40代の転職で資格なし!未経験の職種はヤバイ!転職で失敗する人の特徴・理由!

転職のために辞表を手にする男性

40代の転職をお考えでしょうか?

事情は人それぞれあるでしょうが、40代の転職を甘く見てはいけません。
20代や30代と違って40代には、求められるものが違うのです。

そこで今回は、厳しい40代の転職で失敗する人の特徴、理由について解説します。

スポンサーリンク

あなたは転職についてお考えですか?

  • 上司との反りが合わない
  • 家庭の事情でやむなく退職した
  • 職場への不満が蓄積されて転職を決意

理由はいろいろあるでしょうが、40代以上の転職と言うものは一般的に厳しく、一筋縄ではいかないものです。

40代の転職を考える

転職用の履歴書

人生において転職の機会は何度かあると言う方が多いのではないでしょうか。
時代とともに、20代、30代、40代で転職に対する考え方や、企業の雇用状況も変わってきます。

このような背景もあり、40代での転職がどういうものであるかを把握していなければ自分が希望している転職を成功することは難しいでしょう。

40代に求められるもの

業種によって違いはあるでしょうが、40代に求められるものは「マネジメントができるか」ということではないでしょうか。

そうなんです!40代の転職者に最も求められるものはマネジメント能力です。
もちろん、技術力が伴っているのは言うまでもありません。

新入社員と違い、いちいち言わなくても自分の置かれた立場とやるべきことを理解するということです。

しかし、マネジメント能力と言うものは実際に職場の仕事を通して発揮されるものであるので、「私はマネジメント能力に長けています」と言っても何の説得力もないのです。

40代での転職を成功するためには、アピールポイントを考えておくと言うことと、転職を斡旋してくれる企業としての就職が最も現実的でしょう。

自分のスキルを把握する

40代ともなれば、若い世代からリーダーとして期待される業種を狙いましょう。

例えば、30歳という年齢制限があったとしても、あなたの能力が期待されるような人材と認められれば、年齢制限は全く気にする必要はありません。

このように考えてみると、40代での転職を成功するためのポイントがわかってきますよね。

つまり、それは「企業がどのような人材を求めているか」ということを把握しなければならないと言うことです。

若者にしかできないこと、40代にしかできないことというのがあるのです。
そのため、このような人材を求めている企業を探さなければなりません。

40代と30代はどこが違うか

面接を受ける男性

一般的に考えると、30代までであれば技術力やマネージメント能力はまだ伸ばせる余地が残されていると考えられます。

そして40代そして40代ともなると人間としての経験や、技術力やマネージメント能力というものは高いレベルのものを持っていると見られるでしょう。

全体として40代に求めるものは技術力+マネージメント能力であり、30代では技術力+アルファと言えるのではないでしょうか。

40代での転職の手順

40代と30代では転職の状況が異なっているので、それなりの手順を踏まないと自分が希望する転職は厳しいと考えておきましょう。

新聞や転職情報誌

新聞や転職情報誌などで求人を探して直接応募するというやり方があります。
この方法で90している企業の多くは若い戦力を求めている場合が多く、40代の転職者にとっては最初から厳しい状況であることを理解しておくべきでしょう。

この場合、これまで自分が培ってきた技術力を生かせる職場でない限り再就職は難しいでしょう。

転職サイト

この場合も、新聞・雑誌での応募と基本的に変わらないので、転職の成功は難しいでしょう。

人材紹介会社

転職しようとする人の経歴と能力などを個別に判断した後、採用する企業に紹介してくれるというものです。

実際に40代の転職希望者のキャリアを把握することは一応面接だけでは困難であるため、じっくり相談を受けて求人側の希望と自分の希望が一致するように仲介をしてくれる紹介会社は、信頼できる存在と言えるでしょう。

まとめ

40代の転職の狙い目そして外資系の企業考えるのも良いでしょう。
外資系企業というのは、年齢についてあまり考慮しません。

ですから、40代で転職を考えている人にとっては好材料といえるでしょう。

自分の能力についてある程度、自信のある人であれば、外資系企業への転職を考えるべきでしょう。
そのような企業の期待に応えられるのであれば、収入アップということも期待できないわけではありません。

自分に自信を持って転職を成功させましょう。
未経験からの転職ならWORKPORT

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする