夏バテの予防に飲み物が効果的!手軽に水分補給できるドリンクは?

水

夏バテ対策には食事や生活習慣の見直しなどいろいろな方法があります。
また、夏バテ対策をしても夏バテの原因がわかってないとまた同じことの繰り返しになってしまいます。

夏バテの場合、食事の仕方による影響も少なくありません。その中でも水分補給に関してはとても大切な部分です。

そこで今回は、夏バテの予防に飲み物が効果的ですが、そのなかでも簡単に対策できるドリンクや夏バテ対策について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏バテの主な原因

栄養不足・消化機能の低下

食欲不振は夏バテの代表的な症状です。
気温の上昇とともに消化機能が低下してしまい、食事をとっても栄養が効率よく吸収されにくなって食欲不振につながります。

また、吸収されにくくなれば、体に必要な栄養が少なくなり、栄養不足となって夏バテを起こしてしまいます。

冷房の使い過ぎ

真夏になると、建物内はエアコンがガンガン効いていて、外との気温差が激しくなります。

このように、暑さと寒さを繰り返していると体が気温の変化に対応できなくなり、その影響で自律神経が乱れて夏バテが起きてしまいます。

理想としては、室内外の気温差が5度以内に収まることがベストですが、それは難しいことが多いため、上着を1枚羽織るなどして気温差が大きくならないように対策を講ずるべきでしょう。

水分・ミネラル不足

夏になると、気温とともに体温も上昇します。それによって汗をかきますが、その明日の中にはミネラルが多く含まれています。

つまり、汗をかくと言う事は体に必要な水分やミネラルを失う事でもあり、それが脱水症状を引き起こすことになります。

夏バテには必ず原因があります。その原因をしっかり把握することが夏バテ対策の第一歩になるのです。

夏バテに必要不可欠な水分補給の必要性

水分補給に向かないビール

夏バテ対策として食事の内容はとても大切ですが、それに加えて水分補給も重要になります。
しかし、水分補給の仕方を間違ってしまうと夏バテが悪化してしまいかねません。

それでは、夏バテと水分補給にこのような関係があるのかその理由を挙げてみます。

人間の体は3分の2が水分だと言われており、そのバランスが取れていることで健康が維持できています。

ですから、その水分バランスが崩れてしまうと、夏バテばかりでなく、熱中症などの重篤な症状を引き起こしてしまいます。

私たち人間が生活していく中で、およそ2.6リットルもの水分が1日に失われていると言われています。

何もしなくてもその水分が失われていくのですから、その分を補ってあげる必要があります。その水分補給になるのが食事や飲料水です

しかし、飲み物であれば何でも良いと言うわけではありません。

水やスポーツドリンクなどの飲料水なら良いですが、ジュースやビールなどのアルコールでは効果的な水分補給にはなりません。

糖分を過剰に摂取してしまうと、空腹が満たされてしまい、その結果、食事の量が減り、逆に栄養不足に陥ってしまう可能性もあります。

冷たい飲み物に関しても、胃腸への負担となり、それが食欲不振の原因となって、夏バテを引き起こしかねません。

夏バテ対策としての水分補給の3つのポイント

水分補給は、夏バテ対策としてとても有効な方法です。
水分補給には2つの方法があり、1つは食事から、2つ目はは飲料水から摂取することの2つです。

ここでは、飲料水による夏バテ対策のポイントを挙げてみます。

喉が渇いたらガマンしないこと

まず基本として、喉が渇いたら我慢せずにしっかり飲むことです。

喉の渇きは、体内の水分が不足していると言うサインでもあります。
特に朝起きた時や、お風呂から上がった時などは水分が不足しやすい時です。

こうしたタイミングでは必ず水分補給をし、更に喉が渇いたと思ったら我慢せずに水分補給をしっかり行うようにしましょう。

温かい飲み物を飲む

夏はその暑さからか冷たい飲み物を優先的に摂ってしまいます。

しかし、冷たい飲み物は体を内側から冷やし、胃腸に負担をかけることになり、その結果食欲不振を招いてしまいます。

ですから、夏バテ対策としては、少なくともエアコンが効いた室内にいる時くらいは、温かい飲み物を飲むようにしましょう。

糖分を摂り過ぎない

糖分をたくさん摂取してしまうとお腹が満腹になり、その結果食事の量が減って栄養不足になってしまい、夏バテに繋がります。

糖分を多く含む飲み物はジュースやビールなどのアルコール類などがあります。
夏バテ対策、これらの糖分が含まれている飲み物を控えることも大切です。

夏バテ対策としてチョイスしたい飲み物は麦茶

麦茶

夏の飲み物の代表的な存在として「麦茶」があります。
暑い時にゴクゴク飲む麦茶は、なんとも砂漠の中のオアシスにいる気分になります。

そんな麦茶ですが、夏バテ対策としてお勧めできる飲み物であることをご存知ですか?

麦茶は独特の香ばしい香りがしていいですよね。

これは麦茶の原料である大麦の焙煎時に出る香りですが、この香り成分が「アルキルピラジン類」といいます。この成分こそが血流を良くしてくれる効果が期待できるのです。

夏は当然暑いですが、その時に汗と一緒に体に必要な大切な一緒に流れ出てしまうため、血液の流れが悪くなっています。そうすると疲労物質がたまり、疲れやすくなります。

この状態を解消するには水分補給が欠かせませんが、水分なら何でもいいというわけではありません。

ジュースやアルコールは、糖分が多く含まれていたり、利尿作用があったりするため、水分補給にはお勧めできません。

お勧めできるのは麦茶のような血流を良くする飲み物です。

これによって水分補給だけでなく、血流もよくなるので体の疲労が解消されると思います。
また、麦茶は体を冷やしてくれる作用もあり、夏の暑さによって上がりすぎた体温を正常な温度に近づけてくれる働きもあります。

更に麦茶にはカフェインが含まれていないので、赤ちゃんや高齢者、妊婦でも安心して飲めるのも大きな魅力です。

他にも麦茶には、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、亜鉛などのミネラル成分も含んでいるので夏バテ対策としてうってつけなんですよ。

日本人は生活の知恵として昔から夏バテ対策として麦茶を飲んでいたということになるのですね!

一緒に読まれている人気記事
夏バテ対策は食べ物で予防して食欲不振を効果的に解消する方法!

まとめ

夏バテ対策としてスポーツドリンクも水分補給として挙げられますが、スポーツドリンクの場合、糖分が多く含まれている物が多い傾向にあります。

汗によって失われたミネラル分の補給には向いていますが、食欲が減ってしまう糖分が多く含まれ、タンパク質やビタミンの摂取ができる食事のネックとなります。

ですから、夏バテ対策としては糖分を含まず、食事にも影響のない麦茶が最も安心して水分補給できる飲み物なのです。