肝斑治療!悪化させないためには原因を知って適切なケアを!

肝斑が気になる女性

女性なら肝斑と言う言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

肝斑はシミの一種で、主に顔に現れ、色は淡褐色で、女性に多くみられる症状です。
さらに、女性の中でも30代から40代の女性に多く見られます。

肝斑をただのシミと思って一般的なシミ対策をしている方も少なくありません。

そこで今回は、女性の悩みのシミの一種である肝斑の治療で悪化させないためのケアについて解説してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肝斑とは

肝斑は肌質的に見て外国人より日本人の方ができやすいと言われています。

その理由の1つとして肌が浅黒い人にできやすいと言われているからです。

肝斑が出る部位は主に顔で、額や頬骨、鼻筋や口の周りなどにできやすい傾向にあります。

その時期については、更年期障害が始まったころ、あるいは妊娠中、出産後に出てそのまま消えないものなど、様々な状況があるようです。

妊娠中や出産後のものは、数カ月経つと薄くなって消える場合もあるようですが、長期間消えない場合もあるようです。

肝斑は一般的なシミとは違う

肝斑治療の経過が気になる女性

肝斑と一般的なシミには、違いがるのを知っています?

肝斑の特徴を挙げてみると、シミの境界部分がはっきりしている、または、左右対称に現れているとか、色合いの違いがないといったものです。

一般的なシミと肝斑かの判断は素人では難しいので、専門医による適切な治療を受ける必要があります。

素人判断で誤った治療法をしてしまっては、症状が悪化してしまう危険性もあります。

中には紫外線よって生じたシミと肝斑が混在している場合もありますので、自己判断せずに医師の診断を受けるようにしましょう。

肝斑の原因

肝斑はシミの一種ですが、一般的な紫外線によるシミとは異なり、女性ホルモンが影響を与えている言われています。

また、ストレスによる原因も挙げられており、ストレスが引き金となって肝斑ができ、症状が悪化したりするようです。

肝斑の場合に、日光の下での一般的なシミのように紫外線対策をすれば良い訳ではありません。

肝斑は妊娠や出産、更年期、ストレスと関連していることも分かっており、女性ホルモンの影響をかなり受けていることが分かります。

肝斑の発症年齢は30代から40代に多いのですが、最高でも50代後半辺りまでです。

また、閉経後は次第に色が薄くなるようです。

多くの人が肝斑を一般的なシミだと思い、通常のシミケアしかしていない場合が多いようです。

さらにシミに悩んでいる人を調査してみたところ、全体の30%以上の人が一般的なシミではなく、肝斑だったそうです。

従って、自分で自覚している人以外にも、多くの女性の肝斑ができている可能性があるのです。

ケア方法

肝斑は治りにくく、ますます濃くなる場合が多いです。

したがって、肌の状態を維持し、悪化しないように治療を続ける必要があります。
そのため、肝斑の治療方法としては、やはり専門医に相談することが重要です。

肝斑の治療を実施している病院やクリニックは、シミの種類によって様々な治療方法を導入しています。

肝斑の治療には、一般的にトラネキサム酸やビタミンCの飲み薬を服用したり塗り薬を塗ったりします。

また、治療効果を実感するまでには数か月以上かかる場合が多く、長期戦になります。
個人によっても効果が異なるため、一概には言えませんが、長い期間、治療を続ける覚悟が必要です。

日常のケアは、美白成分入り化粧品を使用すると良いと思います。

洗顔をする際は、肌を強く擦らないように注意してください。
洗い過ぎやこすって肌の角質が傷ついてしまうと、肌の潤い成分が出ていってしまいますから逆効果です。

医療機関で治療する場合

医療機関を受診して、肝斑と診断されると、トラネキサム酸の内服薬を処方されることが一般的なようです。

トラネキサム酸は、色素沈着を抑制する効果があります。
トラネキサム酸を単独で使用しても肝斑に十分な治療効果を発揮できますが、ビタミンCと一緒に使用することにより、治療効果が良くなるようです。

トラネキサム酸は、細胞からメラニンを作り出す役割をしている活性化因子に作用して、皮膚の内側からシミを抑制し、肌質の改善を促進する効果があるようです。

ビタミンCを併用することでシミができにくい肌なり、治療効果が高まります。

また、肌の漂白剤と言われるハイドロキノンという塗り薬と併用して使用することもあります。
内服薬で体の内側から働きかけて、皮膚の表面から塗り薬が作用して治療効果を倍加させる方法です。

また、肝斑ができやすい顔には毛細血管がたくさんあり、肝斑に有効成分を行き渡らせるには内服薬が最も効果的だと言われてます。

自分で治したい場合

肌が気になる女性

主成分がトラネキサム酸の市販薬に「トランシーノ」という薬があります。

医療機関で使用される医薬品には、トラネキサム酸が入っているものがいくつかありますが、一般的な医薬品として薬局で販売されている内服薬は、この「トランシーノ」だけと言われています。

トランシーノは、肝斑の改善効果があるとし、日本で初めて認められた内服薬です。

トランシーノは2カ月間服用します。
なぜなら、臨床試験で2か月で十分な治療効果が得られると証明されているからです。

あくまでも症状を改善する薬剤であるため、肝斑は薄くなりますが、肌質や体質そのものを変えたわけではないので、その後も何かの影響よって肝斑が現れる可能性はあります。

そして、2カ月飲んだ後に、服用を一旦停止してください。2カ月以上継続服用するのはよくありません

肝斑が気になるようでしたら、間を2カ月以上開けて飲み始めるようにしてください。

また、最近ではトラネキサム酸配合の化粧品も発売されているようです。
内服と併用すればより効果が期待できるでしょう。

一緒に読まれている人気記事
顔のシミの原因と種類を知って効果的な対策法を!

まとめ

一般的なシミの治療法としてレーザー治療を用いることがあります。

しかし、肝斑には通常、レーザー治療は行いません。

日光によるシミや老化によるシミの場合には、レーザー治療の効果が期待できますが、肝斑の場合、症状を悪化させる恐れがあるためです。

そのため、通常シミのレーザーは、肝斑には使用しないことになっていました。

しかし、最新では、肝斑にも効果がある特殊なレーザーが出てきているようです。

もしも、飲み薬による治療効果が感じられない場合は、このような特別なレザー治療を行っている医療機関に相談してみるのもよいでしょう。