夏祭りの浴衣に似合う髪型の簡単なヘアアレンジはコレよっ♪

アップに髪を結った女性

「夏祭りがあります」「浴衣を着ます」

ですが、「髪型が決まりません!」
浴衣に似合う簡単なヘアアレンジを教えてほしい!

このようなお悩みはありませんか?

そこで今回は、夏祭りの浴衣によく似合う髪型の簡単なヘアアレンジを紹介してみます。

スポンサーリンク

夏祭りでの浴衣の髪型

浴衣の女性

夏祭りと言えば女性は浴衣姿と言うイメージですが、どのような髪型にすれば良いのか迷っているのではないでしょうか。

浴衣ならアップにした方が男の子はドキッとするかもしれませんから、すっきりとアップして涼しい感じで爽やかな感じが良いでしょう。

ですが、特に決まった決まりごとがあるわけではないので自分が思った通りの髪型にしてみるのも良いでしょう。

また、浴衣だからと言って、そんなにこだわる必要もありません。洋服を着る時と同じように自由にアレンジしてみましょう。

ただ、ポイントとしては、髪の毛をビシっとしっかりまとめてしまうより、フワッとした感じで後れ毛が風になびく様なイメージの方が柔らかい感じを出せますよ。

浴衣を着た時の髪型バリエーション

夏祭りには浴衣を着る機会があるかと思います。この時は洋服の時とはだいぶイメージが変わってくると思うので髪型のアレンジも変えたいと思ってる人もいることでしょう。

髪型といっても自分に似合う髪型があるかと思います。さらに洋服に似合う髪型、浴衣に似合う髪型があり、その中から自分に合う髪型が見つかればバッチリ決めて夏祭りなどに出掛けられると思います。

シニヨン

浴衣に似合う髪形としては、シニヨンと言う髪をまとめた形の髪型があります。シニヨンもトップやバック、サイドなどの場所によって呼び方が変わっていますが、すっきりとまとめた髪型は浴衣に良く合います。

きっちりとまとめるのではなく、後れ髪が風になびくようにフワッとまとめると、より浴衣に似合う髪型になると思います。

カールヘア

カールヘアですが、毛先を外巻きや内巻きにカールさせてからアレンジして、まとめていきます。そのまとめ方によっては、浴衣にも合いますが、フォーマルな席でも似合う様な髪型になります。

ショートヘア

ショートヘアの場合ですが、髪の毛をただおろしているだけでは面白みに欠けますので、編み込みを少ししてみるなど、少し工夫するだけでも飾り気が出てきて良いと思います。

お団子

無難なのは、お団子ヘアです。
また、お団子ヘアで変化がほしいなら、お団子の高さを変えてみたり、編み込みをアレンジしたり髪飾りやシュシュを変えてみたらいかがですか?

耳の前もみ上げ辺りや左右の襟足の髪の毛を少しまとめておろしてみたりしても雰囲気が変わると思います。

他にも耳の斜め後ろ辺りで一つに結わいてからアイロンでカールしてからカールを壊さないようにテール部分を後ろから前に持ってきてピンで固定します。
前に着たら毛先はフワフワした感じになるように指で整えて出来上がり♪

その他

後ろを二つに分けて、両側編み込みします。
それを頭の後ろへからグルっとピンで止めるだけで簡単に可愛いヘアになりますよ。

たとえ、癖毛でも編み込みをする事でまとまります。ヘアスプレーなどで仕上げに軽く固めておけばまず崩れません。

そのほかにも、横をすっきりまとめて夜会巻き風にアレンジして後ろ髪をおろしたり、いろいろありますが、ヘアカタログなどの写真を参考にするとか、普段見ているファッション雑誌などの気に入った髪型の部分を切り取って、美容室で伝えてもいいと思いますよ。

あと、かんざしとか髪飾りなどは100均で売ってる様なものでも、工夫すれば充分に使えます。

注意点

浴衣を着用するときは、派手にしないことです。派手にすると品がなくなり、みっともないものです。

飾りを選ぶときは、浴衣とのお色に気を遣いましょう。迷ったら、帯か、浴衣の「柄」の色と同じものを合わせてください。

浴衣を着用したときに、色が整っているようなら飾りは思い切って反対色もいいかもしれませんね。

まとめ

決まった髪型で夏祭りに出かける女性

あなたに似合いそうな髪型のイメージが決まりましたか?
浴衣に良く似合う髪型は、やはりアップが基本です。

浴衣を着ていれば、少々荒っぽいですが、アップにしてさえいれば可愛く見えるものです。

どんな髪型にしていいかわからない場合、とりあえず何でもいいので髪の毛をアップしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする