チャイルドシートは新生児から6歳まで必須!年齢ごとのタイプで失敗しないポイント!

チャイルドシートに座る子供

出産を控えて、準備するものには様々なものがありますが、生まれた赤ちゃんを車で移動することも考えでチャイルドシート早めに準備しておきましょう。

いざ、必要になって土壇場になって慌ててチャイルドシート選びをすると、しっかり検討する暇もないので雑な選び方になってしまいます。

そこで今回は、新生児から6歳までしっかり使えるチャイルドシートの選び方について解説してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チャイルドシートの選び方でお悩みですか?

  • 購入しようとショップに出かけても、チャイルドシートの種類の多さに戸惑う
  • どのような基準で選んでよいのか、その選び方にも悩んでしまう
  • どのくらいの時期から必要なのか分からない

現在、チャイルドシートは、国内、海外、様々なメーカーから発売されていて、どのようなものが良いのか、またはその選び方についても悩んでいる方が多いものです。

チャイルドシートは出産前に購入しておく

これは重要なポイントなのですが、チャイルドシートは出産前に購入し、車に装着の仕方を事前に練習しておくべきです。

事前に装着の練習をしていないと、いざ使おうとした時、赤ちゃんを抱っこしたままジタバタして戸惑ってしまうことになりかねません。

チャイルドシートは最低6年間は使う

日本の法律では6歳未満の子供にはチャイルドシートの着用義務がありますので最低6年間は使うことになります。

退院から使う場合

チャイルドシート0歳~

新生児期から使えるチャイルドシートを選びます。
乳児用チャイルドシートは、体重が10キログラム未満、身長70センチ以下の赤ちゃんが使用し、だいたい、1歳くらいまでの期間です。

幼児用チャイルドシート

チャイルドシート

幼児用チャイルドシートは、体重が9キロ〜18キログラム未満で、身長は100センチまでの子供用、年齢にすると1歳〜4歳くらいまでの期間になります。

学童用のチャイルドシート

ジュニアシート

学童用チャイルドシートは、体重が15キロ〜36キロ、身長が135センチ以上の子供用となっています。
年齢で言うと、4歳〜10歳くらいの子供が使えるチャイルドシートです。

大きく分けるとチャイルドシートはこの3タイプとなり、選び方としては、使用する期間で考えるということもポイントのひとつです。

現在、人気があるチャイルドシートのタイプとしては、新生児〜4歳くらいまで使用できる乳児、幼児兼用タイプで、回転式のものも使い勝手がよくて人気があります。

チャイルドシートの選び方

取り付けの簡単なタイプがおすすめ

車への設置が大変だと、お出かけ前に、イライラすることになります。
使用は毎回の事ですから、それがストレスになります。

さらに、赤ちゃんも手間取っていたら嫌がってしまうでしょう。

購入したいと思うチャイルドシートをピックアップしたら、自分の車に適合しているか確認しましょう。

現在、チャイルドシートの多くは、ほとんどの車種に装着できるように作られていますが、まれに適合しない車もありますので、事前に確認しておきます。

また、チャイルドシートを車に取り付けたままの方はよいでしょうが、そうでない方は、脱着が簡単なものでないと車でのお出かけが億劫になってしまいます。

車には家族以外の方が乗る場合もありますから、取り付けたままだと乗れる人数が少なくなってしまいます。

このような理由もあり、お子さんとお出かけの時だけ装着するというご家庭が多いのです。

まとめ

チャイルドシートの購入が初めての方は、どのようなポイントで選んだらよいのかわからなくて当然です。

「国土交通省」チャイルドシートコーナーでは、チャイルドシートの基礎知識や、選び方の紹介、装着方法などが掲載されています。

他に、「子供の安全ネットワークジャパン」というサイトには、お子さんに対する色々な身体的危険や、どうやって子どもを守るのかなどが紹介されています。

チャイルドシートの購入の際は、ショップで担当者に相談してもよいでしょうが、売り場にいるすべてのスタッフがチャイルドシートのプロというわけでもないでしょう。

ですから、自分で調べられる知識を事前に把握してからショップに出かけましょう。