妊娠中の便秘!すぐ出したい妊婦さんの解消方法としてオリゴ糖が効果的にスッキリさせます♪

妊婦さん

毎日キチンとお通じがある場合は問題無いですが、妊娠中の便秘や下痢に悩ませれているママさん達がたくさんいるのが現実です。妊娠中の場合には、便秘や下痢だからといって、簡単に薬を服用するわけにもいきません。

薬そんな妊娠中のママさん達を助けてくれるのがオリゴ糖です。

オリゴ糖いくつかの糖が結合したもので、天然成分で作られています。
オリゴ糖の「オリゴ」には「少ない」という意味があり、少糖類とも呼ばれます。
その為、妊娠初期の段階からも摂ることができ、お腹の赤ちゃんに影響を与えることなく、安心して摂ることができます。

オリゴ糖の作用により腸内環境が改善し、便秘や下痢を解消し、同時に免疫力も向上します!
簡単に薬に頼ることができない妊娠中のママさんの強い味方として、今、オリゴ糖は注目されています。

ここでは、オリゴ糖とは何か?良いオリゴ糖の選び方、妊婦さんの便秘の解消方法はオリゴ糖が安全でよい理由、オリゴ糖のデメリット、メリットなど、便秘や下痢に悩む妊娠中のママさんに役立つ情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

オリゴ糖とは?

オリゴ糖とは、複数の糖が結合した糖類の一種です。
糖類なので砂糖のような甘いですが、砂糖のような甘さはありません。

さらにカロリーも少ないので、砂糖の代わりにコーヒーや紅茶のどに用いられるようになり、「オリゴ糖はダイエットに効果的」と言われるようになりました。

そんなこともあって以前は、ダイエット中の砂糖の代替甘味料としてオリゴ糖を摂っている方が多かったのではないでしょうか。

また、オリゴ糖と言っても種類がいくつかあり、それぞれの特性を持っており、その効果にも違いがあります。

腸内環境を整える効果

乳酸菌と言えば善玉菌の「ビフィズス菌」が有名ですが、オリゴ糖にはその善玉菌を増やす効果があり、腸内環境を整える事が知られています。

オリゴ糖が口から摂取されたとき、胃、小腸を通過して大腸まで届きます。
オリゴ糖は体内で消化される際、胃で1.5%、小腸では5%程度しか分解されずに大腸まで到達します。

オリゴ糖はビフィズス菌をはじめとする乳酸菌などの善玉菌のエサとなって善玉菌を増やす役割を果たしています。

オリゴ糖毎日摂取すると、数日~数週間で腸内の善玉菌が急激に増加するという実験結果も報告されています。

腸内フローラとは?

善玉菌と腸人の腸内には様々な細菌が増殖を続けています。
その種類も数百種類以上、数にして約100兆個に達します。

その細菌が腸内でグループごとにブロックを作っており、複雑な生態系を構築しています。
その姿が花畑(flora)に見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

その「腸内フローラ」の状態は、年齢や生活習慣、ストレスなどによっても大きく変化し、一人ひとり異なりますが、一般的に善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の比率が理想的だと言われています。

健康的な人の腸内には悪玉菌が悪玉菌の作用を抑制し、バランスを保っています。
しかし、生活習慣をはじめとした食生活の悪化やストレスなどの悪影響があると悪玉菌が優勢の腸内環境になってしまいます。

そうなると健康に有害な物質が体外に排出されずに増加して身体に悪影響を与えます。最悪の場合には、がんを発生させることにもなります。

ですから、「腸内フローラ」の状態は、人間の体内の全てに影響を及ぼします。
つまり、腸は健康を維持するために重要な臓器であり、人間の一生に最も強い影響を及す大切な器官なのです。

ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂る方法と違うの?

ヨーグルトヨーグルトを食べて、直接乳酸菌などのビフィズス菌を摂取する方法もありますが、この方法だと乳酸菌が胃で消化されて、すべてが腸まで達することができないことや、たとえ腸に届いたとしても腸内環境に適応できない場合もあり、効率的に腸内に定着してくれない場合もあるのです。

しかし、腸までスムーズに到達してくれるオリゴ糖なら、すでに腸内環境に適応している乳酸菌などの善玉菌のエサになって効率的に善玉菌を増やすことができます。

これらの違いにより、乳酸菌を直接摂取するよりも、オリゴ糖を摂って、元々いる乳酸菌を増やす方が圧倒的に善玉菌が増え、効率よく腸内環境を良くしてくれます。

オリゴ糖のデメリット

オリゴ糖は医薬品ではありません。その為、健康を害する副作用は特にありません。しいて言うなら飲み始めの時に善玉菌が一時的に増えてしまい、お腹がゆるくなってしまうこともあります。また、摂り過ぎた場合もゆるくなる場合があります。

そういった場合は自分に合った適量を摂ることで正常な状態に戻ってくれます。
オリゴ糖はたくさん摂ればそれだけ効果が早まったり効果がよくでるといった事にはならないので、適切な量を守っていれば心配することは特にありません。

オリゴ糖のメリット

便秘解消!
オリゴ糖によって善玉菌が活性化され、腸内環境がよくなるので、便秘の解消はもちろん、ダイエットや美肌効果も得ることができます!
虫歯になりにくい!
オリゴ糖は、虫歯菌のエサにならない為、つわりがひどく歯磨きがきちんとできない妊婦さんや、虫歯対策のお子様でも安心して飲むことができます!
妊娠高血圧症対策!
妊娠中は体重コントロールが必要です。その為のカロリーコントロールとして砂糖の代わりにオリゴ糖が重宝します!
赤ちゃんにも良い!
赤ちゃんは母親の腸内細菌を受け継ぐ為、生まれてくる赤ちゃんの為にも良い腸内環境が作れる!

妊娠中のママさんにはオリゴ糖がおすすめ

お腹の赤ちゃんにも安心して飲める

オリゴ糖は、医薬品ではありません。ですから、お腹の中の赤ちゃんにも安全で悪影響が無く、妊婦さんでも安心して飲むことができます。

妊娠中は大切な時期であるため、薬に頼らずに過ごしたいものです。 そんな妊娠中の大切な時期でもママさんとお腹の中の赤ちゃんに優しいオリゴ糖は本当に神様からのプレゼントのようです。

効果は身体の内側から出てきます

オリゴ糖を続けていると、善玉菌などの乳酸菌が腸内に増え、腸内環境がキレイになります。そして、乳酸菌が生成する乳酸や酢酸などの有機酸により悪玉菌の増殖が抑制され、生理機能が改善し、肌トラブルに悩む方にも嬉しい効果があります。

風邪やウィルス疾患対策に!

乳酸菌は、葉酸などのビタミンB群を増加させる作用や栄養素の吸収を良くする作用をもたらします。加えて、免疫力が向上するため、インフルエンザウイルスやノロウイルスなどに対する防御作用もあるので、細菌やウイルス性疾患の予防に効果を発揮します。

比較的に効果が早い

さすがに下痢などの医薬品に比べれば、効果はゆったりですが、早い人なら2〜3日、遅い人でも2〜3週間の間には効果が現れてきます。下剤のように急に効果が出てくることがないので、妊娠中のママさんにも安心です。

妊娠中のママさんにやさしいオリゴ糖

低カロリーで体重管理がしやすい

妊娠高血圧症(妊娠中毒症)の予防のためにも妊婦さんの体重管理は重要です。オリゴ糖なら砂糖2分の1から4分の1のカロリーですから、安心して摂取できます。

必要な栄養素が補える

乳酸菌には、妊娠中のママさんにとって必要な栄養素である葉酸とビタミンB群を生成する機能と、ミネラルの吸収を促進する作用があり、カルシウムなどのミネラルが吸収がよくなるので、妊娠中のママさんに不足しがちなカルシウムを補うことができます。

生まれた赤ちゃんにも安心して使える

オリゴ糖は赤ちゃんのミルクに溶かして与えられるので固めの便の赤ちゃんにも便秘予防になっていいんですよ。
生まれた赤ちゃんでも便秘になることがあります。ひどい時は小児科にかかりますが、浣腸される場合もあります。そんな時は看護師さん数名に押さえられてされますが、とても可愛そうで見ているのが辛いです。
そんなひどくなる前にオリゴ糖を与えていれば可哀想な赤ちゃんを見ずにすみますよね。

オリゴ糖なら何でもよいという訳ではない!

これまでオリゴ糖の有用性について話してきましたが、善玉菌や腸内環境を良くする為のオリゴ糖なら何でもよいという訳ではないんです。

ドラッグストアやスーパーなどで売られているオリゴ糖はほとんどの場合、一種類のみの場合がほとんどです。それも原料が安価なイソマルトオリゴ糖というオリゴ糖が大半を占めています。

イソマルトオリゴ糖はオリゴ糖の中でも唯一消化性があり、胃で消化されてしまうんです。
ということは乳酸菌のいる腸まで届いてくれないので、腸内環境の改善には効果があまり期待できません。

近所のお店で安価に購入できるメリットはありがたいんですが効果が期待できなければ本末転倒ですよね。

おすすめのオリゴ糖

腸内細菌はビフィズス菌だけ見ても30種類以上存在し、それぞれの菌を活性化させるためのオリゴ糖の種類も違うんです。

冒頭にも述べたように、オリゴ糖にはいくつかの種類があり、それぞれ特色と効果に違いがあります。市販されているオリゴ糖一種類だけでは、すべてのビフィズス菌を活性化することはできません。

30種類以上のビフィズス菌を活性化させるためには、何種類ものオリゴ糖が必要になります。市販のオリゴ糖を何種類も買い揃えて摂取することは現実的ではありません。

では、どうすれば効率よくオリゴ糖が摂取できるのでしょう?

この問題を解決するには最初から何種類ものオリゴ糖が入っているものを摂ればいいんです。

そんな都合の良いオリゴ糖なんてあるの?
それがあるんです!

「カイテキオリゴ」という製品で、という製品で、腸内にいるビフィズス菌の種類と、それぞれどのような種類のオリゴ糖を好むかどうかを徹底的に研究して腸内の乳酸菌を効率的に活性化させることに成功したオリゴ糖です。

特許出願中の独自のEOS理論を使用して、30種類以上のビフィズス菌をまんべんなくサポートして腸内フローラを良くして腸内環境を改善できるのは、「カイテキオリゴ」だけです。

妊婦さんにも安心!
自然にスッキリできる「カイテキオリゴ」公式サイト


スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする