何とかしたい!PTAの役員決めトラブルの賢い回避術

ptaの役員決め

PTAの役員、ただでさえ忙しい毎日を送っているのにと、できればやりたくないと思っているお父さん、お母さん多いのではないでしょうか?

そうなればこの役員選出では何かしらトラブルが勃発することがありますよね。

今から役員選出が憂鬱で憂鬱でたまらない保護者の皆さんへ、賢くPTAの役員決めトラブルの賢い回避術を紹介します。

スポンサーリンク

面倒なPTAの役員決めを欠席したらマズい!?

ptaの断り方

「PTAやりたくないから、大した用もないけど欠席しちゃえ!」と思っているお母さん、結論から言うとそれではマズい結果になってしまうかもしれませんよ。

近年、働くお母さんが多いことは皆さんもご存知ですよね?

仕事を理由にPTAをやらなくて良いというようなことはなくなってきています、なので欠席したからといってPTA役員に選ばれないということにはならないのです。

また、参加するほかの保護者の皆さんからは役員やりたくないから欠席してるな、欠席するなら役員になっても文句ないよね等と思われることがあるかもしれません。

一度こういったイメージがついてしまうと、今後の保護者同士の関係が良くないものになってしまう可能性もあるのです。

どうしても欠席しなければならないときは理由も添えて、あらかじめ伝えておくことが重要なんですよ!!

その際は担任の先生にPTA選出がある当日前までに知らせておくようにしましょう。

これで安心!PTA役員の断り方マニュアル

pta

PTA役員選出会には出るつもりだけど、どうしてもPAT役員ができない状況がある方もいらっしゃいます。

両親の介護がある、仕事で出張が多くほとんど家にいない、現在妊娠中で自宅安静の指示がDrから出ている等。

様々な理由を抱えた保護者がいるのもまた事実です。

もし、自分がそんな状況に陥った場合はPTA役員を断る必要がありますよね?

ここでも横柄な感じで断るとトラブルになりかねるので、しっかり節度ある態度で断ることが必要になるのです。

【PTA役員断り方マニュアル】

①事前に担任の先生や現在のPTA役員に相談する。
事前にというのが鍵です。突然できませんと言っても誰しも納得するのは難しいでしょう。早めに、現在のあなたの状況やどうしてもPTA役員をできない理由を相談し、納得してもらえると波風が立ちにくいですよ。
②嘘は絶対につかない。
あなたのついた嘘は絶対にバレます。PTA役員をやりたくないからと言って根も葉もない嘘をつくのはやめましょう。
③しつこい勧誘には流されない。
PTA役員をできないという理由があるにもかかわらず、押し付けられそうになった時は毅然とした態度でお断りを入れましょう。PTA役員の選考会にお父さんに行ってもらうというのも一つの手です。お母さんよりもお父さんの方がすんなり断れるという場合の方が多いようです。
④できる事、できない事をはっきり伝える。
これはあくまでも引き受ける前提の話になるかもしれませんが、自分ができるPTA役員の仕事、できないPTA役員の仕事をしっかり伝えましょう。これなら無理なくできるのではないでしょうか。

そろそろと思っている人に緊急講座!PTAの役員選出の裏事情

PTA役員の選出方法については各地域、各PTAによって異なっています。

推薦方式のところ、選出委員会がありその委員会がPTA役員を選出するところ、はたまたクジ引きでPTA役員を選出するところもあるそうです。

クジって!?って思いましたが、そこまでしないとPTA役員が決まらないんですね。

基本的にPTA役員は、PTA会長、副会長、書記、会計などその学校のPTA活動の中心である本部の仕事をやる人やそのクラス代表、広報、図書、保健、卒業準備等々の委員会別に選出されます。

やる気のある方や、教育に携わっている方なら良いかもしれませんが、ごくごく普通の保護者が会長や副会長なんかに選ばれた時には何をどうして良いやらと混乱に陥ってしまう事は容易に想像できますよね。

そんな場合は子供が低学年のうちにPTA本部の役員ではなく、委員会の役員でも引き受けておくと楽かもしれません。

委員会であれば本部の仕事よりは気軽にできるでしょう。

一度でも役員をやったことがある場合は、その後免除されたりする場合が多いで簡単な役員を引き受けるのは案外得策かもしれませんよ。(中にはそうでない場合もありますが。。。)

まとめ

ptaと児童

子供たちにより楽しく学校生活を送ってもらうために存在するのがPTAです。

PTA役員になることによって大変なこともあるけど、子供たちの様子がより身近に感じられ、先生たちとの風通しも良くなる良い面もあるでしょう。

しかし、PTA選出を憂鬱に思っているのはあなただけではないでしょう。

できるだけトラブルを避け、子供たちの学校生活がより良いものになるように保護者としてありたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする