ベーコンは冷凍すれば賞味期限は伸びる!?失敗しない上手な冷凍保存方法!

調理中のベーコン

ベーコンはお好きですか?

スープに入れるとコクとうまみが出ておいしくなりますし、アスパラベーコン巻きなどのメイン料理やサラダに入れるなど様々な使い方ができますよね。

少量ずつ買うと高いので、大量に買って冷凍しておく、という方も多いのではないでしょうか?

ベーコンを冷凍するとき、きちんと方法を守らないと劣化を早めてしまうことがあります。

また、解凍方法を誤るとせっかくのベーコンのおいしいうまみが流れ出てパサついたお肉になってしまうこともあります。

今回は「ベーコンは冷凍すれば賞味期限は伸びる!?」の疑問や、ベーコンの冷凍方法と解凍方法について調べてみました。

この機会にぜひ、冷凍方法を見直してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

便利に使えるベーコンの冷凍保存方法!

解凍したベーコン

ベーコンは冷凍保存だと長くて2か月ほどもちます。

それ以上たっても食べられる場合もありますが、乾燥により冷凍焼けして風味や味は落ちます。

また、冷凍庫内であっても菌は死滅したわけではないので、菌が繁殖してしまっている場合もあります。

出してみてニオイやべたつきが無いかどうか、見た目は変色していないかをよくチェックしてみてくださいね。

もしおかしいな、と思ったら賞味期限内であってももったいないですが捨ててしまいましょう。

ベーコンはカットして小分けにして密封して冷凍を!

ベーコンを冷凍するときには、ブロックのまま冷凍すると使いにくいので小分けにします。

使いたい料理をイメージして、スライスやサイコロ状にカットしてラップにくるみ、ジップロックで密封します。

その時もビニール製の手袋などをして、素手で直接ベーコンに触らないようにします。

手には見えない殺菌がたくさん付いているのでベーコンに付くと繁殖しやすくなります。

また、できるだけ空気に触れた瞬間から劣化が始まるので、できるだけ密封容器の空気は抜きましょう。

ベーコンには冷凍できる期限はある?

調理中のベーコン2

ベーコンは未開封の場合、冷蔵保存では10日~3週間ほど保存できます。

しかし、開封してしまうと空気に触れて雑菌が繁殖するので3日以内には食べきった方がいいでしょう。

開けてから3日以内に食べきる予定が無い場合は、それがわかった時点ですぐ冷凍するのをおすすめします。

上手なベーコンの冷凍・解凍術!

ベーコン

ベーコンだけでなくすべての食材を冷凍保存するときに言えることですが、上手に冷凍・解凍するには「急速冷凍&ゆっくり解凍」がキーポイントとなります。

冷凍するときのコツ

冷凍するときはできるだけ平たく、そして金属トレイかアルミホイルに密着させて冷凍庫に入れると急速に冷凍することができます。

また、先ほどもお話ししましたが、ブロックのまま冷凍庫に入れると完全に凍るまで時間がかかります。

その分風味が失われていきますので、カットしてから冷凍した方がいいでしょう。

解凍するときのコツ

ゆっくり解凍することで、肉からドリップという肉汁が出にくく肉のうまみを閉じ込めたまま解凍することができます。

おすすめは冷蔵庫で半日、あるいは一晩ほど時間をかけて解凍する方法です。

ただ、時間がないときやスライスベーコンを数枚でいい、という場合は5分ほど常温で置いておくだけでも解凍できることもあります。

あるいは、密封容器に入れたベーコンを氷水に漬けておくと冷蔵庫で解凍するより早く解凍できます。

あるいは、ブロックでない限り細かく切ったものは、解凍せず凍ったまま調理に使った方が便利ですね。

まとめ

ベーコン2

いかがでしたでしょうか?

ベーコンは焼くだけでも十分おいしく活躍の場が広い食材ですよね。

コストコや業務スーパーなどで大きなブロックベーコンを買ったときは、ぜひカットして冷凍して長く楽しんでください♪