治し方について解説していきます。

スポンサーリンク

幼児体型のデメリット

キューピー

「このままだと一生水着を着たくないです。」

これは幼児体型で悩んでいる女性が抱えている深刻な悩みの1つです。

幼児体型のコンプレックスを持ってると人前で薄着になるのが苦手である場合が多く、特に水着に関しては「一生着たくない」と思っている女性も少なくありません。

女性であれば、そのような気持ちになるのは当然のことでしょう!

また、男女の出会いに関して言えば、見た目が全てではありませんが、見た目の第一印象でナイスバディな女性と幼児体型の女性を比べた場合、答えは火を見るより明らかですよね。

はじめて出会う方との第一印象はとても大切なものです。
相手の性格や内面を知らない当初は、最初の第一印象で判断されてしまうのは仕方のないことでしょう。

男女の出会いについて言えば、幼児体型はマイナスにはなったとしてもプラスにはならない場合が多いのではないでしょうか。

幼児体型が改善した場合のメリット

幼児体型が改善すると女性らしいメリハリのある体型が手に入ります。

すると、ファッションの幅が広がっていろいろなデザインの服が着らんれるようになります。

するとそれに合わせてメイクも可愛らしいメイクに挑戦できるのではないでしょうか♪

このように幼児体型が改善され、見た目が良くなると自分に自信が持てるようになります。

自分に自信が持てるようになると行動もアクティブになり、初対面の異性からも好印象です。

幼児体型というコンプレックスがなくなって自分に自身が持てると、異性関係はもちろん、職場での上司や同僚との人間関係も円滑になること間違いありません!

幼児体型の原因

幼児体型というのは一般的にバスト、ウエスト、ヒップにメリハリのない体型のことをいいます。

一般的に体型のメリハリは女性ホルモンの分泌によって成長とともに自然に解決される場合が殆どです。

また、幼児体型に見える最も大きなウィークポイントはポッコリお腹でしょう。

ポッコリお腹の原因はお腹に脂肪が多く付いている、もしくはインナーマッスルと呼ばれる筋肉が弱いために内蔵下垂となっている可能性があります。

ポッコリお腹の原因はこれらのどちらか、もしくは両方が原因となっている場合が多いようです。

次に幼児体型の治し方について具体的に見ていきましょう。

幼児体型を改善する方法とは?

女性のウエスト2

幼児体型は遺伝的な要素や、日頃の日常生活の影響が少なくありません。遺伝的な要素が影響している場合はどうしようもありません。婦人科を受診することをおすすめします。

しかし、日常生活や普段からの癖が影響している場合は、それを見直すことによって幼児体型を改善することができます。

それでは幼児体型を治す方法を見ていきましょう。

日常生活といってもいろいろですが、基本的には食生活と睡眠、適度な運動です。

毎日、栄養バランスの取れた食事を摂る

「胸やお尻の発達」には、女性らしい体型の発育必要な女性ホルモンは必須です。

そして、その女性ホルモンに似た働きをするのが「大豆イソフラボン」と呼ばれる成分で、大豆から作られる食品で摂取できます。

しかし、こればっかりに目がいくと他の栄養素の不足がちになり、逆にホルモンバランスを崩しかねませんので肉や魚、野菜や海藻類などのバランスよく摂取することが大切です。

また、大豆イソフラボンはサプリメントでも摂取可能ですが、摂取のしすぎによる弊害も否定できないため、普段の食事から摂取することが安全でしょう。

十分な睡眠をとる

成長ホルモンなどは夜寝ているときに多く分泌されます。
しかし、ただ浅い眠りで長時間眠っても意味がなく、しっかりと熟睡することが大切です。

適度な運動を行う

体の熱を作るためには筋肉必要です。ウォーキングなどの適度な運動で筋肉つけて新陳代謝が悪くならないようにしましょう。

新陳代謝が良くなるとまするホルモンもしっかり分泌されるようになります。

部屋着に注意する

家の中ではリラックスした格好でいたいですよね?

でも、幼児体型が気になるなら、ジャージやスゥエットなどのウエスト部分がゴムで伸び縮みする服を着る回数を減らしてみるのはどうでしょうか?

ウエスト部分がゴムだとウエストのサイズに制限がありませんから食べた分だけどんどん太くなっていくのは避けられません。

ジャージなどであれば、中に通してあるヒモを締めてウェストサイズを意識するようにしましょう。

女性ホルモンが足りない場合も!?

生理が始まることによって女性ホルモンが活発に分泌されます。

生理不順や18歳になっても生理がない場合は女性ホルモンの異常が考えられます。
そのような場合は自分であれこれ試すよりも、まずは婦人科を受診してみましょう。

ポッコリお腹を解消するためのエクササイズ

女性のウエスト

ポッコリお腹の原因は、内蔵下垂といって内蔵が下がってしまうことによりポッコリお腹になっている可能性もあります。

これは、人間の進化の過程で二足歩行を始めたことによる弊害です。

痩せている方でお腹がポッコリの方はほぼ内臓下垂の可能性が高いです。
内臓下垂は「胃下垂」とも言われます。

インナーマッスル(深層筋)を鍛える

内臓は普通に生活していて、下がってしまってもなかなか気づきません。
食事をして下腹部がポッコリする方は内臓下垂の可能性が高いでしょう。

痩せている日本人女性の3人に1人は内臓下垂と言われています。

また、一般的に「腹筋」と呼ばれているトレーニングでは、「腹直筋」という筋肉が鍛えられます。

内臓下垂の改善には体の深い部分にある筋肉、「腹斜筋」や「腹横筋」と呼ばれる筋肉を鍛えてあげる必要があるんですよ♪

そんな内臓下垂ですが、改善する事は可能です。
お腹の深い部分の筋肉であるインナーマッスル(深層筋)を鍛えれば内臓は正しい位置に戻ってくれます。

それも日常生活の中で簡単にできれば嬉しいと思いませんか?
いつでも、どこでも簡単にできる方法があるんですよ♪

それでは具体的なエクササイズを紹介します。
ドローインという呼吸法を用いたエクササイズです。

<ドローインの方法>

  1. まっすぐ立った姿勢で胸を張ります。
  2. お腹を凹ませながら、大きく息を吸い込みます。
  3. ゆっくり息を吐きながら、お腹をさらに凹ませましょう。
  4. この状態を30秒間キープします。
  5. 1~4を10セット繰り返します。

最初はキツイはずですから、無理せず2~3セットから始めていきましょう。

個人差もありますが、一週間も続ければ効果が現れ始めるはずですよ!

まとめ

幼児体型の治し方について見てきましたが、女性ホルモンの分泌異常が原因である場合を除いて、努力すれば自分でなんとかできそうですよね!

食生活や睡眠を正しく行い、ウォーキングなどの適度な運動を取り入れ、ポッコリお腹を改善するためのエクササイズを行うだけで幼児体型が改善するのであれば挑戦してみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

お金をかけずに普段の生活をちょっと意識するだけでできることばかりなので、これを読んだあなたは今すぐにでも始めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする