職場ランチが仕事より苦痛でやってられない!看護師のわたし

職場のランチ時間

職場での昼ご飯、他の社員さんととるのが習慣だから憂鬱…という方いるのではないでしょうか?

職場みんなが仲良く、居心地が良いならいいですが看護師の方など、女性がメインの職場は特にいろいろと面倒くさいと感じることも多いと思います。

せっかくの休憩時間、我慢して一緒に過ごすくらいなら一人で有意義に過ごしたいもの。

そんな風に考えている方は意外と多いんです。

今回は、職場ランチが仕事より苦痛!どのように言えばやんわりランチを断れるのかをご提案します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

職場のランチの会話ってどんな内容!?

職場のランチ時間2

実際に、職場のランチのとき、みなさんどんなことを話しているのでしょうか?

男性と女性の場合で内容は異なるようです。

男性の場合

  • 趣味のスポーツの話(野球、サッカーなど)
  • 時事ネタ(金融関係の話や政治経済、その他気になったニュースの話など)
  • 共通の知人の話(上司の話、取引先の人の話、悪口も含む)
  • 趣味の話(マンガ、ゲーム、車などの話)
  • 女性の話
  • 健康の話
  • 家庭の話

女性の場合

  • 話題の飲食店、お菓子の話
  • 芸能関係の話(最近結婚した俳優の話など)
  • 上司の悪口、お客さんの話(あだ名を付けたり)
  • 社内恋愛の噂話
  • 自身の恋愛相談
  • 美容関係の話
  • 家庭、子供、旦那の話

こう見ると、男女問わず上司の悪口や噂話、あるいは世間話がメインのようですね。

確かに、人の噂話って面白いこともありますが、あまり悪口やあらさがしをしているような話ばかりだと疲れますよね。

女性は社内恋愛の話題や、誰々が不倫している…などといった話題は食いつきやすい気がします。

また、男性でも共通の趣味をもつ方が見つかればいいですが、そうでない場合は疎外感を感じることもありますし、上辺だけの世間話をするのは苦痛だったりします。

その他、接客業だとお客さんのあだ名を付けて陰でネタにするなど、ちょっと性根の悪いところもありますね。

職場ランチは一人で食べたいって意思表示しよう!

1人のランチ時間

そういった職場でランチを無理やり一緒にとるのは疲れるという方も、けっこう多いと思います。

そんなとき、思い切ってランチは一人でとりたいと意思表示してみましょう。

「今日は銀行に行く用事があるから、私は銀行近くのお店で食べてくるね」

といったように、銀行や役所など平日の限られた時間しか利用できない場所への用事を言うと、意思表示はできますね。

特に子育て中の方は、夜は手が空きませんから、ちょっと行きたいお店があるから、と言いやすいですよね。

そういったことを繰り返して少しずつフェードアウトしていたら、それが一人でランチをとりたいという意思表示になるのではと思います。

「最近みんなと一緒にご飯食べてないね」「どうして最近お昼になると一人で出て行っちゃうの?」などと聞かれることもあるでしょう。

そういった時は、「外を一人でプラプラするのが楽しくて」などと言ってごまかすといいでしょう。

職場ランチをやんわりと丸く収める断り方

ランチの断り方

上で挙げた以外に、どんな断り方があるでしょうか?

一つは、「資格の勉強をする」でしょうか。
夜帰ったら疲れて寝ちゃうから、昼間勉強したいんだよね、といった具合に言うといいでしょう。

がり勉に見られたくなければ、「最近海外ドラマの○○にハマっていて、暇さえあれば観てたいんだ」というのもいいかもしれません。

あるいは、「運動したいから」といってさっと外出してしまうのも手でしょう。

外出するときも、職場のすぐ近くではなくちょっと離れた居場所を探してみましょう。

公園、図書館、カフェ、本屋などで居心地の良い場所を探してみるのもいいですね。

ここでの注意点ですが、たまに部署全体で上司とともにご飯を食べに行く、などという時はちゃんと参加するようにしましょう。

あくまでも一人で、を貫きすぎると社交性がない人に思われてしまいます。

一緒に読まれている人気記事
仕事休憩は一人!気楽なのか退屈なのか寂しいのか!どうしてる!?
職場の会話に入れない!わたしが話すと無言に!?ストレス状態!?

まとめ

休憩時間

いかがでしたでしょうか?

案外ランチは一人で食べたい、という人は多いですよね。

でも日本の?変な習慣で「女性はグループになって一緒にランチをとる」イメージはまだまだ強いですね。

それに「みんな一緒に行ってるのに、どうしてあの人は一緒に行かないの?」といった風に変わった人扱いしてくる人もいます。

でも職場は学校などと違って、仕事をキチンとこなし、仕事上でのやりとりが問題なければ文句を言われる筋合いはありません。

ぜひ心おきなく気ままなランチタイムを楽しんで下さいね!