ひき肉を冷凍した場合の保存期間を知って美味しくいただくコツ!

冷凍したひき肉

ひき肉はハンバーグやそぼろ、トマトソース炒めや中華炒めなど様々な料理に使えて便利ですよね。

必ず家にはひき肉を常備している、というご家庭も多いと思います。

ところで、ひき肉を冷凍した場合はどのくらい持つのかご存知ですか?

今回はひき肉を冷凍した場合の保存期間や、気を付けるポイントについてお話しします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

上手なひき肉の冷凍と解凍の方法

冷凍したひき肉2

ひき肉は、ブロック肉やかたまり肉と比べると劣化は早いのをご存知ですか?

それはかたまり肉と比べて肉が空気に触れる箇所が多いためです。

そのため、お店でひき肉を買うときはできるだけドリップが染み出ていない新鮮なものを選ぶようにし、当日に使わない場合はすぐに冷凍するようにしましょう。

冷凍方法

ポイント①小分けで密封

〈生のひき肉を冷凍する場合〉

ひき肉を買ってきてトレイに入れたまま冷凍するのはNGです。

そのままだと空気に触れる箇所が多く劣化が早く進む点と、使うときにまとめて解凍してしまうことになるので使いにくい、という点があります。

冷凍するときは、使う分を小分けにしてラップに包み、それをジップロックで密封して冷凍します。

また、素手でひき肉を触らないこと、空気にできるだけ触れさせないことにも気を付けましょう。

手には雑菌がたくさん付いているので、生のお肉に触れると繁殖してしまいます。

また、空気に触れると劣化が進むので密封するときはしっかり空気を抜きましょう。

ポイント②急速冷凍

そして、できるだけ冷凍時間を短くすること、もポイントです。

「急速冷凍」というフレーズを聞いたことはありませんか?

冷凍食品コーナーで売られているものが賞味期限が長いのは、急速冷凍されているためです。

少しでも短時間で冷凍させるにはアルミなどの金属トレイに乗せて冷凍するといいです。

金属は熱伝導率が高く、一緒に冷凍することで急速に肉の温度を下げてくれます。

〈加熱処理したor下味をつけたひき肉を冷凍する場合〉
実は、生のひき肉を冷凍するより加熱調理したり下味をつけた状態で冷凍する方が日持ちします。

すぐに調理すると、肉からドリップが出にくく味もおいしいままキープでき使いやすいのでおすすめです。

甘辛に味付け調理しておけば、コロッケに混ぜたり肉じゃがに入れたり、そのまま解凍してそぼろにしたり、と使いやすいでしょう。

加熱調理する時間が無い場合は、生のひき肉に下味だけ付けて冷凍してもOKです。

下味をつけておくと、調味料の塩分が賞味期限を伸ばしてくれます。

使うときも解凍せずにそのまま鍋やフライパンで調理できるので便利ですよ。

解凍方法

冷凍したひき肉を解凍する場合は、冷蔵庫でゆっくり解凍すると一番良い状態を保てます。

電子レンジならすぐに解凍できますが、部分的に熱が入りすぎてしまったりムラができる場合があります。

時間があれば、半日や一晩ほどかけてじっくり冷蔵庫で解凍するのがいいでしょう。

ひき肉の冷凍焼けを防ぐ最も良い方法

冷凍したひき肉3

ひき肉はお肉の中でも最も冷凍焼けを起こしやすいお肉です。

それは冷凍焼けの原因は空気による乾燥が原因で、ひき肉は空気に触れる箇所が多く乾燥しやすいからです。

ひき肉以外のお肉にも言えることですが、冷凍焼けを防ぐにはラップできっちり包みジップロックでしっかり密封するに限ります。

より徹底するには、冷凍庫の奥の方に入れて開け閉めの影響を受けにくい所に入れておくといいでしょう。

ひき肉を冷凍して賞味期限切れした場合の活用法はあるのか?

時間

一度冷凍庫に入れると、安心してそのことを忘れてしまうことってありませんか?

特に冷凍庫の奥の方に入れておくと、気を付けておかないとつい忘れがちです。

ただ、それで賞味期限が切れてしまっても、冷凍保存しておいた場合は1か月ほど保存できる場合もあります。

しかし、冷凍焼けを起こしている可能性があるので、味や色味が気になる場合は濃い味付けで調理するといいでしょう。

そぼろはもちろん、ミートソースやカレーに合わせるとごまかせると思います。

まとめ

回答したひき肉

いかがでしたか?

こうしてみると、ハンバーグを作る場合以外は事前に加熱調理してから冷凍した方が便利かもしれませんね。

ひき肉は濃い味付けにもよく合うので、活用しやすいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!