ご存じですか?これからの季節に欠かせない日傘のuvカット率!

日傘

これからの季節徹底したいのが日焼け対策です。

日焼け防止アイテムは多数出回っていますが、その中に日傘があります。

日焼けを気にしている人ほど使用している人が多く、効果ももちろんあるものです。

普段から日焼け対策を徹底することで、1年を通して白く美しい肌を手に入れることも出来ます。

ただ気になるのは、日焼けのUVカット率で、いったいどのくらい日焼け対策に効果のあるものなのでしょうか。

今回は、日傘のuvカット率などについてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日傘をさすことでどれくらいuvカット効果があるかご存じですか?

日傘と女性

日傘はカラーバリエーションも豊富で、幅広い年齢層から人気があります。

そのUVカット率は加工がしっかりとしているものなら99%とかなり高いです。

白い生地のものは太陽光や紫外線を反射させる効果がありますが、紫外線の全てを反射してくれるわけではありません。

いくらかの紫外線は生地をすり抜けてしまう恐れがあります。

また、黒い生地のものは紫外線を吸収してくれますが、その分傘の表面は高温になってしまうのです。

そのため、日傘の色が大切というよりも、その日傘に使用されている素材が大切になってきます。

レース生地の日傘でも、UVカットをしっかりとしている素材を使っていれば問題ないのです。

逆に黒い生地の日傘でも、UVカット加工がしっかりしていない素材だと、お肌をきちんと守ってくれません。

日傘を購入する際には、遮光率99%などのシールや表記のあるものを選ぶようにしましょう。

遮光率の高いものは、日光も紫外線も通さないものなので安心して使用できるかと思います。

日傘でuvカットして夏の紫外線対策を!

UVカットスプレー

日傘をすることで99%もの紫外線を防いでくれるというお話を先ほどしました。

最近では100%日光や紫外線をバリアしてくれる日傘もあるようで、紫外線対策以外に日光アレルギーの人やアンチエイジングを目指している人からも人気です。

紫外線がお肌に与える影響は日焼けだけではありません。

しわやたるみの原因にもなり、お肌の老化スピードを速めてしまいます。

お肌の美白やアンチエイジングを求める人にとって紫外線は大敵なのです。

そのため、UVカット率の高い日傘を使用することで、白く美しいお肌を保つことができます。

また、日傘の内側にシルバーコーティングをされたものがあり、これは照り返し防止の役割があります。

紫外線はアスファルトで10%、砂浜では25%も反射しており、遮光率が高い日傘でも内側にきちんとした加工を施していないと意味がありません。

そんな時に役立つのが、日傘の内側にシルバーのコーティングがしてあるものです。

正しい日傘を使用することで、より大幅にUV対策をすることができます。

古い日傘はuvカットスプレーで表面を加工すればまだ使えます!

日傘を差す女性

日傘は1度購入すればずっと使い続けることができるわけではありません。

どんな物にでも寿命があるように、日傘にも寿命はあります。

UVカット加工の寿命はだいたい2~3年になっているので、定期的に買い替える必要があります。

また、買い替えをしなくてもUVカット効果を復活させることも出来ます。

それは、本来衣服に知使用するためのUVカットスプレーを日傘に吹きかけるという方法です。

このスプレーは、日傘の表面に施してあるものと近いので、日傘の表面に使用することで古くなった日傘の延命治療に役立ちます。

ただし元通りの状態になるわけではないので注意が必要です。

あくまでも延命治療というかたちで使用し、新しい日傘を購入するまでの間使用するという方法が理想です。

まとめ

日傘を差す女性2

いかがだったでしょうか?

今回は、日傘のUVカット率などについてお伝えしました。

最近の日傘は99%ものUVカット率があるものが多く、100%UVカットというものもあります。

UVカット率が高いものはきちんとした加工を施されたもので、日傘の色などが関係してくるものではありません。

そのため、しっかりとUVカット加工の施されているものであれば、好きな色や柄のものを使用できます。

お洒落の幅を広げることができるので、覚えておいて損はないでしょう。

古くなってUVカット効果の落ちてしまった日傘は、衣類に使用するUVカットスプレーで延命できます。

新しいものを購入する間、UVカットスプレーを吹きかけた日傘を使用すると良いかと思います。