楽天edyポイントの貯め方!上手に利用してポイントアップ!

エディ

エディとは楽天の電子マネーの名称です。
2012年より名称が楽天Edyに変わりました。

ここでは、分かりやすく楽天Edy=エディを呼ぶことにします。

電子マネーには多くの種類がありますが、提携したテンポでEdyを使えばポイントがたまることがメリットです。

お財布携帯実際にエディカードを使う場合は、クレジットカードに付帯したタイプ、スマホにアプリをインストールして使うタイプなど、利用者が使いやすいように種類がいくつかあります。

今回はそんな楽天edyポイントの貯め方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

エディでポイントを貯めたいですか?

エディを持っていて考えなければならないのはそのポイントの貯め方です。

効率の良いポイントの貯め方を知っていれば、実質的にはそれはお金と同等です。

エディを使うことによってポイントが還元されるので、実質的な値引きとなります。

また、クレジットカードに付帯しているタイプであれば、エディとクレジットカードのポイントが同時に貯まることで二重にお得感があります。

エディの魅力

今の事態銀行にお金を預けていてもほとんどの子がつきません。

であれば、エディの魅力的な活用方法を考えるべきでしょう。

ポイントの貯め方をしっかりとチェックしておけば、同じ買い物するにしても多くのポイントが貯まりお得になるのです。

エディの利用方法

ポイントを貯めるイメージエディの利用方法は簡単です。
エディを利用できる店舗で会計の時に、専用の読み取り機にかざすだけで済んでしまいます。

その時に、チャリーンと音がして支払いが完了します。簡単ですよね。

エディに年会費は不要ですから誰でも簡単に予定を持つことができます。

楽天市場での買い物なら200円に1ポイントが付き、0.5%の還元率です。

スマホを持っているなら、おサイフケータイとして利用できます。

登録は簡単で、楽天エディアプリをインストールするだけです。

お金を払う時にスマホを読み取り機にかざせば良いのです。

ポイントの貯め方を考えて買い物をする

スマホや電子マネーの普及によって買い物の仕方が変わってきました。

買い物するときにポイントの貯め方を考えるようになったのです。

現金で支払えばポイントは尽きませんが、エディの提携店でエディを利用すればポイントが付くのです。

またキャンペンなどを利用すれば、ポイントが2倍、3倍になることもあります。

エディ対応クレジットカード

エディが付帯ているクレジットカードを持っていますか?

使い方はどのクレジットカードでも一緒ですが、ポイントの貯め方が違います。

効率の良いポイントの貯め方をチェックしましょう。

ANAマイレージを貯めている人は多いことでしょう。
飛行機に乗る機会があればぜひ貯めておきたいものです。

エディが付帯されたANAカードは多く、JCBやVISA、アメリカンエキスプレスのクレジットカードがあります。

この他にもエディを付帯したクレジットカードはたくさんありますが以外にも、IDやsuicaなど別の電子マネーが一体になっているカードもあります。

最近はスマホにエディ機能を持たせるアプリも普及してきています。
もちろんクレジットカード機能も付けられます。

エディポイントの貯め方

買い物の際の支払いに予定を指定すれば、その金額に応じたポイントが貯まります。200円につき1ポイントです。

賢い貯め方もあります。

また、楽天エディもらえるモールと言うサイトをご存知ですか?

もらえるモールを経由して買い物をすると、それだけでエディポイントが貯まるのです。

ここで買い物は1.2%の還元率です。

貯め方を考えれば、お得な買い物となるのです。

もちろん、楽天市場も対象となります。

つまり、もらえるモールを経由して楽天市場で買い物をすれば、エディポイントと楽天ポイントの両方が貯まるので、二重にお得感がありますよね

また、通販サイトで商品を購入する時に、まずはインターネットで調べてみましょう。

そして、一番安い店舗を見つけておき、それが楽天市場であれば迷う必要はありません。

もらえるモール経由で楽天市場にログインしましょう。

その他にも、ポンパレモール、ジャックスモールなどのモールを経由した買い物はポイントが高くなるのです。

まとめ

ポイント

いかがでしょうか?

エディは使い方をちょっと工夫するだけで普通に現金で買い物するよりもお得に買い物ができます。

同じお金を使うならポイントが貯まったほうがいいですよね。婚姻とは実質的には値引きと同様ですから。

最後に、エディの紛失には注意することです。

規約にも記載ていますが紛失した場合、エディにチャージした残高は保証されないのです。

さらに、クレジットカードからのオートチャージを利用している人は早急にクレジットカード会社に連絡して停止しましょう。

エディは大変便利なものですが管理はしっかり行うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする