本当に肌にいいクレンジングの選び方!ベストバイを見つける7つのポイント♪

クレンジングする女性3

メイクが多様化するにつれて、注目度がますます高まっているクレンジングオイル。

クレンジングとは、メイクだけでなく、汚れなどを落とすことを意味するが、基本的にメイクを落とすときに使われる言葉になっています。

最近のメイクは以前にも増して浸透力が高くなったきており、それにつれてクレンジングの注目度が急激に高まっているのです。

そこで今回は、メイクにも増して注目度が高まっている本当に肌にいいクレンジングの選び方の重要性に着目してみます。

スポンサーリンク

クレンジングの重要性

クレンジングする女性2

クレンジングといえば一見シンプルでありながら、当然の作業のように思われがちです。
普段、メイクに縁がない人であれば、「そんなの石鹸で落とせばいいんじゃない?」と思うかもしれませんね。

しかし、実際には石鹸を使用した洗顔では化メイクはキレイに落ちません。

それだけ肌に浸透しているのです。

最近のメイクアップ商品は、特にその傾向が強まっており、浸透性が高まっていると同時に、クレンジング時の障害になっているのです。

そのような理由もあって、メイクの進化と共に、クレンジングの重要性が増しています。

さらに、単にメイクを落とせばいいというものではなく、しっかり完全に落とさなければ、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

クレンジング選びの基本

最近では、天然成分を中心に配合した肌に優しいクレンジングに代表されるように、自然派向けの商品が増えてきたこともあって、クレンジング関連商品の種類が著しく増加しています。

したがって、選ぶ側の消費者にとっては嬉しい悲鳴が上がる状況になっているのです。

そんな中、自分の肌タイプに最適なクレンジングを見つけるためのいくつかの方法を紹介します。

クレンジングを選ぶ際のポイントは、自分の肌とのマッチングが重要です。
この点を考慮していないことには、クリームタイプがいいのか、オイルタイプがいいのかなど、最低限の選択基準にもなりません。

また、このマッチングを左右するのが肌質です。
体質は人によって様々ですが、それは肌質に関しても同様なのです。

敏感肌、乾燥肌、混合肌など、様々な個性があってローションタイプとのマッチングが良い肌もあれば、ジェルタイプやクリームタイプとのマッチングが良い肌もあります。

また、原則として乾燥肌の人とオイルタイプのクレンジングとの相性は良くありません。

したがって、クレンジングオイルを使用している場合は、まず乾燥肌ではないことが条件となります。

しかし、極端な乾燥肌ではない場合、十分使用可能な範囲であるため、そこまで敏感になる必要はないでしょう。

無料サンプル(トライアルセット)で選ぶ

化粧品の使用による肌トラブルを回避するには、使用前にパッチテストを行う必要があります。

しかし、いきなり製品を購入するわけにはいきませんよね!

そのためには、無料サンプルを使ってみることが一番です。

無料というのは、各メーカーが製品の使用感を確認するために準備している本製品よりも容量を減らした「無料サンプル」又はトライアルセットとも言われますよね。

ほとんどの場合は、無料または通常よりも安価で購入できます。
自分の肌とのマッチングを確認するために、わざわざ定価で購入する必要はありません。

まず、無料サンプルがあるかをメーカーの公式サイト等で確認してみるとよいでしょう。

価格で選ぶ

クレンジングを購入する場合、価格は大きな判断材料の一つとなります。

これはクレンジングだけでなく、化粧品全般に言えることですが、基本的にスキンケアのための基礎化粧品は、継続して使っていきますよね。

したがって、それに対する支出は、いわゆる「ランニングコスト」と同じ意味を持つのです。

このランニングコストを最小限に抑えするためには、低価格の製品を選ぶ必要があります。

しかし、いくら安くても良い商品でなければ、安物買いの銭失いとなってしまいます。
そうならないためには、しっかりとした判断基準で商品を選ぶ必要があります。

量で選ぶ

クレンジングを購入する際に、多くのメーカーの商品の中から選択することになりますが、メーカーによって内容量はかなりまちまちです。

したがって、価格が安いと判断しても、「実は量が少ないだけ」ということも少なくありません。

化粧品の場合、すべてのパッケージの商品が同じ容量ではないので、量と価格の両方をチェックしなければ、実際のランニングコストははわかりません。

必ず両方を確認して、例えば、「月額のコスト」、「週あたりのコスト」という数字を出してから比較検討するようにしましょう。

基本的には、容量が多いほど、価格は抑えめな傾向があるので、その点も考慮するようにします。

メーカー・ブランドで選ぶ

化粧品に限った話ではないですが、いくつかの製品を購入する場合、その製品の信頼性というのは、主に開発しているメーカーに影響されますよね。

例えば、資生堂とコーセーなどの大手メーカーの商品であれば信頼性は高くなります。
クレンジングについても、このようなメーカーやブランドを判断材料にする場合が多いでしょう。

化粧品メーカーとして有名な会社やクレンジングの分野で人気がある会社に絞り込めば商品選びは容易くなります。

信頼性という面で言えばメーカーの名は重要ですが、実際の効果などの内容についての評価は、ブランドごとに検討する必要があります。

質や成分で選ぶ

メイクを落とす際に使用するクレンジング、メイクや余分な皮脂や汚れを落とし、肌の清潔さを維持するために肌に浸透しやすいように作られています。
ですから、決して軽視できるものではありません。

もし問題が発生した場合、それは当然、顔に現れることになります。
このような観点からも、クレンジングを選ぶ際は品質をしっかり見て購入することをお勧めします。

クレンジングには、様々な成分を含んでいますが、最も重要視しなければならないことは、やはりオイルです。

最も安心できるのは、高品質の天然植物オイルです。
体にやさしくメイクを落とすとき除去効果も高くとてもに便利です。

例えば、しっかりと精製された「エクストラバージンオリーブオイル」等が好評を得ているオイルです。

このような成分までこだわるようになれば、本格的に自分に最も適したクレンジングを選ぶことも容易になります。

健康面重視で選ぶ

クレンジングに含まれている界面活性剤は、必要な脂分まで取り去ってしまうと言う問題があります。

クレンジングオイルを使用すると乾燥しやすいといわれるのは、この界面活性剤が原因となっているからです。

そのような問題もあり、近年は界面活性剤を含まないクレンジングオイルが開発、販売されています。

皮脂やメイク汚れ等の洗浄効果については界面活性剤を含んでいたほうが有利ですが、しっかりと研究して作られた商品であれば、同等の洗浄力を発揮してくれます。

その分、コストが価格に反映される事になりますが、それでも健康面を重視するのであれば、界面活性剤フリーの商品を選ぶべきでしょう。

口コミで選ぶ

クレンジングオイルをネットの口コミで探す際に注意すべき点は、その情報が信用できるかどうかです。

つまり、同じ文章が腹痛の口コミサイトなどに投稿されていないかどうかと言うことです。

もし、同じような情報が複数のサイトで見られるようなら、それらの情報は明らかに第三者による宣伝とみなすべきですから、鵜呑みにはしない方が良いでしょう。

また、一つの情報源だけ判断するのではなく、多くの情報を集めて客観的な目で判断する必要があります。

保湿成分がポイント

クレンジングする女性

クレンジングの成分の中で、意外と重要となるのが「保湿成分」です。

クレンジングは、すぐに洗い流すので保湿とは全く関係がないように思いますが、実際には非常に重要な関わりがあるんです。

レンジングは、その特性上、皮脂を必要以上に取る過ぎてしまい肌を乾燥させやすくするデメリットがあります。

このデメリットを保湿成分で補う事により、欠点を無くす事ができるのです。

そのため、保湿効果を生み出す成分の配合が必要不可欠になるのです

クレンジングによく使われる保湿成分としてはスタンダードな「アミノ酸」と「ヒアルロン酸」は有名ですよね。

特にシャロンさんについては高い保湿効果があり、保湿についてはとても高い知名度があります。

これらの保湿成分が配合されているクレンジングオイルは、保湿による乾燥防止を目的としている商品といえます。

また、「ホホバ種子エキス」も保湿効果の高い成分なっており、高品質のクレンジングオイルに配合されている場合が多いです。

この他、「セラミド」「フラーレン」「EGF」「フコイダン」などが保湿効果のある、成分であると知られています。

まとめ

クレンジングを購入する際は、インターネットを使用して、最も安い商品をすぐに調べられます。

また、価格を簡単に比較できるサイトもあり、簡単に安く購入できます。

一番良いのは、インターネットであなたのお気に入りの商品を検索し、いくつかの候補者を絞り込んだ段階で価格を比較します。

その後、実際の店頭に行き、価格をチェックし、最も安いお店でそれを購入するのです。

クレンジング関連の商品はとても多くの種類があり、ネットの口コミ情報などを参考にして選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする