熱中症対策に効果的なグッズ!クールタオルは水で濡らして絞れば即冷却!

熱中症対策にクールタオル

最近は様々な種類の熱中症対策グッズが発売されています。

自分だけは熱中症にならないと、自信過剰でいると熱中症を引き起こしてしまう事になりますので、暑い夏には特に熱中症対策をお勧めします。

熱中症対策で最も大切なのは水分とミネラルの補給ですが、その他、熱中症対策グッズの中でもクールタオルはお勧めです。
水さえあれば効果を発揮するので手軽に熱中症対策が行えます。

今回は熱中症対策に効果的なグッズ、クールタオルに注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

熱中症になる原因とは

熱中症気味の男性

熱中症になってしまう原因はいくつかあります。
主な原因として人間の身体に備わっている体温調節機能にあります。

人間の体は、体温が高くなったり外気の湿度が高くなったりすると、それに応じて汗をかいて皮膚から熱を放出して体温を調節しようとします。

しかし、それは気温が体温よりも低い場合に働きやすい機能で、真夏のように気温が体温を上回ってしまう情況では、体外に身体の熱を放出しにくくなります。

さらに、そこに湿度が入ると体温調節機能が狂ってしまい、正常な働きが行われないと、熱中症になってしまうのです。
体の外に熱を放出できないので体の中に熱がこもってしまい、体温が上がってしまうのです。

熱中症になると一刻も早く病院で診てもらう必要がありますが、軽度の場合だと自分で対策する必要があります。
熱を下げやすい首にクールタオルを巻くのも効果的です。熱中症は家の外、家の中のどちらでも起きますので辛い暑さを感じる前に熱中症対策をするようにしましょう。

熱中症になる前に身体を冷やそう

とにかく「身体を冷やす」事が暑さ対策には必須です。
よく、冷たいジュースの缶を使って身体を冷やしている人を見かけますよね。最近は様々な熱中症対策グッズも出ています。

一番効果的に体を冷やせるのは、太い血管が流れている場所が良いと言われています。
身体の表面に太い血管がある所を探してみましょう。ここを冷やす事で血液が冷やされ、冷やされた血液が体中を回る事になり、体全体が冷やされるという仕組みです。

よく知られているのは首ですが、他にも足の付け根部分、脇の下等があります。

熱中症対策にクールタオルが便利です

クールタオル

「クールタオル」をご存知ですか?
「クールタオル」という熱中症対策に抜群の効果を発揮するグッズがあります。

クールタオルには色んなタイプの物があり、冷蔵庫で冷やして使うタイプ、水にタオルを濡らすだけで冷たさを感じる事ができるもの等、簡単に使えるものばかりです。

水に濡らして使うタイプの「クールタオル」は濡らして絞るだけで簡単に使えます。首元等、熱を感じやすい部分に当てるだけでひんやり冷たい感触を味わえます。

また、クールタオルは普通のタオルと違う素材で作らており、濡れているのに表面は乾いている感じで不思議な感触があります。また、吸水性も抜群で汗をよく吸い取ってくれます。

さらにとても軽いので、スポーツをしていても邪魔にならないという特徴があります。

また、冷蔵庫に入れるタイプですと、持ち出してから直ぐに使わなくてはいけませんが、水に濡らして使うタイプの物であれば、いつでも水があればどこでも使えます。

夏には必需品といっても良いグッズです。「クールタオル」は特別な素材を使っていて吸水性が普通の繊維と違い、数十倍もあるといわれています。

そして、その水が蒸発する際に気化熱が発生し、それを利用して冷たいという感触が得られるのです。
さらにタオルという性質上、肌に接触する表面積が大きいですので使い勝手も良いですよ。

クールタオルの使い方

「クールタオル」は耳にしたことはあるけど使ってみたことがないという方も多いと思います。
そこでクールタオルの使い方を簡単にご紹介してみたいと思います。

「クールタオル」の使い方はとてもシンプルです。
「水で濡らして軽く絞る」たったこれだけで使えるようになります。

簡単ですよね!!

首に巻いたり、頭に巻いたり、腕に巻いたり、暑いと感じる所に付けてみたり使い方は様々です。通常のタオルと比較して冷たさを感じますし、持続時間も長いです。冷たさが落ちてきたと感じたら、水に濡らすと冷たさが復活します。

また、ちょっと贅沢な使い方をしてみるとしたら、アロマを使ってみるというのはどうでしょうか。

使い方として、水をボールや洗面器に張ります。お好きな精油を用意します。
お勧めは清涼感が感じられるペパーミントとかレモンが良いでしょう。

それを数滴垂らします。2~3滴程で大丈夫です。
その中にクールタオルを入れて絞るだけで完成です。

これによって冷たさを感じる事ができますし、鼻からも香りが感じられてリラックスした気分も味わえます。

また、日焼けして火照った体にもクールタオルは最適ですし、勉強がはかどらなくてイライラしている時のクールダウンにもいいですよ。

但し精油の入れ過ぎには注意しましょう、柑橘系のオイルは光毒性と言って光に当たるとシミなる可能性もあるので使用時間を注意しましょう。

まとめ

体を冷やす為の道具は色々あるのですが、クールタオルは濡らすだけで良いので簡単に使えます。
電気なども使わずに水でただ濡らすだけで直ぐに使えるので、とても便利な熱中症対策グッズです。

クールタオルの使用目的は熱中症ばかりではありません。
家族でのドライブやキャンプなど、クールタオルが活躍するシーンは様々です。

アウドドア以外にも、お子さんの急な発熱にも水で濡らすだけですぐに対応できます。

ということで、あなたなりのクールタオルの便利な使い方を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする