ママも安心!新生児にベストな暖房器具の選び方

赤ちゃん

新生児の赤ちゃんにとって快適な室温はどのくらいでしょうか?

大人が快適と思う室温でも赤ちゃんにとって快適という訳ではありません!

基本的に新生児の赤ちゃんの平熱は36.5~37.5℃くらい、
大人にとっては微熱にも感じますが、赤ちゃんには平熱の範囲なんです。

そのため新生児の赤ちゃんの室温設定は、20~23℃くらいが最適と言えます。
ですが、赤ちゃんの平熱にも個人差はあるので、平熱を把握してから温度調節をしてくださいね。

やはり、新生児の赤ちゃんにとってベストな暖房器具は、エアコン。これが一番です。

何より細かく室温調整ができますから、気温の変化に合わせてすぐに温度を変える事ができます。

それに、何より、安全です!

今回は、新生児にベストな暖房器具の選び方について解説してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新生児に優しい暖房器具のおすすめトップ3!

暖房

新生児におすすめの暖房器具トップ3をご紹介します!
先ほどエアコンが一番!と言ってしまいましたので、1位はエアコンという事で2位から紹介します。

お付き合いくださいませ。

では、新生児に優しい暖房器具、栄光の2位は、

オイルヒーター
電気代が少しかかってしまいますが、エアコンよりもおすすめしているところもあるほど良いとされています。
起動しても温風が赤ちゃんに直接当たらずに、じんわり暖かく、室温を維持できるという優れものです。

ヒーター内で温まったオイルを循環させるので、匂いも気になりません。

3位、床暖房

こちらは賛否両論あります。

低温やけどの心配があるのが、多きな理由だと思います。

人もそうですが、床暖房って結構あったかいんですよね。

そこで寝てしまうと暑いくらい。

絶対に使用してはいけないという訳ではないですが、新生児の赤ちゃんには厚めの布団を敷いて寝かせてあげたり、床暖房の設定温度に注意する必要があります。

新生児と過ごす初めての冬!安全な暖房器具は!?

赤ちゃん2

新生児に安全な暖房器具は、やはりエアコンです。

病院でもエアコンを使用していますしね。

高いところに設置してあるので、触ってあちちなんてこともありませんから。

室温の調整も簡単です。

風向きは、赤ちゃんに直接当たらないようにしてくださいね。

気になるのは湿度くらいでしょうか?

エアコンを使用する事で、部屋が乾燥してしまうと、赤ちゃんは鼻やのどの粘膜が弱く、さらに皮膚も弱いので、空気が乾燥してしまうと、大人以上に体調を崩してしまいます。

なので、エアコンと加湿器を併用して、部屋の温度と湿度を常に気にするようにしてあげましょう。

温度計と湿度計があるととても安心ですよ。

あと、部屋の喚起もお忘れなく、空気の入れ替えも兼ねて、時々窓を開けて喚起をするようにしてくださいね。

新生児に気を付けたい!暖房器具の夜の使い方とは!?

赤ちゃん3

昼間はエアコンと加湿器で温度調整しますが、夜はどうしたらいいのでしょう。

大人は布団かぶって寝てしまえば、少々寒くても、布団さえ温まれば気持ちよく眠れます。

新生児の赤ちゃんにはどうしたらよいでしょうか。

赤ちゃんが寝る時は、暖房は消してから就寝するようにしましょう。

寒くて風邪を引かせてしまったらと、心配されるかもしれませんが、暖房をつけっぱなしにしていつのまにか室温が上がっている事に気づかない方が危険です。

寒いからと言って、赤ちゃんの服の枚数を増やしてはダメですよ。

新陳代謝が活発な赤ちゃんは寝ているだけでも大量に汗をかいちゃいます。

赤ちゃんが寝る部屋と布団をあらかじめ温めておきましょう。

そして、服装は、肌着、冬用パジャマでOKです。

今日はずいぶん寒いなという日は、お腹周りを温める腹巻や、ゆるめのレッグウォーマーで足首を温めてあげたりして、冷えない工夫をしてあげてください。

まとめ

赤ちゃん4

新生児の赤ちゃんって本当にかわいいですよね。

夜エアコンを消す事をおすすめしましたが、3時間おきのミルクや夜泣きなどで、ママはその都度立ち上がらなければいけませんよね。

その時は、ちゃんちゃんこを羽織ったりして、風邪を引かないように気を付けてくださいね!

赤ちゃんが泣いていて、慌てると、ついパジャマのまんまでミルクを作りに行っちゃったりするんですよね。

だけど、冬の寒さって赤ちゃんのぬくもりを、より感じられますよね。
赤ちゃんも、ママも快適な冬を過ごせますように♪