家づくりで失敗して後悔しないために!必要な情報を正しくインプットしておく!

家づくりの計画

間違った家づくりをしている人が多いのは何故でしょう?
それは間違っていることに気づいていないからです。

もちろん、完成した家に住んでみて初めて分かることもあるでしょう。
そして、そこで初めて後悔するのです。

そこで今回は、家づくりで失敗して後悔しないための必要な情報について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誰も家づくりに失敗したくはないでしょう

家を建てたいと思ったら誰しも注文住宅に憧れるでしょう。
注文住宅であれば自分の希望通りの家を手に入れることができるからです。

しかし、家作りのポイントをしっかり押さえて計画しなければ、建売の方がよかったという結末になりかねません。

今から10年後までの計画をある程度予測して立てましょう。
子供の人数に合わせて、部屋を準備しておくのです。
それは、あくまで予測ですから計画通りにいく保証はありません。

また、昔と今では住宅設備が全く違います。
最先端の設備を導入しておけば、10年後も十分使っていけるずです。

しかし、現時点で下火になりかけている技術では10年後は古くなっていて、修理のための部品も手に入りにくいでしょう。

家作りのポイントと価格

一般的には、支払い計画を立てます。
そして、その予算で購入可能な家づくりを検討するパターンです。

この手順は間違いではありませんが、家作りでは逆の方法で考えるべきでしょう。

まず、ポイントは自分と家族にとって理想の家を考えます。
将来、家族が増えた時のことまで考えて、間取りや広さ、必要な部屋数を割り出すのです。

そして、次にその家作りに掛かる費用を計算するのです。

5年後、10年後のことなんて誰にもわかりません。
子どもの数にしても、あくまで希望に過ぎないのです。

また、夫婦にも両親と同居する場合もあるでしょう。
さらに、歳をとるとバリアフリー化も必要になるので段差も少なくしておきたいと考えてしまいます。

しかし、将来的に老人ホームに入居してしまう可能性もゼロではありません。
ですから、すべてのことを配慮した家づくりは不可能なのです。

ですが、このようなことを考えることには意味があります。
考えることによって自分が何を優先するのかが見えてくるのです。

家作りのポイントと業者

家づくりの予算

家づくりを計画する際は、施工業者に相談することも忘れてはいけない事項の1つです。
もちろんこれは実際に注文するわけではなく概算の見積もりをするためです。

プロに見てもらうのはとても有意義なことで、家づくりのポイント教えてくれるかもしれません。

また、建売住宅の描写と注文住宅の当社では家づくりに対する考え方の違います
建売の場合はどうしても設計業者が間取りなどを決めてしまいます。

それに共感できなければ注文住宅を選べばよいのです。

家づくりを考える場合、譲れない部分と妥協してもいい部分に分けて考えましょう。

正しい答えはありませんが、その中で自分たちの理想の家づくりを進めていくのです。

譲れない部分、ランクを下げてもいい部分に分けてください。

後悔しない家作り

唐突ですが、家づくりで後悔しない人はいません。

例えば、幸福な人生を送っている人がいたとして、何かの時に失敗したと感じることがあるでしょう。

これと同じような考えで、家全体として見た場合には一定の満足感があるのでしょうが、トイレや玄関の作りなど「いくつかのポイントは失敗したなぁ」と後悔してしまうのです。

次に家を作るときはもっとしっかりやろうと考えるものですが、実際、そのチャンスが巡ってくる事はありません。

つまり、計画の段階から家づくりのポイントをしっかり抑えておくことの重要性を理解しておくべきなのです。

家作りの失敗例

家づくりに関しては変え、明日が初めてなので失敗する場合も多いのです。

しかし、押さえておくべきポイントを確認しておくだけでも失敗を減らせるはずです。

例えば、夫婦が共働きの場合、仕事帰りに業者と打ち合わせをすることがあると思います。

その時に夫婦が揃っていなければ、互いに伝えることがずれてしまい、そのために再確認の作業をしなければならなくなる必要があったり、それさえ気づかずに家が完成してからわかる場合もあります。

また、業者選びも重要な要素の1つです

これを聞くと驚かれるでしょうが、建設会社の営業マンでも家作りのことをわかっていない場合も少なくありません。

特に新人の営業マンは要注意です。

間取りに関する失敗例はたくさんあります。
冷暖房について失敗例を例に挙げてみると。

吹き抜けにすると、空気の流れが良くなり夏でも冬でも光熱費を抑えられると説明を受けた事例の場合ですが、実際に住んでみるとそんな事はなく高熱が余計にかかったと言う失敗例が少なくありません。

ローコストな家作り

家づくりローコスト住宅と言う言葉をよく耳にすることがあると思いますが、ローコストがどの程度のレベルを指しているのかがポイントです。

理想的な家を作ろうと思えばお金がいくらあっても足りません。

そこである程度の妥協点を見つけることになります。

諦めてもいい部分と、これだけは譲れないと言う部分にしっかり分けるべきです。

必要のないところにお金をかけるのではなく、ローコストでありながら同じ効果をもたらす構造を考えるのです。

また、太陽光発電などを取り入れれば電気代を節約できます。当然初期費用はかかりますが長い目で見れば安く上がるのです。

家は30年以上は住み続けるものと考え、コストはそのレベルで考えなければなりません。

光熱費等の固定費を抑えられれば、それだけ毎月の出費も減りローンの支払いが楽になります。重要なポイントどこに置くかによってローコストの意味合いが変わってくるのです。

一緒に読まれている人気記事
家を建てる土地の選び方!購入してから損しないために!

まとめ

家づくりには、理想と現実のギャップがあります。そしてそのギャップをできるだけ小さくなるようにしていきます。

おちろん、そのギャップは予算や土地の広さ、家族構成によっても違いが出てくるはずです。

それでも、理想の家に近づけたいと思うのなら家の間取りは重要な要素です。

家作りは人生そのものと言う人もいます。

確かにその考えは間違いではないでしょうが、家は目に見えるものです。

実態として形があるものですから、見るだけで落ち着ける場所でなければならないのです。