東京で女性の一人暮らしにおすすめ!治安の良い地域で安心して生活する方法!

新生活のイメージ

専門学校や大学への進学、さらに転勤や新社会人となって東京で一人暮らしを始めようとしている人は多いかと思います。

新しい友人や職場の仲間との出会いもあり、希望に胸を膨らませていることでしょう。

しかし、女性の一人暮らしとなると治安などの不安要素があるのも事実です。

ここでは、東京で女性の一人暮らしするための治安の良い地域で安心して生活する方法や、必要最低限は知っておきたいポイントについて見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしを始めるまでにどの位の費用が掛かるか不安ですよね!

引っ越しの出費を心配する女性

  • アパートを借りるのにどのくらいの費用が掛かるの?
  • 女性のひとり暮らしに治安の良い場所ってどこ?
  • 東京での一人暮らしはどのくらいの生活費が必要?

などなど、女性が一人暮らしを始めるにあたって不安な事は山ほどあって悩みは尽きないですよね!

一人暮らしを始めるまでにかかる費用

引っ越しに掛かる費用

一人暮らしを始めると実家暮らしよりかなり自由度が増えます。
さらに、金銭感覚が身につき、自炊をする方は料理が上手くなるなどのメリットがあります。

それでは、実際に一人暮らしするまでの費用は一体どれ位掛かるものなのでしょうか!

一人暮らしを始めるまでにかかる三大出費

部屋を借りる費用

不動産屋さんなどで部屋を借りる時に掛かる費用を初期費用として、契約時に完全に支払わなければなりません。

家賃に応じて異なりますが、東京では、概ね家賃の5カ月~6カ月分程度が相場です。
基本的に一括払いですが、なかにはカード分割払いが可能な不動産屋さんもあります。

引っ越し費用

引っ越しの様子荷物が多ければ多いほど、引っ越しに掛かる費用が高くなります。
引越しのタイミングで不要なものを処分することで、引越し費用を抑えられます。

余程、持っていきたいものを除いては、家具や家電は引越し先で買い揃えるのがおすすめです。

段ボールで数箱程度に収まる荷物であれば、宅配便やレンタカーを借りたとしても10,000円以内で収まります。実家に車があって、家族が手伝ってくれれば、お金を掛けずにできるかもしれません。

生活必需品の購入費用

ベッドやテーブルなどの家具は、特にこだわりがなければ30,000円程度ですべて揃えられます。

実家から持っていったり、友人から譲り受けるのもいいかもしれませんが、運搬のことを考えると、新た買ってしまった方が費用を抑えられます。

家電類については、最低限必要なものを揃えた場合、最低10万円程度は必要になります。

但し、自炊をしない方は小型の冷蔵庫で済みますし、テレビを見ない方はその分コストを抑えられますので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶようにします。

賃貸物件の初期費用を抑えるには!

不動産屋さんで部屋を借りるのに掛かる初期費用は結構掛かるものです。
特に東京で部屋を探そうと思うと家賃は高めです

不動産屋さんで部屋を借りる場合にかかる費用を初期費用といい、東京の場合、1カ月の家賃の5~6カ月分掛かります。

初期費用を安くしたい場合のポイントは、敷金と礼金が0円の物件から選ぶことです。

大家さんにとって空室があるのはデメリットでしかありませんから、礼金を0円にして空室が埋まったほうが良いので、礼金を安くする交渉はし易いでしょう。

今、敷金の場合は礼金と違って保証金にも関係してくるので敷金を安くする交渉は難しいでしょう。

ただ、敷金、礼金ともに0円といった物件は少ないためあまりこだわりすぎると選択肢が少なくなってしまいます。

他に初期費用を抑える方法として、フリーレント物件を探すことです。

「フリーレント1カ月」と言う表記がある場合、最初の1カ月は家賃が0円になるということです。そうすれば前家賃を払う必要がなくなりますから初期費用が抑えられますね。

さらに、月の途中から入居する場合、賃料を後ろ倒しにして日割りの家賃を減らせないか交渉してみるのも良いでしょう。

あまり大きな金額ではない為、交渉しやすいですよ。

そして日割り家賃の交渉をしてみることです。

女性のための賃貸物件の選び方

女性が一人暮らしをする際に選ぶ賃貸物件で気をつけなければならないことがあります。

それは昔ルティーの面です。今更ではありますが東京では、カメラ付きのインターホンやオートロックは必須条件です。

さらに、同じ敷地内に大家さんが住んでいれば困ったことがあってもすぐに相談出来るので助かります。

立地については、駅から徒歩で10分以内が理想的です。
さらに実際に住んだときのことを考えて駅は自宅周辺の様子などをチェックしながら歳で歩いてみることをおすすめします。

また、光熱費についてなんですが、ガスはプロパンガスよりも都市ガスの方が安く、料金が2倍も違ってくるんですよ。

さらに、IHにこだわる場合でも、キッチンはIHでも湯沸かし器はガスが使われている物件もあるので注意しましょう。

最近は減ってきていますが、洗濯機は室内にある方が良いでしょう。
古い物件の場合、洗濯機が外に設置してあり、寒い時期にベランダで洗濯するのは辛いですからね。

また、女性の一人暮らしだと何かと物騒なので、一人暮らしということを察知されないためにも、下着は室内に干すことをすすめます。

女性限定の賃貸物件

東京で一人暮らしを始めるにあたって、女性専用のマンションやアパートもおすすめです。

まず、女性専用のアパートやマンションの最大のメリットはセキュリティー面で万全の物件が多いことが挙げられます。

セキュリティー設備の充実はもちろんのこと、管理人や大家さんが常駐している物件も多く、安心して暮らせます。

もちろん、女性専用マンションやアパートにもデメリットはあります。

女性専用の物件ということが知れ渡っている物件の場合、セキュリティーがしっかりしていないと逆に危険です。

また、女性限定といっても住居者の彼氏や男友達が出入りできるような物件もあったり、逆に男性が一切出入り禁止の物件もあります。

いずれにしても女性専用の物件で男性を招く時は周囲に気を使わなければいけないと言うことです。

そして、設備やセキュリティー面が充実していると言うこともあり一般的な物件に比べて家賃は割高になります。

一人暮らしに安心な治安のよい地域

東京で女性が1人暮らしを考える場合、誰もが第一に優先したいのが治安が良いと言うことです。

特に初めての一人暮らしの場合は何かと不安が多いものです。

また、治安を考える場合、犯罪の発生件数だけを見るのは間違いです。

なぜなら、犯罪の発生件数と言うのは人口と比例していて、人口が多いほど犯罪件数も増え、逆に人口が少ないとその逆になります。

ですから、犯罪件数だけで判断すると「人口の多い街」=「治安の悪い街」と言う偏った見方になってしまいます。

治安の良し悪しを判断する方法

その方法は、巡航子に対しての犯罪の発生数、つまり犯罪発生率を比較してみることです。

この犯罪発生率の観点から比較した地域を3つ紹介します。

第1位:中央区

銀座や築地など、多くの人が集まる地域で、労働人口も多く犯罪発生率はかなり低くなっています。

第2位:文京区

治安が良い理由として考えられるのは、歓楽街がなく、学校が多い上に交番の数が多いことにあります。

第3位:大手町

サラリーマンなどが集まるビジネス街も多く、国会議事堂などもあって日本の中枢とも言える地域です。

このように見てみると、治安の良し悪しは安新そばこのように見てみると、治安の良し悪しは家賃の相場に比例していると考えられます。

それに加えて、交番等の数や地域住民などのパトロールなど、地域ぐるみでの治安への取り組みが影響しています。

女性の一人暮らしにはから夏不安がつきまといます。ですから少しでも安全な地域を選んで賃貸物件を選びましょう。

女性の一人暮らしで気を付けるべきこと!

女性の下着は部屋干しが安全東京での女性の一人暮らしには危険がいっぱい潜んでいます。

それでは、犯罪から自分を守るためにもいくつか大切な点を挙げてみます。

マンションのオートロックのエントランスでも油断はできません。

居住者がオートロックを開けた隙を狙って不審者がマンションに侵入することもあります。

ですから、家のドアを開ける際にも周りを十分に確認してから開けるようにしましょう。

そして開ける際にもわざとブザーを鳴らしてから鍵を開けるようにしたり、誰かが中に入るかもしれないと言うことをアピールします。

部屋にいる場合でも、ドアチェーンは空が頭かけておき、窓の鍵もしっかり閉めておきましょう。

また、自作自演の演技として、週に何度かは電気をつけたままにして外出したり、帰宅する2~3時間前からタイマーなどを使って部屋の電気がつくようにしておきましょう。

また、訪問者がある場合にも、ドアはすぐに開けてはいけません。相手の身分を確認するまではドアチェーンは外さないようにします。

またエレベータを乗る際にも、知らない男性と2人で乗るのは避けましょう。

ちょっと大げさに思えるかもしれませんが、犯罪予防するためには念には念を入れておくべきなのです。

東京での一人暮らしに掛かっている生活費用(学生の場合)

東京で一人暮らしする学生の場合、家賃は50,000円~60,000円の部屋に住む方が多いようです。

都心に近ければ近いほど家賃は高くなります
家賃を抑えるために都心から離れた地域を選びたくなるかもしれませんが、女性の場合、家賃の安さだけにこだわるのは避けましょう。

学生生活における実態調査アンケートによれば、食費の平均は20,000円~30,000円程度だそうです。

この場合、いちにちあたり数百円から1,000円程度なので自炊をしている人が多いようです。

光熱費は、電気ガス水道全てを合わせて1年平均で月10,000円程度だそうです。

通信費は、携帯やスマホ以外にもパソコンを持っている人も多く、インターネットの接続料金もかかります。

携帯電話代とインターネット代金を合わせると約10,000円前後かかっているようです。

また友人との交際や、洋服や趣味などの主要は20,000円程度のようです。

実家暮らしでは考えられなかったティッシュペーパーやトイレットペーパー等の消耗品代は月に3,000円程度かかっているようです。

これらを合計すると一月の生活費は120,000円程度になります。

自炊を増やしたり、エアコンの温度を上手に調節すればもう少し節約できるかもしれません。

東京での一人暮らしに掛かっている生活費用(社会人の場合)

今後の生活費を考える女性東京で一人暮らしする社会人の生活費を見てみると、家賃の平均は70,000円前後です。

家賃の平均は70,000万円前後になるようです。

食費のデータについては月平均で28,000円になっていますが、自炊をしていないと現実的には厳しい数字です。

社会人ともなると、飲み会等の付き合いや外食も増えるので、実質的には一人暮らしの平均は50,000円位になると考えられます。

また、携帯電話やインターネットなどの通信日は10,000円程度に収まっているようです。

さらに光熱費についても10,000円程度が平均のようです。

友人との交際費や趣味などに使われる費用は、男女間の差はあるでしょうがおおよそ40,000円程度になります。

そして消耗品費が3,000円程度になります。

これらの費用を全部合わせると183,000円程度になり、20代の平均収入はおよそ月に20万円前後なので、親への仕送りなども考えた場合、結構ギリギリな数字になってしまいます。

一緒に読まれている人気記事
食費を節約する方法♪簡単にできる事から始めるのがコツ!
一人暮らしに必要なものリストは作らず必要に応じて必需品だけ揃える!

まとめ

「東京で女性の一人暮らしを安心して始める方法」ということに重点をおいてざっくりですがまとめてみました。

他にも必要な事項はあるかと思いますが、ここで紹介した項目を押さえて賃貸物件を探して頂ければ大きな失敗を犯すことはないでしょう。

多少、コストが掛かるにしても、女性の一人暮らしの場合は安全を第一に考えて物件探しを行いましょう。
万が一の事が起こってからでは遅いですからね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする