夫と休日を過ごすのがすごく苦痛!その原因は!?

一緒に過ごしたくない夫婦

休日、旦那さんと一緒に過ごしていますか?

お子さんが大きくなってきて、休日家にいることが少なくなると、夫婦二人になることも多いですよね。

若いころは二人でデートに行ったり、一緒に過ごすことがうれしかったはずなのにだんだんと嫌になってくる…

そういう夫婦は案外多いようですね。

それはどうしてなのでしょうか?

また、一緒に過ごすのが嫌な場合はどのように解決できるでしょうか?

今回は、夫婦の関係改善のアドバイス、というよりは、夫と休日を過ごすのがすごく苦痛な方へ!休日をもっと有意義に過ごすためのご提案をいたします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

休日に夫といたくないならどうしたらいいのか考えよう!?

1人の休日

せっかくの貴重な休日ですから、嫌な思いをして過ごすのはもったいないですよね。

そんなときは、無理に夫婦一緒に過ごそうとせずひとりの時間を楽しんでいいんです。

あくまでも、旦那さんには本音を話すよりは、

「私は今日は○○やりに行くから、あなたも好きなことをしてていいよ。夕食までには帰ってくるから」

などとポジティブに言うようにしましょう。

そうして、あなた自身の趣味をしに行ったり、友人に会ったりして充実させればいいんです。

旦那が休みだと疲れるのは何故!?

家にいる旦那さん

そもそも、旦那さんが休みで家にいると疲れるのはどうしてでしょうか?

Google検索で、「旦那」と入力すると、真っ先に検索ワードで出てくるのは「旦那 邪魔」です(笑)

つまり、休日といって仕事は休みでも妻は完全に休みではないんですよね。

食事の準備や家事・育児は24時間、365日しなければいけないのに比べて、家事を妻任せにしている旦那さんは「仕事休み=完全休み」です。

そりゃ妻にとっては、自分が休みなく家事育児をしているのに、家でダラダラされていては邪魔ですしイライラするわけです。

妻も普段働いている場合は、なおさら不公平に感じますよね。

イライラするのって、精神的にけっこう疲労しますからそれが積もり積もると疲労感は半端ないでしょう。

旦那が家にいるとストレス!?なら外出してみよう♪

外出

もともと積極的に家事育児をしてくれる旦那さんなら、そもそも気配りができる方だと思うので、一緒にいるのが苦痛とは感じにくいのではないでしょうか?

でも実際は、そうでない場合が多いですよね。

そんなときは、旦那さんが家事育児をある程度やらなきゃいけない環境に追い込みましょう。

休日の丸一日でなくても、昼過ぎから夕方まで、とかに外出する用事を作って旦那さんに家事をいくらか頼みましょう。

「夕方までに帰るから、掃除機をかけておくこと、洗濯物を取り込むことと、ご飯を炊いておくところまでやっておいて」などと、頼むんです。

それには、妻が趣味や仕事など熱中できるものを見つけておくといいですね。

ただなんとなく日々を過ごしていると、旦那さんのダラダラした姿にも目がついてイライラしがちです。

また、旦那さんに小言をいうことも増えて旦那さんもストレスに感じることも多いかもしれません。

なので、旦那さんを「家事をやらなければならない状況に追い込む」ことが大事です。

大事なことなので、二回言いました(笑)

妻が楽しそうに趣味や仕事にいそしんでいると、旦那さんは自然と自分自身の生活スタイルも見直すきっかけにもなったりします。

ちなみに、旦那さんに家事をさせる、といってもいきなりいろいろなことをさせるのではなくて、少しずつ増やしていくといいです。

例えば、

「今日は洗いものやってくれる?」

「ご飯炊いておいてくれると嬉しいな」

「味噌汁作れる?豆腐とワカメ入れればいいから」などと少しずつ増やしていくと負担にならずにやってくれると思いますよ。

一緒に読まれている人気記事
夫婦二人の休日はなぜ暇なのか?楽しい過ごし方は!?
夫婦の休日は別行動がいいですか?それとも一緒に行動?

まとめ

外出する夫婦

いかがでしたでしょうか?

今回は、「普段家事育児を手伝ってくれない」旦那さんがいる奥様あてにご提案させていただきました。

様々なご夫婦がいるとは思いますが、ちょっと考え方の参考にしていただけたら嬉しいです。