家を建てる土地探し!購入するときの問題と注意点!

土地探し

結婚や、親からの自立で新しい家を建てたいと考えている方は多いことでしょう。

そして、家を建てる場合は土地が必要になります。

そして、その土地は自分にとって良い土地でなければなりません。

そこで今回は、家を建てる土地探しについて解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家を建てる為の土地をお探しですか?

家を建てる年齢になってきたら、土地探しを検討しましょう。

もちろんマンションと言う選択肢もあるでしょうが、何かと自由の利く一戸建てを立てるつもりで貯蓄を始めるべきでしょう。

また、土地探しの条件と言うのは住む地域によって違ってきます。

関東地方のように人口密度の高い地域では坪単価も高いので地方に家を建てることを考えるべきでしょう。

土地と言うものは、どんな土地でも買えると言うわけではなく、基本的に不動産会社が提供している土地を買うことになります。

きれいな四角や長方形の形をした土地ならあまり考えなくてもいいかもしれません。

しかし、そこに建てる家をイメージしながら土地の広さを考えてみましょう。

不動産屋んに直接問い合わせる

インターネットには多くの不動産情報が掲載されており、簡単に多くの物件を探すことが可能です。

しかし、直接、不動産業者に問い合わせた方がいい土地が見つかりやすいと言われています。

不動産屋さんに新しい物件の情報が入ってきても、インターネットに掲載されるまでにはタイムラグがあるため、直接不動産屋さんに問い合わせた方が生の情報が手に入ることが多く、インターネットに掲載されるのは売れ残りの土地なのでしょう。

土地探しのポイント

不動産業者を選ぶ

まずは不動産業者を選びましょう。

不動産業者というのは、土地を売ることで利益を得ており、本当の意味では土地探しをしている人のことを考えているわけではないのです。

そんなこともあり、評判の悪い不動産業者が少なくありませんから、インターネットの口コミなどでチェックしておきましょう。

信頼できる不動産業者はそこを利用したことのある友人や知人に紹介してもらうのが1番でしょう。

また、家を建てるための土地には一定の条件があり、場合によっては家を建てる条件が制限されている土地もあります。

当然このような事は不動産業者は全て理解しています。ただ家を建てる一般の人は説明を受けないとわからないことですから、
事前に予備知識を頭に入れた上で土地探しを始めましょう。

そうすれば効率的に土地探しが行なえます。

土地探しのコツ

広い土地

土地探しにはコツがあります。
先にも述べましたが、信頼できる不動産業者を見つけることです。

新聞チラシに不動産物件がたくさん書かれていますが、その宣伝に騙されないようにしてください。

新聞やチラシをチェックする際は小さな文字までしっかりと確認しましょう。売主が不利になる情報は小さな文字になっている場合があるからです。

そのため、土地の購入に関するトラブルが後を絶ちません。

それから、設計士や建築業者も同時に探しましょう。設計士が見つかると建設業者を紹介してくれる場合もあります。

土地の広さや形によって間取りが大きく制限される場合があるので、土地探しの段階から設計士に間取りを検討してもらいましょう。

それらの情報を総合的に判断して土地探しを行うのです。

いい土地とはどのような土地でしょうか

誰もが住みやすい街に家を建てたいと思うのは当然のことですが、10年後、20年後にその町がどう変化するかはわかりません。

ですから、今の家族が楽しく暮らせることを優先事項として念頭に置いておきましょう。

子供が生まれて5、6年もすると家の周りの施設もだいぶ変わっているはずです。

今と同じような生活パターンが続けられないと言うことを把握しておくべきです。

いい土地を選ぶ尺度として、通勤のしやすさが第一に挙げられますが、近くにどのような駅があるかも重要になります。

電車通勤の方ならそれでも良いですが、すべての方が電車通勤ではなく、自家用車で通勤している方も多くいます。

もちろん、子どもたちにとっては徒歩、自転車、電車ですから、重要なことは間違いありません。

将来をある程度予測する

家を建てるためには当然、土地探しから始めなければなりません。

しかも、その場所に一生住むつもりの場所探しです。

ただ、20年後に自宅周辺がどのように変化しているかを予想することは不可能です。

ですから、今の生活を前提として計画を立てればいいのです。
子どもたちが大きくなって、小学校や中学校に通う時の通学方法を検討しておきます。

土地の価格

土地の価格は時期によって大きく変化します。

もちろん、地域によっても大きな開きがあり、資金に余裕がない場合は地方で土地探しをするのです。
しかし、安ければどこでもよいということではありません。

土地の売買は古くから続いています。
それは、家を建てる人がいる一方で家を手放す人がいるためです。

つまり、家は年月とともに古くなり、立て直す必要があります。
そして、土地は人から人へと売買されていくのです。

国土交通省では、土地の価格や不動産売買情報を定期的に公表しています。
どこの地域の土地が高く、どこが安いかわかります。

そいうった情報を活用して、自分が住もうと考えている場所の土地の価格をチェックしておきましょう。

一緒に読まれている人気記事
家づくりで失敗しないために!必要な情報を正しくインプットしておく!

まとめ

空き地

土地探しは、土地の価格と家の価格を総合的に考えて決めなければなりません。

もちろん、将来のことはわかりません。

いずれにしても、資金に余裕があるなら広めの土地を選ぶことをおすすめします。

日当たりや車道との境界、隣近所の家の状況などを確認してから土地購入を決めましょう。

何度も現地に足を運んでください。
早朝や夕方、深夜なども足を運び、いろいろな角度からチェックしなければなりません。

多くの人にとって一生に一度の買い物ですから、しっかりと考えましょう。