膝を白くする方法!黒ずみを解消する方法は簡単なスキンケアで対策!

膝を抱える女性

膝の黒ずみと角化にお悩みではありませんか?

気づいたら膝が黒ずんでいて、薄着の季節には脚を出すのが恥ずかしいですよね。

膝周辺に黒ずみと皮膚が硬くなって角化したりして、ものすごく気になっている人が多いものです。
また、色白で足も日焼けしないようちゃんとケアしてるのですが膝周辺だけ異常に黒ずんでいたり。

このように、黒ずんでいる場所があると、エステなどで脱毛に行った場合、黒ずみ、角化している場所は処理できませんと断られる場合もあります。

そこで今回は、膝の黒ずみでお悩みの方の為に、膝を白くする方法について解説してみます。

スポンサーリンク

このような悩みをお持ちじゃありませんか?

  • 長時間畳に膝をついて仕事をしている。
  • 化粧水を試したり、市販のクリームを試しても全然効果がない。
  • タイツを履いたりパンツでごまかしている。
  • スカートをはくのが恥ずかしいくらいになってきた。
  • スカートの時は黒のストッキングをはいている。

このような悩みの方が多いこと多いこと!
なんとか、お金をかけずに治す方法、もしくは薄くする方法がないものか調べてみました。

お金のかからない黒ずみケアの方法

黒ずみが軽度なら

お風呂やお風呂あがりに角質を落とすケアをしてみましょう。

スクラブ使ってやさしくマッサージします。
週に1回か2回程度行なうだけでも違いを感じるでしょう。

でも、毎日やるのは肌への負担になりますので止めておきましょう。

スクラブ角質ケアをした後は保湿を心がけましょう。
保湿用のボディークリームやローションで保湿するようにします。
保湿をすると少しずつですが改善されます。

近所のドラッグストアに行けば、ボディ用のスクラブが手に入ると思います。
そこまでお金をかけたくなければ、台所にある粗塩を手にとって膝をマッサージしてもOKです。

古い角質が厚くなっていれば、週に2〜3回、肌に負担のない範囲内で複数回繰り返すことによって改善します。改善の兆しが見えてきたら、頻度を減らしていきましょう。

保湿するクリームは尿素配合の皮膚を柔らかくするクリームがおすすめです。

「重曹」を使った黒ずみケア

準備するものとして、重曹必要になります。
重曹は、食品用、または医療用のものを使います。
安全性の面から考えて掃除用を使うのは止めておきましょう。

重曹の使用法

重曹を大さじ1杯程度を手のひらに取ります。
水を小さじ1程度加えながら、少しずつペースト状にしていきます。

膝の黒ずみの気になる部分に重曹ペーストを塗ります。
手の指のはらで円を描くように優しくマッサージしていきましょう。

マッサージした後はよくすすぎ、タオルで水分を優しく拭き取ってください。
ゴシゴシこすると刺激になってしまうのでやさしくマッサージしまよう。

最後に、顔に使用している化粧水を塗った後にクリームをつけて保湿しましょう。
膝の角質が非常に硬いという人は、皮膚を柔らかくする効果のある尿素配合のクリームを使用します。

「重曹」を使った黒ずみケアは、体質にもよりますが、1~3ヶ月程度で黒ずみ改善の効果が見られるようなので、諦めずにケアを続けることが大切です。

「重曹」を使った黒ずみケアは、体質によって異なりますが、1~3ヵ月程度で改善効果が見られるので、あきらめることなくケアを続けることが重要です。

脱毛する時の注意

脱毛の適切な処理方法ですが、できるだけエステや美容外科でのレーザー治療をお勧めします。
自己処理の場合は黒ずみの原因となることが多いのです。

どうしても自己処理する場合、家庭用脱毛機、電気シェーバーや脱毛クリームがよいです。
かみそりは、皮膚との摩擦があるので、黒ずみやサメ肌の原因になるために最も良くない方法です。

肌は、カミソリで毛を剃る度に、肌を守るために角質が厚くなっていきます。
角質が厚くなると、色素沈着も併発してしまいます。

ですから、自己流の処理はできるだけ止めておきましょう。
後で後悔するのは自分ですからね!

まとめ

膝をマッサージ

膝の黒ずみはやはり、普段の行いが大きく影響します。
膝を立てる癖があるなら止めましょう。

これが最大の予防法です。

特に膝をつくような職業の方は特になりやすくなりますので、気をつけましょう。
床拭きとかしてちょっと膝をつくだけだけでも、その行為の繰り返しにより徐々に黒ずんでいきます。

気がついた時には、クリームや化粧水をつけて保湿するようにします。
あとは肘や膝をつけないように気を付けるようにすることです。

職業上、膝をついて座ったり作業することが多い人は、角質が厚くなって固くなったり黒ずんだりします。この様は方は、膝パッドや肘パッドを付けるなどして床との摩擦が起こらないようにしましょう。

また、日常生活では極力、膝をついて作業したり、座ったりしないように心掛けましょう。
そうするだけでも大分違ってきますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする