風水で夫婦生活が円満!【寝室 玄関 水回り】を見直して仲良し夫婦!

仲の良い夫婦

結婚して夫婦になると、幸せな生活をずっと維持していきたいと誰もが願っていますよね?

何の努力もなしに夫婦生活を円満に送れている人というのは少ないのではないでしょうか。

当然ですが、結婚する前は別々に暮らしていた赤の他人ですから、結婚生活を送る中でそれぞれの考えや生活のペースが違ってくるのは当然のことでしょう。

このような状態が続くと夫婦仲がギクシャクしたり、会話が減ってくるなどして夫婦関係が不安定になってくる場合もよくあります。

そこで、夫婦関係をよくするために風水を上手に活かして夫婦生活が円満で仲良し夫婦を目指してみませんか!

スポンサーリンク

夫婦の不仲の原因をきちんと考えたことはありますか?

夫婦生活の不仲には原因があり、結婚当初は仲が良かったはずです。

そもそも、脳科学的に言えば男女は違う生き物と言われており、根本的に考え方も違うことが多く、それを理解しておくだけでも夫婦生活が円満に送れるヒントになります。

会話で夫婦生活を円満に!

また、誰でも簡単にできる夫婦円満のコツは「会話の回数を増やす」ことです。

統計によると、離婚する夫婦の多くはこれまでの夫婦の会話が少なくなっていたという例が多いようです。

また、離婚する夫婦は1日の会話の時間が30分〜0といったケースが多いようです。

さらに、円満な夫婦生活を送るには2人の気持ちはもとより、円満になるための環境を整えることも大切です。

毎日の忙しい仕事や家事に追われて過ごしていると「夫婦生活の大切さ」を考える時間も余裕もなくなってきますよね。

自分に余裕がなかったり疲れたりしていると、つい相手に冷たくなったり、ちゃんと相手してあげなかったり、話を聞いてあげなかったりなどのコミュニケーション不足が続くと円満な夫婦
であっても溝ができてしまいます。

夫婦生活を円満にする風水

寝室は別にしないこと

夫婦生活円満にしたいと考えているなら、寝室は分けないでおきましょう。

それぞれ様々な理由があるでしょうが、風水上においては、夫婦が別室で寝る事は良くありません。

パジャマの色や柄

また、風水においては夫婦円満にしてくれるパジャマの柄と言うものがあります。

風水の観点から言うと花柄が良いようです。

風水における考えでは、愛情運がアップすると言うのは白やピンク、花柄などです。

また季節によって模様替えをすると言う方もいると思いますが、季節に合わせて枕カバーや布団カバーを花柄に変えてみるのも良いでしょう。

北に「水」に関するものを置く

帰るの置物風水上、夫婦円満になるには北側に「水」に関連したものが良いとされています。

この観点から見ると、寝室の北側に「お花」や「水」に関するものをおくと良いでしょう。

ですから、寝室に観葉植物を置く事は円満な夫婦生活には良いことだと言われています。

また、風水における考え方では観葉植物などのインテリアは、邪気を吸い取る存在と言われています。

最近、夫婦の関係が気になるという方は、小さい鉢でも良いですから寝室に観葉植物を置いてみましょう。

運気もあげたい場合

さらに、夫婦生活の円満以外に金運を上げたいといいう方もいるでしょう。
その場合は玄関に入って左側に鏡を置くようにします。

また、注意する点として鏡は正面に置くのは避けましょう。
正面におくと運気が反射して逃げ出してしまうと言われているからです。

さらに普段から玄関をきれいにしておくことも、夫婦円満の運気を上げることにつながります。

水回りをキレイにする

キレイなトイレまた、玄関に引き続きトイレもきれいにしておくことも夫婦円満になるポイントです。

水回りを清潔にしておくことは、風水では最も重要視されていることです。

浴室の喚起をまめに行う

風水の観点から、浴室の寒気をこまめに行うことも有効です。

風水でよく言われていることですが、明るくて清潔な翌日は夫婦円満につながるとされています。

なぜなら、風水では浴室には邪気がたまる場所と言われているからです。

そのため、浴室と外の新鮮な空気を入れ替えて悪い気を外へ流すという考えにあります。

つまり、空気が淀んでいると夫婦仲も淀んでしまうため、浴室の換気は大切であるという考えです。

まとめ

夫婦円満にとって最も大切な事は、お互いを思いやる気持ちですが、風水の考えではそのような気持ちを自然に沸き上がらせるような工夫がされているのです。

夫婦生活を楽しく送るためにも、夫婦円満になる風水を取り入れる事はおすすめです。

気軽に風水を取り入れて、いつまでも仲良し夫婦でいましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする