言葉遣いを直す方法!自分の言葉遣いを直して人間関係や社会性が良好に!

言葉を交わす女性

言葉遣いの悪さがキッカケで学校や職場の人間関係がギクシャクしてしまったという方は以外にも多いものです。

言葉遣い一つで相手に対する気持ちの伝わり方が大きく変わってくる場合があるからです。

あなたも自分の言葉遣いに疑問を感じるなら、この機会に言葉遣いを直す方法を理解して自分の言葉遣いを見直してみましょう。

スポンサーリンク

あなたは自分の言葉遣いを治したいと思いませんか?

  • 職場の同僚や上司から言葉遣いが悪いと注意された
  • 彼女、彼氏から言葉遣いが悪いと注意されることがある
  • 学校のクラスメートや担任から言葉遣いが悪いとよく言われる

このままだと、職場や学校での人間関係に悪影響を及ぼしますよ!

言葉遣いがキレイになるとあなたの運気も上がりますよ!

  • 同僚や上司からの評判も良くなり、仕事が円滑にまわる
  • 彼女、彼氏の印象も良くなり、交友関係に幅がでてくる
  • クラスメートや担任からの評判も上がり、周りから厚い信頼を得られる

ちょっとした言葉遣いに注意するだけで人間関係がとてもスムーズにいきますよ♪

言葉遣いが良くなるとあなたの行動が円滑に流れるのを感じ取れるでしょう。

注意しておくべき言葉遣い

えらそうに感じる言葉は嫌われる

えらそうに思われる言葉は失敗することが多いです。

自分で大丈夫だと思って使っていたとしても、他人から「えらそうだ」と思われる言葉は相手からの印象は良くありません。

相手からしてみると、この人は「自分は偉いんだ」と思い込んでいる.偉そうで傲慢などのマイナスの印象を与えてしまいかねません。

そんなことで仕事を失ってしまうかもしれません。

いきなり言葉遣いを直すのはむずかしいので、自分でそう感じたら「誰かの話を聞く」、「他の人に話を聞いてもらう」ということから始めましょう。

人によって言葉遣いを分ける性格はNG

人によって態度変えたり.相手によって言葉遣いを変化させる人は最悪です。

なぜなら、このような人は自分と相手を比較して言葉遣いが変化させているのです。

それは相手を見て差別したり、区別したりして相手に順位をつけているタイプの人に多く見られます。

今様な差別的な態度で相手に接していると良い人間関係を作ることはできません。

本当に言葉遣いを直そうと思うのなら、きちんとした気持ちで相手に向き合う必要があります。

相手の気持ちを考えないまま、自分の気持ちばかりを話していては、言葉遣いを良くすることはできません。

自分の気持ちを表すこと

会話のイメージ

言葉遣いは気持ちを表現する第一歩

言葉遣いを直しためには、いったん自分の気持ちを整理して何から話し始めるか考えるのも一つの方法です。

また、前学校で覚えた言葉遣いと、社会で覚えた言葉遣いでは、使い方の意味が違ってきます。

社会では、自分では正しいと思っていても.実際には正しくないこともあり.自分の言葉が本当に正しいかどうかを見つめ直す必要があります。

また、相手に自分をよく見せようとしても、相手には嫌な印象に映る場合があります。

ですから、自分の気持ちをしっかり伝えることのできる人間を目指して言葉遣いを良くしていきましょう。

言葉遣いを直すためには台本を使わずに話す

言葉の発声練習や、慌てないで話す練習方法などがありますが、実践では台本通りにうまくはいきません。

言葉遣いの基本は台本通りのセリフのように話す事ではなく、普通に聞いたり話したりできることです。

言葉遣いは身近な日常で直していく

社会に出てから覚える言葉には美しい表現や珍しい言葉がたくさんあります。

それぞれの言葉には、その場所と状況にあったものが選ばれており、言葉を使うときはその場の空気を読み取って発言することが大切です。

挨拶や普段の会話、日常生活のコミュニケーションでも、その場の空気を読み.その場の状況に応じた言葉遣いができることを目指しましょう。

多くの人と話す機会を意識してつくる

人と話す習慣があれば言葉遣いは直ります

言葉遣いは自分の気持ち次第でいくらでも変えることができますが.本やテレビで覚えた言葉ばかりを話していては、人は遠ざかってしまいます。

血の通った言葉を話せるようになるには.人と直接話しをすることです。

そしてこれを継続していくことが大切なのです。

実際に多くの人と言葉を交わし、他の人の言葉の意味を理解し、その言葉に対する答えをしっかり返していくことです。

他の人と交わることをせずに引きこもっていては.言葉遣いを治すのは難しいでしょう。

世の中でも通じる話しかたを見つける

言葉遣いを治すには、字を書く練習と同様に考える人も多いでしょう。

実際、学校で教わる教科書や授業で教わるならそのような考え方でも問題ありません。

しかし、社会に出て言葉を使うということは.マニュアル通りには行きません。

マニュアル通りにいかないからといって焦る必要もありません。

無理に言葉遣いが上手な人と話したり.レベルの高い人と話したりする必要もありません。

最初は友人や身近にいる仲間と話すようにします。

それを継続していくことで、やがて社会にも通じる仕事用の言葉なども話せるようになります。

たくさんの人と出会って言葉遣いを直す

仕事を通してお客様と話をしているときは自然に感情のこもった言葉遣いができていると思います。

相手の言ってることや気持ちを理解して初めて言葉の意味がわかるのだと思います。

言葉遣いというのは、このような人との触れ合いの中から自然に学ぶのが1番です。

台本を読んだり.無理な小細工をすると逆効果です。

言葉遣いというものは社会経験を積んで習得していくものであり、逆に言葉遣いが苦手な人は社会経験が浅いともいるでしょう。

2また、自分が発した言葉遣いは常に意識して、おかしい部分があれば直していくように心がけましょう。

本を読んだり、辞書から覚えた言葉というのは知識にはなりますが.他人との会話では役に立ちません。

その方法で言葉遣いで良くなるなら、言葉遣いが悪い人なんているはずがありません。

実際に直接人と会って話す練習をしましょう。

まとめ

これまで言葉遣いについて話してきましたが、言葉遣いだけが良くなったとしても.その表情が悪ければ言葉の力も半減してしまいます。

発する言葉の意味に対して表変えていけるように意識しましょう。

言葉遣いと表情がバランス良くなっているようにし、両方に気持ちを込めていくことが大切です。

それも自然にリラックスした形で現れるようにするのがベストです。

言葉に気持ちを込めて話せるようになれば自然に気分も楽になってくるはずです。
実際に、自分の気持ちや表現方法が上達してくると、自然に相手の心に響く言葉を話せるようになるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする